メイショウコゴミ【12/10(日)新馬戦(阪神ダ1400)勝ち馬】

2歳新馬・阪神ダ1400
1着賞金700万円

当初は中団のインにいたメイショウコゴミが直線うまく外へ持ち出され、進路がひらけると印象的な末脚を炸裂させ、先行勢を一気に飲み込み差し切り勝ち。2着は内から先に抜け出していたスターリングブルス。勝ち時計1.27.0。推定上り37.4(メンバー最速)。

 1着:メイショウコゴミ(牝2・父クロフネ)
 2着:スターリングブルス(牝2・父ハードスパン)
 3着:チカフェンネル(牝2・父サウスヴィグラス)
 着差:クビ、4
 LAP:12.3-11.0-12.4-13.2-13.1-12.5-12.5

スポンサーリンク

メイショウコゴミのプロフィール

2歳牝馬
父:クロフネ
母:メイショウユウダチ
母父:メイショウボーラー
生産牧場:磯野牧場
厩舎:(栗)飯田祐史
騎手:幸英明

メイショウコゴミの血統背景


クロフネ産駒は今季JRA2歳戦8頭目の勝ち上がり。

 07/15・中京芝1600m新馬戦・スワーヴポルトス(母父・ディープインパクト)
 10/22・東京ダ1600m未勝利・ジュンパッション(母父・サンデーサイレンス)
 11/05・東京ダ1600m新馬戦・エピックアン(母父・スペシャルウィーク)
 11/11・京都芝1600m未勝利・パクスアメリカーナ(母父・サンデーサイレンス)
 11/11・京都芝1400m新馬戦・エールショー(母父・ジャングルポケット)
 11/18・京都ダ1400m未勝利・ベルアーシュ(母父・エンドスウィープ)
 11/19・京都ダ1200m新馬戦・ヌーディーカラー(母父・ディープインパクト)
 12/10・阪神ダ1400m新馬戦・メイショウコゴミ(母父・メイショウボーラー)

牝系
・母は5戦1勝(中京ダ1200m・新馬戦)。
・本馬は初仔。
・従姉にメイショウマンボ(中央6勝。2013年JRA最優秀3歳牝馬。G1-オークスG1-秋華賞G1-エリザベス女王杯G2-フィリーズレビューの勝ち馬。他にG1-ヴィクトリアマイル2着)。
・祖母メイショウアヤメ中央3勝。G2-報知杯4歳牝馬特別2着。

母父
メイショウボーラーはBMSとして今季JRA2歳戦初の勝ち上がり。まだ世代的にBMSとしての実績はない状況で、昨年のサラ総合BMSランキングは781位。

クロス
Halo:M5×M5

メイショウコゴミの生産牧場

磯野牧場は今季JRA2歳戦初の勝ち上がり。磯野牧場の近年の主な活躍馬は以下の通り。

 デンコウアンジュ(父・メイショウサムソン、母・デンコウラッキー by マリエンバード)
 1着:2015アルテミスS(G3) 東京芝1600
 2着:2017ヴィクトリアマイル(G1) 東京芝1600(※1着アドマイヤリード)
 ※中央現役

関連コンテンツ

シェアする

フォローする