新馬紹介 12/10(日)中山6R Street Cry産駒ディサーニングらがデビュー

今週の新馬戦、日曜日の中山6Rはダ1800mに15頭。Street Cry産駒ディサーニング、コニファー、プロットデバイスなどがデビュー。

スポンサーリンク

ディサーニング 牡

父 Street Cry、母 タクトフリー、母父 Discreet Cat
生産者 ダーレー・ジャパン・ファーム

兄姉JRA勝ち上がり 0/0()
近親JRA勝ち上がり* 0/0()*3代内までに同一牝馬がいる3歳から10歳馬を集計

近親で日本で走った馬は見当たらないが、アーカンソーダービーなどを勝った種牡馬Bodemeisterの一族で、だいぶ遠くなるがケイアイエレガントも同門となる。本馬は2番仔とみられる。父Street CryはZenyatta、Street Sense、Winxなどを出した大種牡馬。持ち込み馬などの日本での戦績もまずまずで芝・ダート兼用といえるが、短距離を専門とする産駒が多い点はどうか。母父Discreet CatはStormCat系で、ダーレージャパンが日本に導入を果たした。

コニファー 牝

父 カジノドライヴ、母 スカーレル、母父 ゴールドアリュール
生産者 社台ファーム

兄姉JRA勝ち上がり 0/0()
近親JRA勝ち上がり* 10/24(42%)*3代内までに同一牝馬がいる3歳から10歳馬を集計

社台グループオーナーズ募集馬(総額1400万円)。母はダートで4勝。本馬は初仔。いとこにステイヤーズSなど重賞2勝のペインテドブラック、比較的近い近親にセントライト記念を勝ったユールシンギングがいる、オークス馬シャダイアイバーを牝祖とし、堅実に隆盛を遂げている一族。ほぼダート専門といっていい種牡馬同士の配合。

プロットデバイス 牡

父 ノヴェリスト、母 アルスノヴァ、母父 ダンスインザダーク
生産者 社台コーポレーション白老ファーム

兄姉JRA勝ち上がり 3/5(60%)
近親JRA勝ち上がり* 7/13(53%)*3代内までに同一牝馬がいる3歳から10歳馬を集計

社台レースホース一口募集馬(総額1800万円)。母は2勝(エリカ賞)で、兄弟にオルフェーヴル、ドリームジャーニー。本馬は6番仔で、勝ち上がった姉3頭は今のところ中央1勝どまりとなっている。父は新種牡馬で成否はまだこれからだが、産駒の傾向としてダートより芝で良績が出ている。

1 ユメノサキ 牡 2 柴山雄一 社台ファーム ヴィクトワールピサ
2 ドリームライザー 牡 2 田辺裕信 乾皆雄 エスポワールシチー
3 ディサーニング 牡 2 内田博幸 ダーレー・ジャパン・ファーム Street Cry
4 グリズリダンス 牝 2 津村明秀 石郷岡雅樹 ゴールドアリュール
5 エールブラン 牡 2 松山弘平 井高牧場 シニスターミニスター
6 コニファー 牝 2 三浦皇成 社台ファーム カジノドライヴ
7 フロイデ 牡 2 勝浦正樹 グッドラック・ファーム カネヒキリ
8 インサイドアウト 牡 2 武藤雅 阿部栄乃進 タイムパラドックス
9 ベルウッドヘルタ 牡 2 平野優 中脇満 メイショウサムソン
10 ウインベルズトール 牡 2 柴田大知 斉藤英牧場 アグネスデジタル
11 ゴールドキー 牡 2 丸田恭介 大林ファーム アルデバラン2
12 プロットデバイス 牡 2 北村宏司 社台コーポレーション白老ファーム ノヴェリスト
13 キッズジョリー 牡 2 シュミノ ノーザンファーム スマートファルコン
14 スリーマグナム 牡 2 江田照男 城地牧場 ローズキングダム
15 ジオパークボス 牡 2 宮崎北斗 中村俊紀 カジノドライヴ