ケイティブレイブ【2018/1/31(水) 川崎記念・JPNⅠ勝ち馬】

4歳以上オープン 定量 川崎ダ2100m
1着賞金6000万円

 1着:ケイティブレイブ(牡5・父アドマイヤマックス・岡野牧場生産)
 2着:アポロケンタッキー(牡6・父Langfuhr・米国産)
 3着:アウォーディー(牡8・父ジャングルポケット・米国産)
 勝ちタイム:2.14.9(稍重)
 着差:1 1/2、2
 LAP:7.0-11.5-12.9-13.8-12.8-13.9-14.2-11.7-12.3-12.7-12.1

ケイティブレイブのプロフィール:重賞6勝目

5歳牡馬(2013年生)
父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
生産牧場:岡野牧場
厩舎:(栗)目野哲也
騎手:福永祐一

(主な戦績)
1着:2018川崎記念・JPNⅠ 川崎ダ2100m
1着:2017帝王賞・JPNⅠ 大井ダ2000m
1着:2017名古屋大賞典・JPNⅢ 名古ダ1900m
1着:2016浦和記念・JPNⅡ 浦和ダ2000m
1着:2016白山大賞典・JPNⅢ 金沢ダ2100m
1着:2016兵庫ChS・JPNⅡ 園田ダ2000m

 父:アドマイヤマックス

アドマイヤマックスは1999年生まれの19歳、父サンデーサイレンス、母はダイナシュート。現役時は高松宮記念GⅠを制した。これまで約400頭の産駒を送り出し、以下の5頭が重賞勝ちを収めている。種付料の水準(今年度は受胎条件30万円)を考えると、なかなかのクオリティと言える。既に高齢でもあり、代表産駒となるケイティブレイブにはダート中距離戦線でのタイトルを思い切り積み上げた後に、後継という仕事も託されている。

  • ケイティブレイブ(牡・2013年生)
    • 重賞6勝(上述の通り)
  • ショウナンアポロン(牡・2010年生)
    • マーチS・GⅢ(中山ダ1800m)優勝
  • モンストール(牡・2009年生)
    • 新潟2歳S・GⅢ(新潟芝1600m)優勝
  • メイショウマシュウ(牡・2008年生)
    • 根岸S・GⅢ(東京ダ1400m)優勝
  • アドマイヤコスモス(牡・2007年生)
    • 福島記念・GⅢ(新潟芝2000m)優勝

生産:岡野牧場

岡野牧場の近年の生産馬には、2007年の小倉記念勝ち馬サンレイジャスパー、2014年の毎日王冠・2013年のマイラーズC2着のサンレイレーザー、らがいる。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする