5/6(土)第143回ケンタッキーダービー(G1) 1着・Always Dreaming(オールウェイズドリーミング)

3歳 チャーチルダウンズ ダート10F
1着賞金1,635,800ドル(約1.84億円)

父:Bodemeister
母:Above Perfection
母父:In Excess
生産牧場:Santa Rosa Partners
厩舎:Todd Pletcher
騎手:John Velazquez

展望記事で取り上げたAlways Dreaming(オールウェイズドリーミング)が、自力で捻じ伏せるような強い競馬でケンタッキーダービー制覇。日本風にいえば水の浮いた完全な不良馬場で迎えた大一番。1コーナーの入りがインの2番手。そのままスムーズにレースを進め、3コーナー付近で先頭に躍り出て、そのまま押し切り。Todd Pletcher調教師は2010年のSuper Saver(スーパーセイバー)に続く、騎手のJohn Velazquezは2011年のAnimal Kingdom(アニマルキングダム)に続くケンタッキーダービー2勝目。
1着:2017ケンタッキーダービー(G1)10.0F
1着:2017フロリダダービー(G1)9.0F

ケンタッキーダービーの近5年の優勝馬の血統は以下の通り。エンパイアメーカーの孫が2勝していることや、母父でStorm Cat系が2勝していることが目立つ。Always Dreamingの母父In Excessは、昨年の優勝馬Nyquistの父系にも入っており、優秀さを示している。

2017年優勝:Always Dreaming
父・Bodemeister←エンパイアメーカー←Unbridled
母父・In Excess←Siberian Express←Caro

2016年優勝:Nyquist
父・Uncle Mo←Indian Charlie←In Excess
母父・Forestry←Storm Cat←Storm Bird

2015年優勝:American Pharoah
父・Pioneer of the Nile←エンパイアメーカー←Unbridled
母父・Yankee Gentleman←Storm Cat←Storm Bird

2014年優勝:California Chrome
父・Lucky Pulpit←Pulpit←A.P.Indy
母父・Not for Love←Mr.Prospector←Raise a Native

2013年優勝:Orb
父・Malibu Moon←A.P.Indy←Seattle Slew
母父・Unbridled←Fappiano←Mr.Prospector

Always Dreaming以外の人気馬は着外に沈んだが、人気薄で2着、3着に食い込んだ両馬はともに父系がSmart Strike系で、母父がDanzig系。

2着・Lookin At Lee
父・Lookin At Lucky←Smart Strike←Mr.Prospector
母父・Langfuhr←Danzig←Northern Dancer

3着・Battle of Midway
父・Smart Strike←Mr.Prospector←←Raise a Native
母父・Concerto←Chief’s Crown←Danzig

関連コンテンツ

シェアする

フォローする