10/18(水) 今朝のスポーツ紙競馬欄一気読み!

日刊スポーツ、サンスポ、スポニチ、報知の4紙の今朝の競馬欄を一気読みして、コンパクトに情報をお届けする。

菊花賞

古馬重賞4着「菊もやれる」ガナドル 津村の逃魂(報知)
ブレス 死んだぶり作戦で距離克服だ 佐々木師「クシロキングみたいに」(報知)
「この子は相当な馬になる」菊沢師の予感が現実になる(報知)
キセキの末脚 角居師ゆかりの血で菊3勝目へ(サンスポ)
友道厩舎上がり馬2騎一発ムード 馬体パワーUPトリコロール(サンスポ)
太め疑惑解消 トリコロール 前走32キロ増「ほとんどが成長分」(日刊スポーツ)
数字読み通り「全然違う馬に。筋肉量が変わった」(日刊スポーツ)
アーサー&クロニクル サトノ連覇の極みだ(スポニチ)
トリコロール&ポポカテ 友道軍団「どっちも勝つ」(スポニチ)

・各紙なりの切り口で有力馬、注目馬を取り上げて報じている。中では昨日に続き、ミッキースワローの菊沢師に、セレクトセール当歳セールでミッキースワローを見初めた話などをじっくり取材している、報知が読み応えあり。

2歳戦

フランケル産駒連覇だ タニノフランケル2歳主役へ名乗り!!(日刊スポーツ)
ソウルに続け 藤沢和フラットレー(日刊スポーツ)
マルケッサ初陣 池江師「身体能力高そう」(日刊スポーツ)
スカーレット娘 ダイワメモリー 百日草特別へ(サンスポ)

・毎週水曜は2歳馬情報、と銘打っている日刊スポーツが幅広く報じている。ちなみに毎週更新の日刊スポーツ独自の「クラシック番付」の牡馬・横綱はワグネリアン、牝馬・横綱はロックディスタウン。

各紙連載コーナー

田辺裕信「ゆる~い話」(サンスポ)

・カラ馬がいると競馬はやりづらい、というテーマで騎手ならではの観点からカラ馬が出た場合の対処法などについて語っている。

沢田重文の欧州競馬リポート(サンスポ)

・ペリエ長女がアマ騎手デビュー、という題材から、フランスのアマチュア騎手事情について触れている。

World Horse Racing(日刊スポーツ)

・英競馬各部門の王者が決まる1日、と題して21日にアスコット競馬場で行われるブリティッシュチャンピオンズデーについて触れている。英チャンピオンSはクラックスマンとユリシーズの激突で熱戦が展開されそうです、とまとめている。

四位洋文「馬と話そう」

・菊花賞で騎乗予定のダービー4着馬・マイスタイルについて、1週前追い切りに乗った感触や菊花賞での手応えなどについて触れている内容。

その他

・豪州からJC凱旋ならず 故障デウス引退も(スポニチ)
・アドマイヤデウス重傷 今週出走予定豪G1最終追いで発生(日刊スポーツ)
・今夏豪州移籍 デウスが故障(報知)
・アドマイヤデウスが故障(サンスポ)