「 新馬戦 」一覧

ウェルカムゴールド【12/9(土)新馬戦(阪神ダ1800)1着】

ウェルカムゴールド【12/9(土)新馬戦(阪神ダ1800)1着】

後方待機のウェルカムゴールドが3角過ぎから大外を通って進出。直線入口で先頭に立ったモズノーブルギフトを射程圏に捉えると、既に勢いの差は歴然。一気に先頭に立ち、差を広げたウェルカムゴールドが完勝。2着モズノーブルギフト。勝ち時計1.54.8。推定上り37.3(メンバー最速)。

新馬紹介 12/10(日)中京5R ディープインパクト産駒アイスバブルなどがデビュー

新馬紹介 12/10(日)中京5R ディープインパクト産駒アイスバブルなどがデビュー

アイスバブル 牡|父 ディープインパクト、母 ウィンターコスモス、母父 キングカメハメハ 生産者 ノーザンファーム|祖母ミスパスカリはクロフネの半妹で、母の半弟にスプリングSを勝ったマウントロブソンがいる。本馬は5番仔にあたり、全兄グリュイエールは4勝。水準以上の能力を示す馬が多い牝系で、活力と確実性を併せ持った血脈といえそう。

新馬紹介 12/10(日)阪神6R ハードスパン産駒スターリングブルスなどがデビュー

新馬紹介 12/10(日)阪神6R ハードスパン産駒スターリングブルスなどがデビュー

スターリングブルス|父 ハードスパン、母 イリデ、母父 Indian Charlie 生産者 モリナガファーム|ダート戦線でしぶとく走ったインバルコ、インオラリオらの一族。母は未出走。本馬は4番仔で、兄姉は全て勝ち上がり。父は国内での供用1年のみだが、産駒のダート戦での勝率はここまで27%と、無類の強さを発揮している。母父はCaro系の種牡馬で、直仔Uncle Mo(代表産駒に昨年のケンタッキーダービー馬Nyquist)を通じ、米国で父系を再拡張している。

新馬紹介 12/10(日)阪神5R オルフェーヴル産駒インノータイムなどがデビュー

新馬紹介 12/10(日)阪神5R オルフェーヴル産駒インノータイムなどがデビュー

インノータイム|父 オルフェーヴル、母 アイアムルビー、母父 Saint Liam 生産者 社台ファーム|母は4勝で、半弟に4勝馬トーセンマイティなど。本馬は2番仔。一族に大物は出ていないが、非常に高い堅実性を誇る一族。父の産駒は距離伸びて戦績に安定性が出てきている。母父はSaint Ballado(その父Halo)の仔で、一流馬Havre de Graceを残し早逝。

新馬紹介 12/10(日)中山6R Street Cry産駒ディサーニングらがデビュー

新馬紹介 12/10(日)中山6R Street Cry産駒ディサーニングらがデビュー

ディサーニング|父 Street Cry、母 タクトフリー、母父 Discreet Cat 生産者 ダーレー・ジャパン・ファーム|近親で日本で走った馬は見当たらないが、アーカンソーダービーなどを勝った種牡馬Bodemeisterの一族で、だいぶ遠くなるがケイアイエレガントも同門となる。本馬は2番仔とみられる。父Street CryはZenyatta、Street Sense、Winxなどを出した大種牡馬。

新馬紹介 12/10(日)中山5R 兄姉全馬勝ち上がりのシンデレラなどがデビュー

新馬紹介 12/10(日)中山5R 兄姉全馬勝ち上がりのシンデレラなどがデビュー

シンデレラ|父 ハーツクライ、母 イソノスワロー、母父 デヒア 生産者 村下農場|半兄にモンストール(新潟2歳S)、オープン馬トラストワンなど。中央デビューした兄姉5頭全馬が勝ち上がりを果たしている。本馬が7番仔。祖母イソノルーブルはオークス馬。母父デヒア(その父Deputy Minister)はBMSとして地味ながら優秀で、米国で複数のG1馬を出している他、日本でも、ボールライトニング(京王杯2歳S)、グレイトパール(平安S)などの重賞勝ち馬を輩出。