「 海外GⅠ勝ち馬 」一覧

10/1(日) 第96回 凱旋門賞(G1) 1着・Enable

10/1(日) 第96回 凱旋門賞(G1) 1着・Enable

Enableの完勝だった昨夜の凱旋門賞。先行して、力強く、一瞬の内に抜け出す同馬の真骨頂を披露した圧巻のパフォーマンスだったが、昨夜の衛星生中継をご覧になった方も多いと思われるが、現地フランス語での実況動画と、Enableの父・Nathanielが勝った2011年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSの動画をお届けする。

7/29(土)第67回 キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1) 1着・Enable

7/29(土)第67回 キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1) 1着・Enable

スタート後、積極的に2番手につけたEnable(イネイブル)をマークするように、Highland Reel(ハイランドリール)が外から並ぶように好位付け。人気2頭の一騎打ちの様相を序盤から呈したように見えたが、4角付近で早くもHighland Reelの脚色が怪しくなり、かたやEnableは直線に入り先頭に立ち、一気に弾けて早々に安全圏のリードを奪い、そのまま4馬身半の決定的な差をつけ、ゴール板前から既にデットーリの右ムチが高々と上がる完勝。

7/1(土) 第152回 アイリッシュダービー(G1) 1着・Capri(カプリ)

7/1(土) 第152回 アイリッシュダービー(G1) 1着・Capri(カプリ)

直線、内で粘るCapriを英ダービー馬・Wings Of Eaglesが猛追し、さらに外からFrankel産駒・Cracksmanが強襲する展開となり、現地メディアが「スリリング」と評したラストの叩き合いは見応えのあるもの。結果、最内で粘り込みをはかったCapriが凌ぎきって見事、優勝。

5/20(土)第142回プリークネスステークス(G1) 1着・Cloud Computing(クラウドコンピューティング)

5/20(土)第142回プリークネスステークス(G1) 1着・Cloud Computing(クラウドコンピューティング)

スタート直後からAlways Dreaming(オールウェイズドリーミング)とClassic Empire(クラシックエンパイア)の人気2頭が先行し合い、半馬身程度の差でAlways Dreamingの逃げをClassic Empireが外から馬体を並べ、マークする形で進行。