ウインブライト【2018/2/25(日) 中山記念・GⅡ勝ち馬】

4歳以上オープン 別定 中山芝1800m
1着賞金6200万円

 1着:ウインブライト(牡4・父ステイゴールド・コスモヴューファーム生産)
 2着:アエロリット(牝4・父クロフネ・ノーザンファーム生産)
 3着:マルターズアポジー(牡6・父ゴスホークケン・山岡牧場生産)
 勝ちタイム:1.47.6(良)
 着差:クビ、頭
 LAP:12.8-11.7-11.7-11.5-11.5-11.8-12.2-11.9-12.5

スポンサーリンク

ウインブライトのプロフィール:重賞3勝目

4歳牡(2014年生)
父:ステイゴールド
母:サマーエタニティ
母父:アドマイヤコジーン
生産牧場:コスモヴューファーム
厩舎:(美)畠山吉宏
騎手:松岡正海

 父:ステイゴールド

1月に日経新春杯を勝ったパフォーマプロミスに続き、ステイゴールド産駒は今年の重賞2勝目。その際も触れたが、ウインブライトの次の世代(現3歳)は96頭の血統登録があるが、ステイゴールドは2015年に死亡しており、現2歳世代は1頭のみと残り少なくなっている。

毎週お伝えしている通り、後継の本命オルフェーヴルは悲喜交々の立ち上がりという感じだが、もう一頭の大物ゴールドシップの産駒も今年1歳を迎え、次第に跡目争いに焦点が移っていくことになる。

生産:コスモビューファーム

コスモビューファームの近年の活躍馬には、2017年の中京記念を勝ったウインガニオン、ウインブライトの全姉で2015年の阪神JF2着のウインファビュラス、2008年のシンザン記念を勝利したドリームシグナル、2005年の愛知杯を制したマイネソーサリスなどがいる。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする