「 リーディングサイアー(世代別) 」一覧

リーディングサイアー・現2歳世代【2018/5/14更新】

リーディングサイアー・現2歳世代【2018/5/14更新】

2歳戦は先週門別で4R、大井・園田でそれぞれ1Rずつを消化。ここまで地方で通算9戦が終了したところで、サイアーランキングは下記の通りとなっている。 新種牡馬では、5/9に行われた門別のフレッシュチャレンジ(ダ1000)で、パドトロワ産駒のエムティアンが2着に6馬身差をつける快勝をおさめた。スウェプトオーヴァーボードの後継パドトロワはキーンランドC・GⅢのレコード勝ちなど重賞3勝、スプリンターズS2着。LEXスタッドにて30万円の種付料で供用されている。

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/5/14更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/5/14更新】

5/13時点の現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)を掲載している。当該週は中央3歳の重賞競走が無く、青竜Sが唯一のオープン競走だった。勝ったのはグリムで、父ゼンノロブロイは現在34位にランキングされている。 南関では先週SⅠグレードレース2鞍が行われ、牡馬クラシック初戦、羽田盃はエスポワールシチー産駒ヤマノファイトが、牝馬クラシックの2戦目、東京プリンセス賞はサウスヴィグラス産駒グラヴィオーラが制している。

リーディングサイアー・現2歳世代【2018/5/7更新】

リーディングサイアー・現2歳世代【2018/5/7更新】

5/1に船橋スズランデビュー(1着賞金270万円)、5/2に門別スーパーフレッシュチャレンジ(1着賞金300万円)を消化し、ここまで3鞍を終了した2歳戦のサイアーランキングを掲載している。 新種牡馬の産駒は、船橋ではトーセンジョーダン産駒トーセンエメラルドが5頭立て4着、ダノンバラード産駒スズブルースカイが5頭立て5着と厳しい結果に終わったが、門別では能検でいい動きを見せていたヴィットリオドーロ産駒イグナシオドーロが見事7頭立て1着となっている。

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/5/7更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/5/7更新】

5/6時点の現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)は以下の通り。上位陣が力量を発揮する中、京都新聞杯優勝などによりステイゴールドが13位→9位にランクを大きく押し上げている。 5/5~5/6開催分 種牡馬別JRA本賞金獲得額TOP5 1位:ディープインパクト 2勝 ケイアイノーテック NHKマイルC・GⅠ 1着

リーディングサイアー・現2歳世代【2018/4/30更新】

リーディングサイアー・現2歳世代【2018/4/30更新】

まだ門別で1Rしか行われていない段階だが、2歳世代のリーディング総合順位(中央+地方)も今週からお届けしていく。 4/25に行われたJRA認定フレッシュチャレンジ(1000m。1着賞金150万円)の結果は以下の通りで、新種牡馬ベルシャザール産駒ナンタケットミストが2着に入っている。 1着 ラブミーリチャード(父スウェプトオーヴァーボード) 2着 ナンタケットミスト(父ベルシャザール) 3着 エムオーノーブル(父ダノンシャンティ)

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/4/30更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/4/30更新】

現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)を今週もアップデートしている。順位に変動はなかったが、府中開催に代わりハーツクライが地力を見せた他、このところやや勢いを欠いていたヘニーヒューズが4勝と盛り返している。 4/28~4/29開催分 種牡馬別JRA本賞金獲得額TOP5 1位:ハーツクライ 3勝 ゴーフォザサミット 青葉賞・GⅡ 1着 ミュージアムヒル スイートピー・OP 2着 トーホウアルテミス 矢車賞500 1着 エイカイマドンナ 未勝利 1着 2位:ディープインパクト 4勝

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/4/25更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/4/25更新】

現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)をアップデートしている。フローラSを制したサトノワルキューレ他、ディープインパクト産駒が3勝を積み上げるなど、週末は上位陣が地力を発揮した週となった。 4/21~4/22開催分 種牡馬別JRA本賞金獲得額TOP5 1位:ディープインパクト 3勝 サトノワルキューレ フローラS・GⅡ 1着 グレートウォリアー 新緑賞500 1着 ゼーゲン 未勝利 1着

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/4/16更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/4/16更新】

現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)を今週もお届けしている。波乱となった皐月賞他、週末(4/14、4/15)のJRA本賞金上位種牡馬は以下の通り。全体順位ではオルフェーヴルは一気に4位まで順位を上げ、3位ハーツクライとの差は1000万もない状況となっている。 4/14~4/15開催分 種牡馬別JRA本賞金獲得額TOP5 1位:オルフェーヴル 2勝 エポカドーロ 皐月賞・GⅠ 1着 アドラータ 未勝利 1着 2位:ルーラーシップ 0勝 サンリヴァル 皐月賞・GⅠ 2着 3位:Raven's Pass 1勝 タワーオブロンドン アーリントンC・GⅢ 1着

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/4/9更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/4/9更新】

現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)、今週の状況をお届けしている。クラシック第一弾桜花賞が行われた週末(4/7、4/8)のJRA本賞金上位順は下記の通り。 1位:ディープインパクト 4勝 カツジ ニュージーランドT・GⅡ 1着 ケイアイノーテック ニュージーランドT 2着 オールフォーラヴ 忘れな草賞・OP 1着 クリッパー デイジー賞・500万 1着 ノチェブランカ 未勝利 1着 2位:ロードカナロア 2勝 アーモンドアイ 桜花賞・GⅠ 1着 サンライズカナロア 未勝利 1着

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/4/2更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/4/2更新】

今週も現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)をアップデート。先週(3/31、4/1)の種牡馬別JRA賞金上位は以下の通りとなった。 1位:ヘニーヒューズ 2勝 ドンフォルティス 伏竜S・OP1着 マローネメタリコ 未勝利1着 2位:ロードカナロア 4勝 ジョーカナチャン 500万1着 カタナ・アールスター・レッドガラン 未勝利1着 3位:ディープインパクト 2勝 スーパーフェザー アザレア500 1着 サトノディード 未勝利1着

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/26更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/26更新】

今週も現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)をまとめている。 3/24、3/25の2日分のJRA獲得本賞金上位種牡馬と、主な産駒成績は以下の通り。 1位:ディープインパクト ギベオン 毎日杯・GⅢ2着 ダノンマジェスティ 大寒桜賞・500万1着 レッドベルローズ ミモザ賞・500万1着 アングルティール・ボナヴィーゴ 未勝利1着 2位:ハービンジャー ブラストワンピース 毎日杯・GⅢ1着 3位:ハーツクライ アロハリリー・アルゴセイコウ・スマートモノリス 未勝利1着

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/19更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/19更新】

今週も現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)をアップデートしている。3/17、3/18の2日分のJRA獲得本賞金上位と主な活躍馬は以下の通り。1位:ロードカナロア ステルヴィオ スプリングS・GⅡ1着 2位:ディープインパクト カンタービレ フラワーC・GⅢ1着 トーセンブレス フラワーC・GⅢ2着 3位:Scat Daddy ミスターメロディ ファルコンS・GⅢ1着 地方競馬では3/21に大一番、浦和桜花賞・S1が予定されており、ヘニーヒューズ産駒プロミストリープ、サウスヴィグラス産駒ストロングハート、エスポワールシチー産駒エターナルモール、あたりに注目が集まりそうだ。

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/12更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/12更新】

3/11開催終了時点の現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)を今週もお届けしている。今週最も賞金を稼いだのはキングカメハメハ。リバティハイツ(フィリーズレビュー)、マグナレガーロ(新馬戦)、サトノエメラルド(未勝利)が3勝、ランキングも9位まで上がってきている。ディープインパクトも5勝、アンコールプリュのフィリーズレビュー2着もあり、快調に首位を独走している。他で目立ったところでは、ダート戦で3勝をあげたハードスパン。

ファーストシーズンサイアー・現3歳世代【2018/3/5更新】

ファーストシーズンサイアー・現3歳世代【2018/3/5更新】

3/4時点の現3歳世代リーディングサイアー、総合順位ランキング(中央+地方)の中から、前月に続き、ファーストシーズンサイアーを抜き出したものをお届けする。ロードカナロア、ヘニーヒューズ、オルフェーヴルらの活躍はこれまでお伝えしている通りだが、中堅級で頭数を考慮して健闘していると言えそうなのが、ハードスパン、エスポワールシチー、ストロングリターン。期待に添えていないのが、エイシンフラッシュ、ノヴェリスト、モンテロッソ、ローズキングダム、となるだろうか。

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/5更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/5更新】

3/4開催終了時点の現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)をアップデートしている。順位こそ変動ないが、今週はディープインパクトがその破壊力をみせつけ、他では、オルフェーヴルが唯一気を吐く恰好となった。クラシック本番を控え、底力がモノを言う時期に差し掛かってきたということだろうか。 対照的に、ここまで快調に飛ばしてきたロードカナロア、ヘニーヒューズ、ダイワメジャーらがここにきてもたついている感がある。

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/2/26更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/2/26更新】

2/25開催終了時点の現3歳世代リーディングサイアー、総合順位(中央+地方)ランキングを今週もお届けしている。週末も上位のディープインパクト(すみれSをキタノコマンドールで勝利、センテリュオが新馬勝ち)、ロードカナロア(マーガレットSをアンフィトリテで勝利)、ハーツクライ(ルーモスが新馬勝ち、他に未勝利を3勝)などが順調に賞金を積み重ね、順位にほぼ変動はなし。徐々に隊列が固まってきた感がある。 TOP20以外では、マンハッタンカフェ(アスカリアンが未勝利勝ち、ハーベストムーンがくすのき賞3着)、エンパイアメーカー(コマビショウがくすのき賞勝ち)などの健闘が目立った。