ノンコノユメ【2018/1/28(日) 根岸S・GⅢ勝ち馬】

4歳以上オープン 別定 東京ダ1400m
1着賞金3800万円

 1着:ノンコノユメ(セ6・父トワイニング・社台ファーム生産)
 2着:サンライズノヴァ(牡4・父ゴールドアリュール・ヤナガワ牧場生産)
 3着:カフジテイク(牡6・父プリサイスエンド・ヒダカファーム生産)
 勝ちタイム:1.21.5(レコード)
 着差:ハナ、2 1/2
 LAP:12.3-10.6-11.0-11.8-12.1-11.7-12.0

ノンコノユメのプロフィール:重賞4勝目

6歳セ(2012年生)
父:トワイニング
母:ノンコ
母父:アグネスタキオン
生産牧場:社台ファーム
厩舎:(美)加藤征弘
騎手:内田博幸
1着:2015武蔵野S・GⅢ 東京ダ1600m
1着:2015ジャパンダートダービー・JPNⅠ 大井ダ2000m
1着:2015ユニコーンS・GⅢ 東京ダ1600m

 父:トワイニング

トワイニングは父フォーティナイナーの米国産馬で1991年生まれ。同馬が9歳~10歳に日本で供用され、その後、13歳時に再度来日し、24歳で死亡するまで種牡馬生活を全うした。ラストクロップは現2歳世代で、血統登録されているのは1頭のみ(母クーニャン)。

日本での重賞勝ち馬は全部で4頭。

  • ロールオブザダイス(牡・2005年生、母父サンデーサイレンス、社台ファーム生産)
    • 平安S・GⅢ優勝
  • フサイチアソート(牡・2005年生、母父サンデーサイレンス、ノーザンファーム生産)
    • 東スポ杯2歳S・JPNⅢ優勝
  • セカンドテーブル(牡・2012年生、母父サンデーサイレンス、川島良一生産)
    • 京王杯2歳S・GⅡ優勝
  • ノンコノユメ(セ・2012年生、上述のプロフィール参照)

生産:社台ファーム

社台ファームは2018年の重賞初勝利。同日のシルクロードSを含めた1月までの重賞勝ち数、生産者別は以下の通り。

  • ノーザンファーム4勝
    • フェアリーS
    • シンザン記念
    • 日経新春杯
    • アメリカJCC
  • 社台C白老F1勝・中山金杯
  • タバタファームF1勝・京都金杯
  • フジワラファーム1勝・愛知杯
  • 新生ファーム1勝・京成杯
  • 日高テイエム牧場1勝・東海S
  • 社台ファーム1勝・根岸S
  • ダーレー・ジャパンF1勝・シルクロード
  • 天羽禮治1勝・TCK女王杯
関連コンテンツ

シェアする

フォローする