現役獣医師による2017年シルクHC募集馬評価 ①脚向

大好評を頂いている「現役獣医師による募集馬評価シリーズ」。今回はシルクHC編をお届けする。評価は①脚向、②トップライン、③後躯、④歩様の4項目で、これらを総合的に評価した、⑤総合評価の5回に渡るシリーズとなる。まず今回は①脚向編をお届けする。

脚向:
肩から地面に垂直におろした線に対してのズレ、歪みを前方、側方から評価しています。
その大きさは、故障のリスクを示します。
繁殖として供用した際にはその遺伝子が産駒に伝わる可能性が高まります。
(もちろんトニービンの産駒や欧州3歳牝馬チャンピオンに輝いたAttractionのように例外はありますが、リスクが上昇します。)

※以下の評価リストは出資馬選択にお悩みの方々に判断材料の一つを提供することで、出資馬選択の一助になれば、という当サイトの考えに賛同頂いた、某有力牧場に勤める現役獣医師(騎乗・調教経験有)に募集馬のDVDを見てもらい、客観的評価を依頼したものです。事情により、獣医師の実名は伏せさせて頂きますが、有意義な材料になっているものと自負しております。

※尚、注意点として、あくまでもDVD映像のみで判断しており、実馬をみて判断が変わる可能性があることをご理解の上、ご自身の評価と照らし合わせながらご覧頂きたい。尚、購入・出資は自己責任でお願いいたします。

(優)
該当なし

(良)
1   シルキーラグーンの16
23   ムスタパルタの16
27   レアクラシックの16
38   ヒッピーの16
45   ラッドルチェンドの16
63   スカイクレイバーの16

※今回のシルクHC編に続き、キャロットクラブ編も来月、お届けする予定です。ご期待下さい。