マイネルバサラ【11/23(木)第38回浦和記念(Jpn2)勝ち馬】

3歳以上 別定 浦和ダ2000
1着賞金3500万円

3角手前でマイネルバサラが早くも先頭に立ち、ヒガシウィルウィンが追走を試みるも手応えの差は歴然。オールブラッシュも外から上昇するが、4角で既にセーフティリードを奪ったマイネルバサラがそのまま押し切り、6馬身差で圧勝。ヒガシウィルウィンが内で渋とく粘り込み2着。3着オールブラッシュ。

1着:マイネルバサラ(牡4・父シニスターミニスター)
2着:ヒガシウィルウィン(牡3・父サウスヴィグラス)
3着:オールブラッシュ(牡5・父ウォーエンブレム)
勝ちタイム:2.08.2
着差:6、6

スポンサーリンク

マイネルバサラのプロフィール

4歳牡馬
父:シニスターミニスター
母:サザンレイスター
母父:サザンヘイロー
生産牧場:浜口牧場
厩舎:(美)松山将樹
騎手:柴田大知
募集価格:1300万円

 1着:2017浦和記念(Jpn2) 浦和ダ2000
 1着:2017御陵S(1600万下) 京都ダ1800
 1着:2017韓国馬事会杯(1600万下) 中山ダ1800

マイネルバサラの血統背景


シニスターミニスター産駒は一昨日の兵庫ジュニアグランプリを制したハヤブサマカオーに続く、交流重賞制覇。昨年まではインカンテーションが3勝したのみのダートグレード競走勝利数が、今年だけでこれで6勝目、11月だけで3勝目。

※シニスターミニスター産駒の全重賞勝利一覧

 2017/11/23・マイネルバサラ・浦和記念(Jpn2)
 2017/11/21・ハヤブサマカオー・兵庫ジュニアGP(Jpn2)
 2017/11/11・インカンテーション・武蔵野S(G3)
 2017/10/03・インカンテーション・白山大賞典(Jpn3)
 2017/07/09・キングズガード・プロキオンS(G3)
 2017/03/26・インカンテーション・マーチS(G3)

 2015/05/23・インカンテーション・平安S(G3)
 2014/11/09・インカンテーション・みやこS(G3)
 2013/08/04・インカンテーション・レパードS(G3)

牝系
・母は27戦0勝。
・本馬は4番仔。
・初仔サザンオーヴァー(牡・父・スウェプトオーヴァーボード)は地方5勝。
・2番仔サザントップ(牝・父・マヤノトップガン)は22戦0勝。
・3番仔シゲルギシサイ(牡・父・ファルブラヴ)は地方1勝。
・5番仔キングレイスター(牡・父・ベーカバド)は中央現役・中央1勝
・6番仔キーフラッシュ(牡・父・ストロングリターン)は中央現役・中央1勝

母父
サザンヘイローはHalo産駒。米愛で24戦5勝。G1-スーパーダービー2着、G1-スワップスS2着など重賞入着3回。1994年から7年連続でアルゼンチンのリーディングサイアーを獲得。父として日本ではタイキバカラ(G3-クリスタルC)を輩出したのが唯一の重賞勝ち。BMSとしてはマイネルバサラが初の重賞勝ち馬となっている。

クロス
Northern Dancer:M4×M5、Mr. Prospector:M4×S5

マイネルバサラの生産牧場

浜口牧場の近年の主な活躍馬は以下の通り。アロマカフェ以来の重賞勝ち馬輩出。今年は佐賀と金沢で2歳地方重賞を生産馬が既に制覇しており、好調。

 アロマカフェ(父・マンハッタンカフェ、母・カリーノカフェ by ハートレイク)
 1着:2010ラジオNIKKEI賞(G3) 福島芝1800
 3着:2010セントライト記念(G2) 中山芝2200
 キングランシーン(父・ベーカバド、母・ディアンサス by ティンバーカントリー)
 1着:2017九州ジュニアチャンピオン 佐賀ダ1750
 シオジスター(父・エスポワールシチー、母・テンザンノゾミ by ジェネラス)
 1着:2017金沢プリンセスC 金沢ダ1400