「 新種牡馬関連 」一覧

ロードカナロア週報【2018/3/29更新】

ロードカナロア週報【2018/3/29更新】

ロードカナロア産駒 weekly 3/24~3/25成績:ミッキーワイルドがオープン入り 未勝利戦:ペプチドバンブー・オメガプランタン2着、メジェールスー・アドマイヤセレブ3着、ヘブンリーデイズ・ジョーダンヒロイン4着、着外11頭 500万下:ミッキーワイルド1着(阪神芝1400)、着外1頭 3/31~4/1出走予定: 未勝利戦に5頭が出走 3/31 カタナ、アールスター、ロードザナドゥ 4/1 パーキー、レッドガラン 500万下 3/31 ブースター 4/1 ジョーカナチャン、アースビヨンド、ロフティフレーズ

オルフェーヴル週報【2018/3/29更新】

オルフェーヴル週報【2018/3/29更新】

オルフェーヴル産駒 weekly 3/24~3/25成績:レーヴドリーブが未勝利脱出 未勝利戦:レーヴドリーブ1着(阪神芝1800)、ディヴィナライン・トーセンニケ2着、ノーブルスピリット3着、ソルフェージュ4着、着外7頭 3/31~4/1出走予定: 未勝利戦に4頭が出走 3/31 アイムワン、アドマイヤビート、エストゥディオ 4/1 ナリタカピリナ 500万下 3/31 アラウン 山吹賞500(3/31中山9R) サトノテラス

2018年度新種牡馬分析③門別能検結果【2018/3/29更新】

2018年度新種牡馬分析③門別能検結果【2018/3/29更新】

本日3週目となるホッカイドウ競馬・門別競馬場の能力検査が行われ、トゥザグローリー、シビルウォー、ダノンバラードなどの産駒が初登場となった。馬場状態は良。 グランプリボス産駒メルシーキララがなかなかの好タイムを出した他、シビルウォー、トゥザグローリー産駒もまずまずのスタートなっている。

ロードカナロア週報【2018/3/22更新】

ロードカナロア週報【2018/3/22更新】

ロードカナロア産駒 weekly 3/17~3/18成績:ステルヴィオのGⅡ制覇を含め3勝をマーク 未勝利戦:アドマイヤヒビキ1着(中山ダ1800)、リーズン・アールスター2着、ヘブンリーデイズ5着、着外6頭 500万下:エイシンデネブ1着(阪神芝1200)、オメガラヴィサン・トロワゼトワル2着、着外2頭 ファルコンS・GⅢ:ダノンスマッシュ7着、ドラグーンシチー9着 スプリングS・GⅡ:ステルヴィオ1着(中山芝1800) 3/24~3/25出走予定: 未勝利戦に16頭が出走

オルフェーヴル週報【2018/3/22更新】

オルフェーヴル週報【2018/3/22更新】

オルフェーヴル産駒 weekly 3/17~3/18成績:2頭が未勝利脱出、エポカドーロが重賞2着 新馬戦:ペイストリーは着外 未勝利戦:ムーンレイカー(阪神ダ1800)・クーファエラン(阪神ダ1400)1着、マイネルミシシッピ4着、トウシンカイザー・アドラータ5着、着外7頭 若葉S・OP:ビービーデフィは11着 フラワーC・GⅢ:モルフェオルフェ8着、ロックディスタウン13着 スプリングS・GⅡ:エポカドーロ2着 3/24~3/25出走予定: 未勝利戦に12頭が出走

2018年度新種牡馬分析③門別能検結果【2018/3/22更新】

2018年度新種牡馬分析③門別能検結果【2018/3/22更新】

本日も2回目となるホッカイドウ競馬・門別競馬場の能力検査が行われており、ジャスタウェイ産駒1頭、ベルシャザール産駒3頭が登場した(本日の結果を黄色マーカーで表記)。馬場状態は先週と同じ稍重。 ジャスタウェイ産駒ヘカトンケイルは2着だった。ベルシャザール産駒は先週は1着、3着にまとめたが、今日は5着、4着、4着といまいちの結果に終わっている。

ロードカナロア週報【2018/3/15更新】

ロードカナロア週報【2018/3/15更新】

ロードカナロア産駒 weekly 3/10~3/11成績:カーサデルシエロが未勝利勝ち 未勝利戦:カーサデルシエロ1着(中京芝1600)、マトラッセ・メモリーコロネット・ロードザナドゥ2着、メジェールスー・スピリットワンベル4着、テイエムカナロア5着、着外3頭 500万下:ロードイヒラニ4着、ロードダヴィンチ着外 アネモネS・OP:レッドレグナント2着 フィリーズレビュー・GⅡ:アンヴァル4着、アルモニカ6着、レッドシャーロット7着 3/17~3/18出走予定:ステルヴィオ、ダノンスマッシュ、ドラグーンシチーが重賞出走

オルフェーヴル週報【2018/3/15更新】

オルフェーヴル週報【2018/3/15更新】

オルフェーヴル産駒 weekly 3/10~3/11成績:アルドーレが未勝利勝ち 新馬戦:キャンドゥ・キラーチューンは着外 未勝利戦:アルドーレ1着(阪神ダ1800)、アデル・アルキミア・ソルフェージュ3着、着外4頭 3/17~3/18出走予定:ロックディスタウン、モルフェオルフェ、エポカドーロが重賞出走 デビュー予定馬: 3/18阪神3R ペイストリー(牝、社台RH募集額2000万円) 未勝利戦に12頭が出走  3/17 サイン、エイカイビクトリア、マイネルミシシッピ、オテンバキッズ、アドラータ、ケンタッキーグラス、ボリーバル 3/18 ジョーダンドリーム、ムーンレイカー、メイショウメイホウ、クーファエラン、トウシンカイザー

2018年度新種牡馬分析③門別競馬場・能検結果

2018年度新種牡馬分析③門別競馬場・能検結果

本日3/15より、4月に新馬戦がスタートするホッカイドウ競馬・門別競馬場の能力検査がスタートしている。以下、初日の新種牡馬産駒の結果を速報でまとめている。 明暗分かれたが、ベルシャザール・サダムパテック・ヴィットリオドーロが好印象を残し、ダンカーク・ケープブランコ・グランプリボスは不満の残る内容だった、というところか。まだ始まったばかりで真価が問われるのはこれから。今後の能検・新馬戦の模様も逐次アップしていく。

ロードカナロア週報【2018/3/8更新】

ロードカナロア週報【2018/3/8更新】

3/3~3/4開催回顧:ステラローザ未勝利脱出で51勝目 新馬戦:ワンモアバイト5着 未勝利戦:ステラローザ1着(小倉芝1200)、オメガプランタン2着、ジョーダンヒロイン3着、アドマイヤセレブ5着、着外6頭 500万下:ゴールドギア3着、グランドピルエット・ブランモンストル5着、着外1頭 アルメリア500:ドラグーンシチー7着 3/10~3/11開催:フィリーズレビューに3頭出走 未勝利戦に11頭 500万条件: 3/10中山7R ロードイヒラニ 3/11阪神6R ロードダヴィンチ アネモネOP(3/11中山11R) レッドレグナント フィリーズレビューGⅡ(3/11阪神11R) アルモニカ、アンヴァル、レッドシャーロット

オルフェーヴル週報【2018/3/8更新】

オルフェーヴル週報【2018/3/8更新】

3/3~3/4開催回顧:ラッキーライラックが重賞制覇(産駒重賞4勝目)、未勝利2勝 新馬戦:アースグロウ着外 未勝利戦:グアン(阪神ダ1800)・ラブラブラブ(中山芝1800)1着、クーファエラン4着、アマイロ5着、着外6頭 500万下に出走したストーミーバローズ2着 チューリップ賞GⅡに出走したラッキーライラック1着 弥生賞GⅡに出走したアラウンは8着 3/10~3/11開催: デビュー予定馬: 3/10阪神3R・ダ1800 キャンドゥ(牡、半姉ケイティーバローズはエンプレス杯・JPNⅡ3着、セレクト当歳2484万円) 3/10阪神3R・ダ1800 キラーチューン(牡、セレクト当歳4212万円) 未勝利戦に8頭が出走

注目の海外父系③ War Front(ウォーフロント)

注目の海外父系③ War Front(ウォーフロント)

第1回のGalileo(ガリレオ)、第2回のMedaglia d'Oro(メダグリアドーロ)に続き、今回はWar Front(ウォーフロント)をとりあげる。ザファクター、アメリカンペイトリオットと続けざまに直仔の日本導入が決まったことで大きな脚光を浴びているWar Frontは、大種牡馬Danzigが25歳と晩年に残した産駒。この系統は息長く日本で試され成果を上げており、必ずしもクラシックレース向きではないというイメージも、Danzig→デインヒル→Dansiliと2世代を経ているハービンジャーが覆した感がある。War FrontはBlood Horseによる2017年北米ターフサイアーランキング第3位にランクインしている。産駒は高値で取引されており、本年の種付料は25万USドルとなっている。