「 新種牡馬特集 」一覧

2歳リーディング・新種牡馬成績速報【2018/6/25更新】

2歳リーディング・新種牡馬成績速報【2018/6/25更新】

週末は新馬戦7鞍、未勝利戦2鞍が行われた。ヴィクトワールピサ産駒が新馬戦で2勝を挙げた他、ヨハネスブルグ、クロフネらの産駒が勝ち上がりとなっている。現時点での2歳リーディングサイアーランキングは1位ロードカナロア、2位キンシャサノキセキ、3位ヴィクトワールピサ、の順となっている。 新種牡馬産駒は14頭が出走し、ジャスタウェイ産駒アドマイヤジャスタ・ダンカーク産駒キタイの2着がベストの成績だった。まだ始まったばかりとは言え、ケープブランコ、ベルシャザール、グランプリボスらは、やや厳しいスタートとなっている。

ジャスタウェイなど新種牡馬産駒のデビュー予定【2018/6/21更新】

ジャスタウェイなど新種牡馬産駒のデビュー予定【2018/6/21更新】

今週末の新馬戦には、下記の新種牡馬産駒11頭が出走を予定している。種牡馬別では、ジャスタウェイ・ダンカーク3頭、ベルシャザールが2頭、グランプリボス・ケープブランコ・ダノンバラードが1頭。ジャスタウェイ産駒アドマイヤジャスタは2016年セレクトセール当歳で15120万円で落札された高額馬で、半兄アドマイヤラクティ(父ハーツクライ)は豪GⅠの勝ち馬。ダンカーク産駒ホワイトヘブンは叔父にスノードラゴンがいる血統。

ジャスタウェイなど新種牡馬産駒のデビュー予定【2018/6/14更新】

ジャスタウェイなど新種牡馬産駒のデビュー予定【2018/6/14更新】

今週末の新馬戦には、新種牡馬産駒7頭がエントリーしている。種牡馬別では、ダンカーク3頭、ベルシャザールが2頭、ダノンバラード・ケープブランコが1頭。血統的には地味な印象のある顔ぶれだが、ダンカーク産駒ショウナンガナドルは2017年サマーセールで972万円で落札された馬。ベルシャザール産駒マイネルフィーストはサラブレッドクラブラフィアンにて1600万円で募集されている。

今週の2歳馬坂路調教【2018/6/14更新】

今週の2歳馬坂路調教【2018/6/14更新】

今週末から函館開催がスタート、計7鞍の新馬戦が組まれている。 美浦では、キングズベスト牡駒オウムアムアが、6/13 53.2-40.3-27.2-13.7の4F一番時計。ミルファーム生産馬で、半兄ストーミーシーはニュージランドT2着。 栗東の1番時計(4F)はサンデーレーシングのケイデンスコール(牡、父ロードカナロア)で、6/14 50.2-37.2-25.4-13.4というハードな稽古。母の全弟にフェイムゲームがいるロイヤルサッシュの一族。

リーディングサイアー・現2歳世代【2018/6/11更新】

リーディングサイアー・現2歳世代【2018/6/11更新】

週末の4鞍の新馬戦では、ブラックタイド、ロードカナロア、スクリーンヒーロー、ジャスタウェイの産駒が勝ち上がりとなっている。新種牡馬産駒は、ジャスタウェイ産駒アウィルアウェイが1着、ダンカーク産駒シークレットランが2着の戦果を挙げた。3頭出走したケープブランコ産駒は、メイショウクライムが4着入着を果たしている。

ジャスタウェイなど新種牡馬産駒のデビュー予定【2018/6/7更新】

ジャスタウェイなど新種牡馬産駒のデビュー予定【2018/6/7更新】

週末の新馬戦では、下記の新種牡馬産駒8頭がエントリーしている。ジャスタウェイ産駒アウィルアウェイは社台グループオーナーズ募集額1800万円で、半兄インディチャンプが今年の毎日杯3着。ダンカークの仔シークレットランは2016セレクトセール当歳で4212万円の値をつけたダイナーカール一族の出身馬。トーセンゴーランドは父ケープブランコで兄カオスモスはダービー卿CT2着などがある。

今週の2歳馬坂路調教【2018/6/7更新】

今週の2歳馬坂路調教【2018/6/7更新】

6/1~7で、坂路でハロン13秒を切る時計を出したのは、東西あわせて97頭。種牡馬別では、ヘニーヒューズが6頭で最多、新種牡馬では、ジャスタウェイの3頭がトップの数字。 美浦ではセイントアレックス牡駒グランデメッシが、6/6 52.7-38.5-26.0-13.4。ラスト1Fは少しかかったが、4Fの一番時計。栗東の1番時計(4F)は米国産のキュウドウクン(牡、父Into Mischief)で、6/6 50.8-37.6-25.3-13.2の猛時計。2017Keenland Sepセールで90,000US$で落札されている。

2018年度新種牡馬分析②ジャスタウェイ産駒クラブ馬の現況【2018/6/4更新】

2018年度新種牡馬分析②ジャスタウェイ産駒クラブ馬の現況【2018/6/4更新】

前回お届けした2歳4月の時点から2か月が経過した現況を、ホームページ掲載内容から抜粋させていただいている。 劇的な変化とはいかないが、精神面などで前進を感じさせるコメントも出てきており、9頭中3頭が本州に移動済、乃至近々移動予定、とデビューに向けた動きも出てきている。ただコメントから窺い知る範囲で、この中に大物がいそうか、というと、果たしてどうだろうか?ジャスタウェイ自身が大成したのは4歳秋で、産駒も奥手なのではとの声もある。夏場を迎えここから動きが変わって来るのかどうか、今後もウォッチしていく。

リーディングサイアー・現2歳世代【2018/6/4更新】

リーディングサイアー・現2歳世代【2018/6/4更新】

週末に中央の2歳戦が始まったばかりだが、ディープインパクト、ロードカナロア、ダイワメジャー、キンシャサノキセキ、オルフェーヴルと、馴染みのある顔ぶれの産駒が勝ち上がり、早々に上位に顔を揃えている。 新種牡馬産駒は、中央ではジャスタウェイ産駒ズヴィズダーが4着、レッドスパーダ産駒ナーゲルリングが4着に入ったが、全般に地味なスタートとなった。地方・門別では、ナイママが大差勝ち(馬主は岡田繁幸氏)し、新種牡馬ダノンバラード産駒2勝目を飾っている。

今週の2歳馬坂路調教【2018/5/31更新】

今週の2歳馬坂路調教【2018/5/31更新】

5/25~31で、坂路でハロン13秒を切る時計(最後の1Fでなくても可)を出したのは、東西あわせて103頭。種牡馬別では、キンシャサノキセキが5頭と最多。新種牡馬では、ジャスタウェイの4頭などが含まれている。 美浦の1番時計(4F)はロードカナロア牝駒ガーデンコンサートで、5/30 52.7-38.4-24.9-12.4を計時。グリーンファーム募集額2000万円で、母アースサウンドはダート短距離で6勝。 栗東の1番時計(4F)は先週に続き再度、ロードカナロア牝駒アカネサスで、5/27 51.8-37.2-24.2-12.4と更に時計を詰めている。母クィーンズバーンは2012阪神牝馬S勝ち馬。

ロードカナロア週報【2018/5/24更新】

ロードカナロア週報【2018/5/24更新】

5/19~5/20成績:アーモンドアイのオークス制覇で重賞4勝目 未勝利戦:レジェンドソウル・スピリットワンベル2着、ブライトパス3着、テンポディヴァルス5着、着外14頭 500万下:ロードイヒラニ7着、エピックスター8着、ルリジオン14着 優駿牝馬・GⅠ アーモンドアイ1着(芝2400) 5/26~5/27出走予定:ステルヴィオがダービー出走

オルフェーヴル週報【2018/5/24更新】

オルフェーヴル週報【2018/5/24更新】

5/19~5/20成績:今週も2勝 未勝利戦:クロンヌデトワール(ダ1200)・ボードウォーク(ダ1800)1着、バイオスパーク・ペイストリー2着、メイショウメイホウ5着、着外14頭 メルボルン・500万:ムーンレイカー6着 優駿牝馬・GⅠ:ラッキーライラック3着 5/26~5/27出走予定:エポカドーロが2冠に挑戦 未勝利戦に18頭が出走

今週の2歳馬坂路調教【2018/5/24更新】

今週の2歳馬坂路調教【2018/5/24更新】

先週に続き、坂路で好時計をマークした2歳馬を掲載している。 5/19~24で、坂路でハロン13秒を切る時計を出したのは下表の60頭。種牡馬別では、キンシャサノキセキが6頭と最も多く、ロードカナロア・ヘニーヒューズが4頭ずつで続いている。美浦の1番時計(4F)はヴィクトワールピサ牝駒マロリンで、5/23 52.8-38.8-25.6-12.8を計時。栗東の1番時計(4F)はロードカナロア牝駒アカネサスで、5/20 51.5-37.3-24.8-12.4の快時計。

2018HBAトレーニングセール速報

2018HBAトレーニングセール速報

昨日行われた2018HBAトレーニングセール結果を速報でまとめている。売却率・平均価格は、活況だった前年からはやや低下し、概ね一昨年の水準に落ち着く結果となった。最高価格となったのは11.12-10.74と好時計を計時したバンブーエール牡駒、ブラックカシミール16で4860万円だった。 新種牡馬の産駒は数多く登場し、評価を得たのは、トゥザグローリー、トーセンジョーダン、ベルシャザールらの産駒だった。

今週の2歳馬坂路調教【2018/5/18】

今週の2歳馬坂路調教【2018/5/18】

今週より、坂路で好時計をマークした馬を掲載し、新種牡馬産駒の仕上がり状況なども確認していく。5/12~18の一週間で、坂路でハロン13秒を切る時計(最後の1Fでなくても可)を出したのは、東西あわせて26頭。種牡馬別では、キンシャサノキセキ、オルフェーヴルが3頭ずつと最も多い。新種牡馬では、ジャスタウェイ、ケープブランコの仔が1頭ずつ含まれている。 美浦の1番時計(4F)はオルフェーヴル産駒チャーチルクイーンで、52.8-39.0-26.0-13.3。 栗東の1番時計(4F)はこちらもオルフェーヴル産駒ジャミールフエルテで、52.3-38.7-25.4-12.9。