重賞勝馬輩出率データ【12/11更新】

スポンサーリンク

メートルダール、ディオスコリダー、プリンシアコメータが新規重賞勝ち馬に

メートルダールのプロフィールはこちら

メートルダール【12/9(土) 第53回 中日新聞杯(G3)勝ち馬】
1番人気のミッキーロケットが好位外目から4角手前にかけて上昇すると、直後の外にメートルダールも進出。直線はメートルダールの伸び脚が良く、逃げ粘ったロードヴァンドールを交わし先頭に立つとそのまま1着ゴール。2着はジリジリ伸びたミッキーロケット。3着ロードヴァンドール。

ディオスコリダーのプロフィールはこちら

ディオスコリダー【12/10(日) 第10回 カペラステークス(G3)勝ち馬】
終始外の好位を追走していたディオスコリダーが絶好の手応えで直線を迎えると、逃げたドラゴンゲートを早々に捕らえて先頭に。後方からスノードラゴンが猛追するも、差が詰まることはなく、ディオスコリダーがそのまま先頭でゴール。古豪スノードラゴンが2014年の秋にスプリンターズSを勝った時以来の2連対確保で2着。

プリンシアコメータのプロフィールはこちら

プリンシアコメータ【12/6(水)第63回 クイーン賞(Jpn3)勝ち馬】
ハナを奪ったプリンシアコメータがマイペースの逃げ。アンジュデジールが3角過ぎてから2番手に浮上するも、終始、手応えはプリンシアコメータのほうが上。直線、危なげなく終いをまとめ、初の重賞制覇達成。2着アンジュデジール、3着ラインハート。

アップデートデータの詳細はこちら

http://umahei.com/page-179

http://umahei.com/bms

http://umahei.com/page-191

関連コンテンツ

シェアする

フォローする