「 新馬戦 」一覧

ジャスタウェイなど新種牡馬産駒のデビュー予定【2018/6/21更新】

ジャスタウェイなど新種牡馬産駒のデビュー予定【2018/6/21更新】

今週末の新馬戦には、下記の新種牡馬産駒11頭が出走を予定している。種牡馬別では、ジャスタウェイ・ダンカーク3頭、ベルシャザールが2頭、グランプリボス・ケープブランコ・ダノンバラードが1頭。ジャスタウェイ産駒アドマイヤジャスタは2016年セレクトセール当歳で15120万円で落札された高額馬で、半兄アドマイヤラクティ(父ハーツクライ)は豪GⅠの勝ち馬。ダンカーク産駒ホワイトヘブンは叔父にスノードラゴンがいる血統。

今週の2歳馬坂路調教【2018/6/21更新】

今週の2歳馬坂路調教【2018/6/21更新】

デビューに向け坂路で好時計をマークした2歳馬(未デビュー馬のみ)を今週も掲載している。 6/15~21で、坂路でハロン13秒を切る時計(最後の1Fでなくても可)を出したのは、東西あわせて58頭。美浦では、ローズキングダム牡駒パルセイティングが、6/20 53.4-38.9-25.8-13.2の一番時計。母の半妹に4勝を挙げたカネトシビバーチェがいる血統。LEX-proにて880万円で募集された。 栗東の1番時計(4F)は2017セレクトセール1歳で19440万円の値をつけたホウオウライジン(牡、父キングカメハメハ)で、6/17 51.8-37.5-24.9-12.7。3代母がウインドインハーヘアで、近親にレイデオロなど。

ジャスタウェイなど新種牡馬産駒のデビュー予定【2018/6/14更新】

ジャスタウェイなど新種牡馬産駒のデビュー予定【2018/6/14更新】

今週末の新馬戦には、新種牡馬産駒7頭がエントリーしている。種牡馬別では、ダンカーク3頭、ベルシャザールが2頭、ダノンバラード・ケープブランコが1頭。血統的には地味な印象のある顔ぶれだが、ダンカーク産駒ショウナンガナドルは2017年サマーセールで972万円で落札された馬。ベルシャザール産駒マイネルフィーストはサラブレッドクラブラフィアンにて1600万円で募集されている。

今週の2歳馬坂路調教【2018/6/14更新】

今週の2歳馬坂路調教【2018/6/14更新】

今週末から函館開催がスタート、計7鞍の新馬戦が組まれている。 美浦では、キングズベスト牡駒オウムアムアが、6/13 53.2-40.3-27.2-13.7の4F一番時計。ミルファーム生産馬で、半兄ストーミーシーはニュージランドT2着。 栗東の1番時計(4F)はサンデーレーシングのケイデンスコール(牡、父ロードカナロア)で、6/14 50.2-37.2-25.4-13.4というハードな稽古。母の全弟にフェイムゲームがいるロイヤルサッシュの一族。

ジャスタウェイなど新種牡馬産駒のデビュー予定【2018/6/7更新】

ジャスタウェイなど新種牡馬産駒のデビュー予定【2018/6/7更新】

週末の新馬戦では、下記の新種牡馬産駒8頭がエントリーしている。ジャスタウェイ産駒アウィルアウェイは社台グループオーナーズ募集額1800万円で、半兄インディチャンプが今年の毎日杯3着。ダンカークの仔シークレットランは2016セレクトセール当歳で4212万円の値をつけたダイナーカール一族の出身馬。トーセンゴーランドは父ケープブランコで兄カオスモスはダービー卿CT2着などがある。

今週の2歳馬坂路調教【2018/6/7更新】

今週の2歳馬坂路調教【2018/6/7更新】

6/1~7で、坂路でハロン13秒を切る時計を出したのは、東西あわせて97頭。種牡馬別では、ヘニーヒューズが6頭で最多、新種牡馬では、ジャスタウェイの3頭がトップの数字。 美浦ではセイントアレックス牡駒グランデメッシが、6/6 52.7-38.5-26.0-13.4。ラスト1Fは少しかかったが、4Fの一番時計。栗東の1番時計(4F)は米国産のキュウドウクン(牡、父Into Mischief)で、6/6 50.8-37.6-25.3-13.2の猛時計。2017Keenland Sepセールで90,000US$で落札されている。

今週の2歳馬坂路調教【2018/5/31更新】

今週の2歳馬坂路調教【2018/5/31更新】

5/25~31で、坂路でハロン13秒を切る時計(最後の1Fでなくても可)を出したのは、東西あわせて103頭。種牡馬別では、キンシャサノキセキが5頭と最多。新種牡馬では、ジャスタウェイの4頭などが含まれている。 美浦の1番時計(4F)はロードカナロア牝駒ガーデンコンサートで、5/30 52.7-38.4-24.9-12.4を計時。グリーンファーム募集額2000万円で、母アースサウンドはダート短距離で6勝。 栗東の1番時計(4F)は先週に続き再度、ロードカナロア牝駒アカネサスで、5/27 51.8-37.2-24.2-12.4と更に時計を詰めている。母クィーンズバーンは2012阪神牝馬S勝ち馬。

今週の2歳馬坂路調教【2018/5/24更新】

今週の2歳馬坂路調教【2018/5/24更新】

先週に続き、坂路で好時計をマークした2歳馬を掲載している。 5/19~24で、坂路でハロン13秒を切る時計を出したのは下表の60頭。種牡馬別では、キンシャサノキセキが6頭と最も多く、ロードカナロア・ヘニーヒューズが4頭ずつで続いている。美浦の1番時計(4F)はヴィクトワールピサ牝駒マロリンで、5/23 52.8-38.8-25.6-12.8を計時。栗東の1番時計(4F)はロードカナロア牝駒アカネサスで、5/20 51.5-37.3-24.8-12.4の快時計。

今週の2歳馬坂路調教【2018/5/18】

今週の2歳馬坂路調教【2018/5/18】

今週より、坂路で好時計をマークした馬を掲載し、新種牡馬産駒の仕上がり状況なども確認していく。5/12~18の一週間で、坂路でハロン13秒を切る時計(最後の1Fでなくても可)を出したのは、東西あわせて26頭。種牡馬別では、キンシャサノキセキ、オルフェーヴルが3頭ずつと最も多い。新種牡馬では、ジャスタウェイ、ケープブランコの仔が1頭ずつ含まれている。 美浦の1番時計(4F)はオルフェーヴル産駒チャーチルクイーンで、52.8-39.0-26.0-13.3。 栗東の1番時計(4F)はこちらもオルフェーヴル産駒ジャミールフエルテで、52.3-38.7-25.4-12.9。

ケイアイマリブ【12/28(木)新馬戦(中山ダ1200)勝ち馬】

ケイアイマリブ【12/28(木)新馬戦(中山ダ1200)勝ち馬】

真っ先にゲートを出たケイアイマリブが押してハナを獲りに行くも、内からダイシンクワトロも行く構えを見せ、ほぼ2頭が雁行する形で直線へ。直線では早めにケイアイマリブが先頭に立ち、終いもタレることなくまとめ切り、1着ゴール。2着メイケイフウジン。勝ち時計1.13.4。推定上り38.8。

ハギノフロンティア【12/28(木)新馬戦(阪神ダ1800)勝ち馬】

ハギノフロンティア【12/28(木)新馬戦(阪神ダ1800)勝ち馬】

後方のインを追走していたハギノフロンティアが直線も内に突っ込んでいくと、全くひるむことなく先団を捕らえに行き、残り200を切って追い出されると鋭い差し脚を披露。まとめて差し切って1着。2着は好位から抜け出しを図ったクードロア。勝ち時計1.59.9。推定上り37.9(メンバー最速)。

ステイゴールド産駒インディチャンプらがデビュー・12/28(木)阪神5R新馬

ステイゴールド産駒インディチャンプらがデビュー・12/28(木)阪神5R新馬

年末変則開催、12/28の阪神5R新馬戦は芝1400mに14頭。ステイゴールド産駒インディチャンプ、バララットゴールド、ケイティーズネイルなどがデビューをむかえる。 インディチャンプ 牡 父 ステイゴールド、母 ウィルパワー、母父 キングカメハメハ 生産 ノーザンファーム