第240回英オークス(G1)、コロネーションC結果速報

現地時間6/1にエプソム競馬場にて行われたばかりの英オークス(G1)、Cracksmanが出走していた注目のコロネーションC(G1)のレース結果、レース動画をお届けする。

スポンサーリンク

英オークス・レース結果

1着:Forever Together(フォーエヴァートゥゲザー)
父・Galileo、母・Green Room、母父・Theatrical

・これまで2歳時に4着→3着。前走5/9のチェシャーオークス(Listed)で2着、と未勝利だった馬で、初勝利が英オークスの快挙達成。エイダンオブライエン調教師は英オークス7勝目(Shahtoush、Imagine、Alexandrova、Was、Qualify、Minding、Forever Together)。
・Galileo産駒の英オークス制覇は2012年のWas、2016年のMindingに次ぐ3勝目。昨年のEnableや2013年のTalentはGalileoの孫、2015年のQualifyはBMSがGalileo、と近年のGalileo産駒の影響力の大きさを凄まじい結果が示している。
・半兄Lord Shanakill、全姉Together ForeverはいずれもG1馬。


※関連記事:注目の海外父系① Galileo(ガリレオ)

注目の海外父系① Galileo(ガリレオ)
この稿では、直近の海外GⅠ競走勝馬がどの父系から出ているかを分析し、今後の世界的な父系発展の展望の一助とすべく、考察を進めていく。 2017年も断トツの存在感を示したのは大種牡馬 Galileo(ガリレオ)。さらに、同年には直仔NathanielがEnable(凱旋門賞などGⅠを5勝)を、FrankelがチャンピオンS勝ちのCracksmanを、Teofiloが仏ロマネ賞勝ちのAjman Princessを出すなど、父系の発展という意味でも密度の濃い一年だったと言えよう。

2着:Wild Illusion

父・Dubawi、母・Rumh、母父・Monsun

・昨秋の仏G1マルセルブサック賞の勝ち馬。ゴドルフィンの馬で牝系はRobertico(独ダービー)、Electrocutionist(ドバイワールドCなど)らと同じ。

3着:Bye Bye Baby
父・Galileo、母・Remember When、母父・Danehill Dancer

・エイダンオブライエン調教師の管理馬。母の半兄にDylan Thomas(凱旋門賞、愛チャンピオンS、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、愛ダービーなど)、母の半妹にHomecoming Queen(英1000ギニーなど)がいる良血馬。

英オークス・直線動画

・大外から伸びた青い帽子が勝ったForever Togetherで2着馬との着差は4馬身半差の圧勝。動画を見ると天気は極めて良さそうで、明日の英ダービーもこのまま良好な天候のもとで行われることを願いたい。ちなみに馬場状態はGoodではなくSoft。

https://twitter.com/EpsomRacecourse/status/1002578124834394112

コロネーションC・レース結果

1着:Cracksman(クラックスマン)
父・Frankel 、母・Rhadegunda、母父・Pivotal

・直線はかなり苦しんだがこれで5連勝達成。通算戦績を9戦7勝、2着1回、3着1回としている。G1タイトルは昨秋の英チャンピオンS、今春のガネー賞に続く3つ目。次走はロイヤルアスコット開催の6/20・プリンスオブウェールズS、7/7のエクリプスSあたりが予想されている。


※関連記事(昨年の英ダービー前の記事で注目馬としてCracksman(クラックスマン)の血統などに触れている):エプソムダービー展望【1】Frankel(フランケル)産駒

エプソムダービー展望【1】Frankel(フランケル)産駒
来る6/3に第238回エプソムダービーが行われる。現時点でのWilliam HILLの単オッズ1番人気は英2000ギニーの勝ち馬・Churchill(チャーチル)だが、次走は未定。ダービーに向かうのか、5/27に行われる愛2000ギニーに向かうのか、まだ発表はない。

※関連記事:英ブリティッシュチャンピオンズデー結果速報【直線動画付】

英ブリティッシュチャンピオンズデー結果速報【直線動画付】
エリザベス女王も来場し、盛況となった英アスコット競馬場でのブリティッシュチャンピオンズデー。ロイヤルアスコット開催とは異なり、普通のコートやブルゾン、ジャケットを着込んで来場しているファンが多く見られていた。グレードレース5鞍の結果を速報でお届けする。

2着:Salouen
父・Canford Cliffs、母・Gali Gal、母父・Galileo

3着:Windstoss
父・Shirocco、母・Wellenspiel、母父・Sternkoenig

コロネーションC・直線動画

・Salouenが完全に抜け出し、Cracksman危うしと思われたが、最後は地力の違いを見せ、Cracksmanが何とか差し切り勝ちを収めている。

https://twitter.com/Racing_UK/status/1002554867267788806

関連コンテンツ

シェアする

フォローする