「 リーディングサイアー 」一覧

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/26更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/26更新】

今週も現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)をまとめている。 3/24、3/25の2日分のJRA獲得本賞金上位種牡馬と、主な産駒成績は以下の通り。 1位:ディープインパクト ギベオン 毎日杯・GⅢ2着 ...

記事を読む

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/19更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/19更新】

今週も現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)をアップデートしている。 3/17、3/18の2日分のJRA獲得本賞金上位と主な活躍馬は以下の通り。見ての通り、ディープインパクト、ロードカナロアの上位2強が凌ぎあう形となり、順位...

記事を読む

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/12更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/12更新】

3/11開催終了時点の現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)を今週もお届けしている。今週最も賞金を稼いだのはキングカメハメハ。僅か7頭の出走の中から、リバティハイツ(フィリーズレビュー)、マグナレガーロ(新馬戦)、サトノエメラルド...

記事を読む

ファーストシーズンサイアー・現3歳世代【2018/3/5更新】

ファーストシーズンサイアー・現3歳世代【2018/3/5更新】

3/4時点の現3歳世代リーディングサイアー、総合順位ランキング(中央+地方)の中から、前月に続き、ファーストシーズンサイアー(フレッシュマンサイアー)を抜き出したものをお届けする(数字は全体での順位)。ロードカナロア、ヘニーヒューズ、オルフェー...

記事を読む

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/5更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/3/5更新】

3/4開催終了時点の現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)をアップデートしている。順位こそ変動ないが、今週はディープインパクト(弥生賞1・2着、チューリップ賞2着、アルメリア賞1着)がその破壊力をみせつけ、他では、オルフェーヴルが...

記事を読む

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/2/26更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/2/26更新】

2/25開催終了時点の現3歳世代リーディングサイアー、総合順位(中央+地方)ランキングを今週もお届けしている。週末も上位のディープインパクト(すみれSをキタノコマンドールで勝利、センテリュオが新馬勝ち)、ロードカナロア(マーガレットSをアンフィ...

記事を読む

AEIサイアーランキング・現3歳世代【2018/2/19更新】

AEIサイアーランキング・現3歳世代【2018/2/19更新】

現3歳世代のここまでの種牡馬成績を、アーニングス・インデックス順(中央+地方)に以下まとめている。ここでは国内供用種牡馬に限定し、かつ、いわゆるマイナー種牡馬も対象に含めて(3頭以上の産駒出走がある種牡馬を対象)ランキングしている。 産駒...

記事を読む

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/2/19更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/2/19更新】

2/18開催終了時点の現3歳世代リーディングサイアー、総合順位(中央+地方)を今週もアップデート。上位陣は無難に賞金を積み上げ、TOP10はほぼ変動なし。チュウワウィザードが新馬勝ち、トーセンブレイヴ・ロクセラーナが未勝利戦を勝ち上がり、好メン...

記事を読む

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/2/14更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/2/14更新】

2/13開催終了時点の現3歳世代リーディングサイアー、総合順位(中央+地方)を今週もお届けする。前週との比較では、サウスヴィグラスが2つ順位を上げ、8位に浮上している。中央では京都・新馬戦(ダ1400)でロンリーハート、キクノエスペルトが1、2...

記事を読む

ファーストシーズンサイアー・現3歳世代【2018/2/5更新】

ファーストシーズンサイアー・現3歳世代【2018/2/5更新】

2/4時点の現3歳世代リーディングサイアー、総合順位ランキング(中央+地方)の中から、ファーストシーズンサイアー(フレッシュマンサイアー)を抜き出したものをお届けする(数字は全体での順位)。王者ディープインパクトとは差がついているものの、ハーツ...

記事を読む

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/2/5更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/2/5更新】

2/4時点の現3歳世代リーディングサイアー、総合順位(中央+地方)は以下の通り。週末は首位ディープインパクトの産駒が京都で圧巻の活躍ぶりをみせ(エルフィンSの1着・2着・3着・5着を独占、きさらぎ賞の2着・4着・5着を独占、土曜の新馬戦芝200...

記事を読む