重賞勝馬輩出率データ(生産者別)【2018/4/18更新】

重賞勝馬輩出率データ(生産者別)【2018/4/18更新】

重賞勝馬輩出率 【現3~6歳世代】:平地競争のGⅠ~GⅢ、JPNⅠ~JPNⅢが対象 (生産者別) 生産者 重賞勝頭数 重賞勝輩出率 血統登録頭数 1 ノーザンファーム 70 4.0% 1732 2 社台ファーム 16 1.0% 1561 3 社台C白老ファーム 12 2.6% 463 4 フジワラフアーム 6 4.7% 127 5 グランド牧場 6 2.4% 245

重賞勝馬輩出率データ(BMS別)【2018/4/18更新】

重賞勝馬輩出率データ(BMS別)【2018/4/18更新】

重賞勝馬輩出率 【現3~6歳世代】:平地競争のGⅠ~GⅢ、JPNⅠ~JPNⅢが対象 (ブルードメアサイアー別) BMS 重賞勝頭数 重賞勝輩出率 血統登録頭数 1 サンデーサイレンス 16 1.1% 1405 2 フレンチデピュティ 9 1.6% 552 3 シンボリクリスエス 7 1.6% 441 4 ブライアンズタイム 7 1.0% 703 5 キングカメハメハ 5 1.2% 429

重賞勝馬輩出率データ(種牡馬別)【2018/4/18更新】

重賞勝馬輩出率データ(種牡馬別)【2018/4/18更新】

重賞勝馬輩出率 【現3~6歳世代】:平地競争のGⅠ~GⅢ、JPNⅠ~JPNⅢが対象 (種牡馬別) 種牡馬 重賞勝頭数 重賞勝輩出率 血統登録頭数 1 ディープインパクト 34 5.2% 648 2 キングカメハメハ 18 3.4% 536 3 ハーツクライ 11 2.0% 559 4 ステイゴールド 9 1.7% 536 5 ダイワメジャー 8 1.6% 505

勝ち上がり頭数データ・現3歳【2018/4/17更新】

勝ち上がり頭数データ・現3歳【2018/4/17更新】

週末の勝ち上がり状況をアップデートしている。種牡馬別ではクロフネ、ハービンジャーが2頭勝ち上がりとなったが、全般に多種多様な種牡馬の産駒が勝ち名乗りを挙げている。参考に産駒頭数を度外視して、高確率で勝ち上がりを達成している種牡馬をリストアップしてみると、目を引くのはノボジャックで、現3歳世代に限らず、これまでJRAで走った全世代でも61頭出走32頭勝ち上がり(53%)と、破格の数値を示している。今年21歳となるが、昨年も22頭の種付けをこなしているようだ。

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/4/16更新】

リーディングサイアー・現3歳世代【2018/4/16更新】

現3歳世代リーディングサイアー総合順位(中央+地方)を今週もお届けしている。波乱となった皐月賞他、週末(4/14、4/15)のJRA本賞金上位種牡馬は以下の通り。全体順位ではオルフェーヴルは一気に4位まで順位を上げ、3位ハーツクライとの差は1000万もない状況となっている。 4/14~4/15開催分 種牡馬別JRA本賞金獲得額TOP5 1位:オルフェーヴル 2勝 エポカドーロ 皐月賞・GⅠ 1着 アドラータ 未勝利 1着 2位:ルーラーシップ 0勝 サンリヴァル 皐月賞・GⅠ 2着 3位:Raven's Pass 1勝 タワーオブロンドン アーリントンC・GⅢ 1着

2018年度新種牡馬分析③門別能検結果【2018/4/16更新】

2018年度新種牡馬分析③門別能検結果【2018/4/16更新】

本日5回目となるホッカイドウ競馬・門別競馬場の能力検査が行われている。各々4頭が登場したベルシャザール、ダンカーク産駒の動向が注目されたが、ここまでの実績も加味するとトータルではやや低調な結果というべきだろうか。逆にここまでの能検結果から、ダート短距離で期待が持てそうなのはパドトロワで、本日登場したジョージパドリックも好内容で1着入線を果たしている。4/18に門別競馬が開幕。第8Rに予定されているJRA認定フレッシュチャレンジには、能検で鋭い動きを披露した新種牡馬ヴィットリオドーロ産駒イグナシオドーロがエントリーしている。

エポカドーロ【2018/4/15(日) 皐月賞・GⅠ勝ち馬】

エポカドーロ【2018/4/15(日) 皐月賞・GⅠ勝ち馬】

3歳 定量 中山芝2000m 1着賞金11000万円  1着:エポカドーロ(牡3|父オルフェーヴル|田上徹生産)  2着:サンリヴァル(牡3|父ルーラーシップ|斉藤安行生産)  3着:ジェネラーレウーノ(牡3|父スクリーンヒーロー|新生ファーム生産)  勝ちタイム:2.00.8(稍重)  着差:2、1 3/4  LAP:12.6-11.0-11.9-11.5-12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.2

グレイトパール【2018/4/15(日) アンタレスS・GⅢ勝ち馬】

グレイトパール【2018/4/15(日) アンタレスS・GⅢ勝ち馬】

4歳以上 別定 阪神ダ1800m 1着賞金3600万円  1着:グレイトパール(牡5|父キングカメハメハ|千代田牧場生産)  2着:ミツバ(牡6|父カネヒキリ|タバタファーム生産)  3着:クインズサターン(牡5|父パイロ|佐竹学生産)  勝ちタイム:1.49.8(不良)  着差:1 1/4、1/2  LAP:12.7-10.7-12.3-12.2-12.3-12.0-12.3-12.3-13.0

タワーオブロンドン【2018/4/14(土) アーリントンC・GⅢ勝ち馬】

タワーオブロンドン【2018/4/14(土) アーリントンC・GⅢ勝ち馬】

3歳 馬齢 阪神芝1600m 1着賞金3800万円  1着:タワーオブロンドン(牡3・父Raven's Pass・ダーレー・ジャパン・ファーム生産)  2着:パクスアメリカーナ(牡3・父クロフネ・千代田牧場生産)  3着:レッドヴェイロン(牡3・父ノーザンファーム生産)  勝ちタイム:1.33.4(良)  着差:1/2、1/2  LAP:12.4-10.8-11.3-12.0-12.2-11.4-11.3-12.0

ロードカナロア週報【2018/4/12更新】

ロードカナロア週報【2018/4/12更新】

4/7~4/8成績:アーモンドアイが桜花賞のタイトルを奪取 未勝利戦:サンライズカナロア1着(福島ダ1150)、サラドリーム・マトラッセ2着、メモリーコロネット・テンポディヴァルス・ブライトパス3着、ロードザナドゥ5着、着外9頭 500万下:マイウェイアムール4着、着外1頭 ニュージーランドT・GⅡ(中山芝1600) ゴールドギア4着 桜花賞・GⅠ(阪神芝1600) アーモンドアイ1着、レッドレグナント15着、アンヴァル17着 4/14~15出走予定:ステルヴィオでクラシック連勝なるか

オルフェーヴル週報【2018/4/12更新】

オルフェーヴル週報【2018/4/12更新】

オルフェーヴル産駒 weekly 4/7~4/8成績:ラッキーライラック敗れる 未勝利戦:マルーンエンブレム1着(福島芝2000)、ゴールドパッキャオ・レッドラフェスタ・ブルンクザール2着、マイネルミシシッピ3着、バイオスパーク4着、インノータイム5着、着外11頭 桜花賞・GⅠ:ラッキーライラック2着 4/14~4/15出走予定:エポカドーロが皐月賞に出走

アンジュデジール【2018/4/11(水) マリーンC・JPNⅢ勝ち馬】

アンジュデジール【2018/4/11(水) マリーンC・JPNⅢ勝ち馬】

3歳以上・牝 別定 船橋ダ1600m 1着賞金2500万円  1着:アンジュデジール(牝4・父ディープインパクト・辻牧場生産)  2着:クイーンマンボ(牝4・父マンハッタンカフェ・グランド牧場生産)  3着:ヤマニンアンプリメ(牝4・父シニスターミニスター・廣田伉助生産)  勝ちタイム:1.41.2(良)  着差:3/4、クビ  LAP:13.0-12.6-12.9-13.0-12.3-12.2-12.4-12.8