セダブリランテス【2018/1/6(土) 中山金杯(GⅢ)勝ち馬】

4歳以上オープン ハンデ 中山芝2000
1着賞金4100万円

 1着:セダブリランテス(牡4・父ディープブリランテ)
 2着:ウインブライト(牡4・父ステイゴールド)
 3着:ストレンジクォーク(牡6・父メイショウサムソン)
 勝ちタイム:1.59.8
 着差:クビ、クビ
 LAP:12.3-10.0-13.2-12.3-12.7-11.3-11.7-11.5-11.6-12.2

スポンサーリンク

セダブリランテスのプロフィール:重賞2勝目

4歳牡馬
父:ディープブリランテ
母:シルクユニバーサル
母父:ブライアンズタイム
生産牧場:社台コーポレーション白老ファーム
厩舎:(美)手塚貴久
騎手:戸崎
募集価格:2500万円

 1着:2018中山金杯(GⅢ) 中山芝2000
 1着:2017ラジオNikkei賞(GⅢ) 福島芝1800
 

父:ディープブリランテ

ディープブリランテは現4歳世代がファーストクロップで、これまでのところ本馬以外に重賞勝ち馬は出ていない。その他の活躍馬としてはラプソディーア(芝1400~1600mで3勝)、メイショウオワラ(芝1600mで3勝)、リカビトス(芝1600~2000mで3勝)などで、適正は芝のマイル~中距離あたり。本馬は雄大な馬格だが、全般的にはやや小柄な産駒が多いこともあり、ダート戦ではあまり結果が出ていない。

生産:社台コーポレーション白老ファーム

社台コーポレーション白老ファームは好調で、特に現3歳世代はタイムフライヤー、ロックディスタウン、フロンティア、ルヴァンスレーヴが重賞制覇と、勢いが止まらない状態。

http://umahei.com/page-3459

関連コンテンツ

シェアする

フォローする