Arrogate(アロゲート)出走。パシフィッククラシックS(G1)の結果速報

前走、サンディエゴH(G2)で大敗を喫したArrogate(アロゲート)。立て直しを期して前走と同じ、デルマー競馬場にて行われたパシフィッククラシックS(G1)に先程、出走している。注目のレース結果を速報でお届けする。

レースは7頭立て。Arrogate(アロゲート)は序盤から3番手につけ、前走とは異なる行きっぷりの良さを見せてはいたが、手応えはイマイチ。3角過ぎあたりから、逃げるCollected、2番手のAccelerate(前走、サンディエゴHでArrogateに勝利)を捕まえにいこうとするが、快調に逃げた同厩のCollectedを最後まで捕らえることが出来ず、2着に敗れている。

勝ったCollectedは父・City Zip、母・Helena Bay、母父・ヨハネスブルグの4歳牡馬。これで11戦8勝。G1は初制覇で重賞5勝目。昨年はクラシックには2冠目のプリークネスS(G1)にしか出走しておらず、結果は10着。その後、今年の4月まで休養に入っており、休養明け後はこれで4連勝。

 1着:2017パシフィッククラシックS(G1)
 1着:2017カリフォルニアンS(G2)
 1着:2017プレシジョニストS(G3)
 1着:2016レキシントンS(G3)
 1着:2016シャムS (G3)

Collectedの血統背景は、母の半弟にディープサウンド(G3-共同通信杯3着)、ラスヴェンチュラス(G2-ローズS3着)がおり、祖母の従兄にはアグネスデジタル(重賞10勝、G1を6勝)がいる、日本にもゆかりのある血統。

※レース動画は以下のページより見ることが出来る。

https://www.bloodhorse.com/horse-racing/articles/223187/collected-outlasts-arrogate-in-pacific-classic

関連コンテンツ

シェアする

フォローする