ミッシングリンク【2018/1/24(水) TCK女王盃・JPNⅢ勝ち馬】

4歳以上オープン・牝 別定 大井ダ1800m
1着賞金2200万円

 1着:ミッシングリンク(牝4・父ヴィクトワールピサ・天羽禮治生産)
 2着:ブランシェクール(牝5・父ダイワメジャー・ノーザンファーム生産)
 3着:ラインハート(牝7・父ステイゴールド・坂東牧場生産)
 勝ちタイム:1.53.9(不良)
 着差:2、1 1/2
 LAP:12.6-11.9-12.9-12.9-12.5-12.7-13.3-12.1-13.0

ミッシングリンクのプロフィール:重賞初勝利

4歳牝馬(2014年生)
父:ヴィクトワールピサ
母:エーソングフォー
母父:More Than Ready
生産牧場:天羽禮治
厩舎:(美)斎藤誠
騎手:戸崎圭太
1着:2018TCK女王杯・JPNⅢ 大井ダ1800m

 父:ヴィクトワールピサ

ミッシングリンクはヴィクトワールピサ供用2年目の産駒で、下記の2頭に続き、国内では3頭目の重賞勝馬(他にドイツでWarring StatesのGⅢ勝ちがある)。初年度から桜花賞馬を出したものの、期待通りとは言えない内容で、種付料も供用初年度の350万円から、7年目となる今年は200万円まで低下している。

  • ジュエラー(牝・2013年生)
    • 桜花賞・GⅠ優勝
  • コウソクストレート(牡・2014年生)
    • ファルコンS・GⅢ優勝

生産:天羽禮治

天羽禮治氏の近年の生産馬としては、2012年生のアルタイル(マーチS・GⅢ3着、ユニコーンS・GⅢ3着)がいる。古くは目黒記念・GⅡなどを勝ったマウントニゾン、神戸新聞杯2着のフジアンバーワンなどを輩出した牧場。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする