10/23(月) 今週の週刊競馬ブック一気読み!

今日発売の週刊競馬ブックから、注目記事を一気読みして、コンパクトに情報をお届けする。

GⅠ競走血統アカデミー・世界一のフランケル産駒へ

・3歳馬、牝馬、非SS系といくつかの切り口でソウルスターリングを題材に天皇賞(秋)を血統的観点から展望している。3歳馬の天皇賞(秋)制覇は2002年のシンボリクリスエス以来、途絶えている記録だが、果たして。

競馬人 平松さとしのホースマン・クローズアップ

・オーストラリアに遠征中の小崎綾也騎手への現地インタビュー記事。落馬事故後にメルボルンC、凱旋門賞、英チャンピオンSを復帰後に備えて観戦に行っていたというエピソードは興味深いもの。

Essence from London,Great Britain

・アガカーン3世の息子・プリンス・アリ・カーンに関する記事。アリ・カーンが当時の妻・リタヘイワース(米国出身の女優)とロイヤルアスコット開催へ出席した当時の写真が載っている。

日高通信365

・取り上げられているトピックは「JBBAが新種牡馬ザファクターの導入決定 米G1ウイナー」「セレクトセール取引馬トーセンスターダムが豪G1制覇」「JRA育成馬が全頭入厩、2016年産は79頭」「ステイゴールドがJRA通算900勝」「米国流の育成法を講演、育成技術講習会開催」など。

View from Down Under
総賞金1000万豪ドル ジ・エベレスト観戦レポート

・シドニー在住35年のハイランド真理子氏による、現地観戦レポート。都市としてメルボルンとシドニーのライバル関係のようなものがあることに触れ、シドニーにもメルボルンC的な目玉となるようなビッグイベントを、という経緯があったことに触れている。優勝賞金580万豪ドル(約5億2200万円)はやはり破格。ブレイブスマッシュが3着になったこともあり、来年は日本のスプリンターの参戦もありそうで楽しみである。

おもひでの名勝負 第62回天皇賞

・鈴木慈雄氏の筆でメジロアサマが勝った昭和45年秋の天皇賞の「おもひで」が描写される。筆者が大学1年の時に初めて競馬場で観た8大レースとのことで、思い入れが感じられる熱い描写の連続で非常に読み応えのある内容。