エンパイアペガサス【12/31(日)第43回 桐花賞(M1)勝ち馬】

オープン 定量 水沢ダ2000
1着賞金500万円

逃げたダイワエクシード、番手追走のベンテンコゾウ、外から並びかけにいったエンパイアペガサスの3頭が最後の直線で並びかけるも、ダイワエクシードがまず脱落。続いて外からエンパイアペガサスがベンテンコゾウを力強く競り落とし、1着ゴール。2着ベンテンコゾウ。

 1着:エンパイアペガサス(牡4・父・エンパイアメーカー)
 2着:ベンテンコゾウ(牡3・父・サウスヴィグラス)
 3着:ダイワエクシード(牡5・父・)
 勝ちタイム:2.08.4
 着差:1 1/2、4

スポンサーリンク

エンパイアペガサスのプロフィール

4歳牡馬
父:エンパイアメーカー
母:ステージトリック
母父:Distorted Humor
生産牧場:佐藤牧場
厩舎:佐藤祐司(岩手)
騎手:菅原俊吏

 1着:2017桐花賞 水沢ダ2000
 1着:2017報知GPC 船橋ダ1800
 1着:2017一條記念みちのく大賞典 水沢ダ2000
 1着:2017あすなろ賞 盛岡ダ1800
 1着:2016不来方賞 盛岡ダ2000
 1着:2016イーハトーブマイル 盛岡ダ1600
 1着:2016岩手ダービーダイヤモンドC 盛岡ダ2000
 1着:2016やまびこ賞 盛岡ダ1800
 1着:2016スプリングC 水沢ダ1600
 2着:2016ダービーグランプリ 水沢ダ2000

エンパイアペガサスの血統背景


エンパイアメーカーはUnbridled産駒。既にアメリカに戻っており、2016年産まれの世代が日本でのラストクロップとなる。日本での主な産駒はフェデラリスト(中山記念、中山金杯)、タガノディグオ(兵庫チャンピオンシップ)、イジゲン(武蔵野S)、マイティティー(ブリーダーズGC)など。

牝系
・母(輸入基礎牝馬)は米18戦5勝。G3-オーピアS3着。
・本馬は2番仔。
・初仔エヴリホープ(牝・父・Mineshaft)は18戦0勝。
・3番仔ラヴブロッサム(牝・父・ヴィクトワールピサ)は地方現役・22戦2勝
・3代母Starlet Stormの孫にバトルプラン(本邦輸入種牡馬・G2-ニューオーリンズSの勝ち馬でG1-スティーヴンフォスター2着)、曾孫にAir Force Blue(2015年のカルティエ賞最優秀2歳牡馬。G1-デューハーストS、G1-ナショナルS、G1-フェニックスSの勝ち馬。他にG2-コヴェントリーS2着)。

母父
Distorted Humorはフォーティナイナー産駒。BMSとして輩出した主な産駒はモーニン(父・ヘニーヒューズ。G1-フェブラリーS、G3-根岸Sの勝ち馬。他に重賞入着4回)。

クロス
Mr. Prospector:S4×M4、Northern Dancer:S4×M5×M5、In Reality:S4×S5、 Buckpasser:S5×M5

エンパイアペガサスの生産牧場

佐藤牧場の近年の主な活躍馬は以下の通り。

 ボディーガード(父・トウショウボーイ)
 1着:1993デイリー杯3歳S(G2) 京都芝1400
 1着:1995阪急杯(G3) 京都芝1400