第239回英ダービー(G1)ミニ展望

注目の第239回英ダービーが現地時間6/2・土曜16:30発走(=日本時間6/3・日曜0:30発走)にエプソム競馬場にて行われる。今年はSaxon Warrior(サクソンウォリアー)の存在もあり、今朝のNHKニュースおはよう日本でも朝7時台にスポーツコーナーではなく、単独の話題として取り上げられるほどの注目が集まっており、グリーンチャンネルでの衛星生中継もあり、レースを楽しみにしておられる方も多いのではないだろうか。本稿では人気上位馬5頭のプロフィールを簡単にご紹介する。

スポンサーリンク

Saxon Warrior(サクソンウォリアー)

英ブックメーカーWilliam Hillの単オッズ2.00倍(1人気)

父・ディープインパクト、母・Maybe、母父・Galileo

・4戦4勝(全て8f戦)の日本産馬。母・Maybeは2歳時に5戦5勝(G1モイグレアスタッドSなど重賞3勝)、3歳時は4戦未勝利(1000ギニー3着、英オークス5着)。エイダンオブライエン調教師は過去に英ダービー6勝(Galileo、High Chaparral、Camelot、Ruler Of The World、Australia、Wings Of Eagles)。1970年にNijinskyが3冠を達成して以降(=グループ制導入以降)、2冠を達成した馬は1989年のNashwan、2009年のSea The Stars、2012年のCamelotの3頭。


※関連記事:Saxon Warrior(サクソンウォリアー)、英2000ギニー(G1)を制覇!

Saxon Warrior(サクソンウォリアー)、英2000ギニー(G1)を制覇!
Saxon Warrior(サクソンウォリアー)、英2000ギニー(G1)を制覇!
先程、行われた第210回英2000ギニー(G1)で、ディープインパクト産駒のSaxon Warrior(サクソンウォリアー)が、早め先頭からの押し切り勝ちで見事にビッグタイトルを獲得している。レース動画とともに結果をお伝えする。(※本記事をアッ...

※関連記事:ディープインパクト産駒・Saxon Warrior(牡2)、アイルランドでデビュー勝ち

ディープインパクト産駒・Saxon Warrior(牡2)、アイルランドでデビュー勝ち
ディープインパクト産駒・Saxon Warrior(牡2)、アイルランドでデビュー勝ち
8/27のアイルランド・カラ競馬場で行われた新馬戦(芝1m)で日本産まれのディープインパクト産駒・Saxon Warriorが勝利し、早速、ウイリアムヒル社の来年のエプソムダービーの前売り単オッズで4番人気(26.00倍)に押されている。直線の...

前走の英2000ギニーのレース動画。堂々と抜け出し押し切る強いレース。


Young Rascal(ヤングラスカル)

英ブックメーカーWilliam Hillの単オッズ8.00倍(2人気)

父・Intello、母・Rock My Soul、母父・Clodovil

・3戦2勝のフランス産馬。昨年11月のデビュー戦(8f)で2着→今年4/21の2戦目で1着→前走5/9のG3チェスターヴェース(12f・2013年のRuler of the Worldはここを使ってダービー制覇)で1着。父・IntelloはGalileo産駒で2013年の仏ダービー馬。母父・Clodovilはデインヒル産駒で2003年の仏2000ギニー馬。デインヒルS3×M3のクロスが特徴的な血統構成。ドイツ牝系出身で日本馬ではロサギガンティアと近く、ロサギガンティアの曽祖母=本馬の4代母になる。

Hazapour(ハザプール)

英ブックメーカーWilliam Hillの単オッズ9.00倍(3人気)

父・Shamardal、母・Hazarafa、母父・Daylami

・4戦2勝。2歳時に7着→1着→3着。前走5/13のG3ダービートライアルS(10f・2001年のGalileoはここを使ってダービー制覇)でエイダンオブライエン勢3頭(Delano Roosevelt、The Pentagon、Nelson)を降して人気薄で1着。父・ShamardalはGiant’s Causeway産駒で2005年の仏ダービー、仏2000ギニーなどG1を4勝。母父・DaylamiはDoyoun(父・Mill Reef)産駒。叔父のHarzandが2016年の英愛ダービーを制している牝系出身。鞍上のLデットーリの存在もあり、不気味な存在。

Roaring Lion(ロアリングライオン)

英ブックメーカーWilliam Hillの単オッズ9.00倍(3人気)

父・Kitten’s Joy、母・Vionnet、母父・Street Sense

・7戦4勝の米国産馬。2歳時に1着→1着→1着→2着(G1レーシングポストトロフィで直線先頭に立つもSaxon Warriorに差し返される)。3歳時に3着→5着(2000ギニー)→1着(G2ダンテS)。例年注目を集めるダービー前哨戦のダンテSを4馬身半差で完勝しており、昨年のレーシングポストトロフィでの好内容を考慮に入れるとSaxon Warriorにとって怖い存在。父・Kitten’s JoyはEl Prado産駒。母父・Street SenseはStreet Cry産駒。


名勝負となった昨年のG1レーシングポストトロフィ。先に抜け出したRoaring Lion(ロアリングライオン)に内から襲い掛かるSaxon Warrior(サクソンウォリアー)の信じ難い差し返しの脚。


Delano Roosevelt(デラノルーズベルト)

英ブックメーカーWilliam Hillの単オッズ13.00倍(5人気)

父・Galileo、母・Again、母父・Danehill Dancer

・5戦1勝。2歳時に1着→3着→2着(G2ベレスフォードS・1着のSaxon Warriorと2馬身半差)。3歳時に2着→2着(G3ダービートライアルS・1着Hazapour)。父・GalileoはSadler’s Wells産駒。説明不要の大種牡馬だが、これまでに産駒で英ダービー3勝、仏ダービー1勝、愛ダービー5勝。母父・Danehill Dancerはデインヒル産駒。母・Againは2009年の愛1000ギニー馬で、祖母の半弟にMontjeuがいる牝系出身。