注目の海外種牡馬④ Scat Daddy(スキャットダディ)

これまで本稿では、現在最も勢いのある海外種牡馬として、Galileo(ガリレオ)、Medaglia d’Oro(メダグリアドーロ)、War Front(ウォーフロント)を紹介してきた。第4回となる今回は、Scat Daddy(スキャットダディ)をとりあげる。

最初に触れておくと、Scat Daddyは既に2015年に11歳の若さで早逝しており、現2歳世代がラストクロップとなる。Blood Horse誌による2017年北米サイアーランキング第6位、芝部門では第2位にランクされており、後継争いの思惑を交え、残された産駒に熱い視線が注がれる状況となっている。

Scat DaddyのサイアーラインはStorm Cat系で、父は日本で現在供用されているヨハネスブルグ(今年19歳)。祖父ヘネシー(その父がStorm Cat)も日本で供用された実績がある。ヘネシーの代表産駒の一頭ヘニーヒューズは直仔の〇外モーニン・アジアエクスプレスの活躍もあり、日本に導入されるや既に大人気種牡馬となっている。

Storm Cat系では他に、Giant’s Causeway(エイシンアポロン・スズカコーズウェイの父。後継としてエスケンデレヤが輸入されている)、Tale of the Cat(エイシントップの父)、Forest Wildcat(エーシンフォワードの父)、Forestry(エアハリファの祖父)、Bernstein(マルターズアポジーの祖父)、スタチューオブリバティ(キクノストーム・アクティブミノルの父)など、様々な分岐からも日本で結果が出ている。

海外父系の全体像(2017年の海外GⅠ馬をまとめている)について興味ある方は下記リンクを参照いただきたい。

海外GⅠ馬の父系一覧【2017年版】
海外GⅠ馬の父系一覧【2017年版】
2017年の海外GⅠ競走勝馬の父系を一覧にまとめたものを示しています。対象は英(GB)、愛(IRE)、仏(FR)、米(USA)の全GⅠ競走(平地)。この年はGalileo、 Medaglia d'Oro、Dubawi、War Front、Sca...
スポンサーリンク

Scat Daddyのプロフィール

Scat Daddyは2004年生まれ(同年代にウォッカ、スクリーンヒーローなど)のアメリカ産。父ヨハネスブルグ、母Love Style、母の父Mr. Prospectorで、Mr. Prospector 4×2のインブリードをもつ。祖母 Likeable StyleはラスヴィルヘネスS・GⅠ(米ダ8f)など重賞3勝。Scat Daddy自身もフロリダダービー・GⅠ(米ダ9f)など重賞4勝を挙げ将来が嘱望されたが、クラシックレース初戦のケンタッキーダービーで故障を発症しそのまま引退。通算成績9戦5勝で2008年に種牡馬入りとなった。種付料は3万$でスタートし、一時は1万$まで低下したが、デルマーオークス・アメリカンオークス勝ちのLady of Shamrockなどの初年度産駒が父の名を高め、2009年から3年間シャトル供用された南米チリでは旋風を巻き起こし「チリのガリレオ」と形容された。最終的に10万$の種付料設定に至るが、その状況と後継争奪戦などについて、Racing Post誌記事の訳文がジャパン・スタッドブック・インターナショナルのサイトに掲載されているので、その辺りの描写はこちらに譲ることとさせていただきたい。

スキャットダディのサイアーラインの確立は急務(2017年7月)

2017年には5頭の欧米GⅠ勝馬が出ている。全て芝レース。

  • Lady Aurelia キングズスタンドS(英芝5f)
  • Caravaggio コモンウェルスS(英芝6f)
  • Sioux Nation フェニックスS(愛芝6f)
  • Dacita ビバリーディS(米芝9.5f)
  • Mendelssohn ブリーダーズカップジュヴェナイルターフ(米芝8f)
Scat Daddy産駒の日本での実績

Scat Daddy産駒はこれまで16頭が中央で走り、10頭が勝ち上がり。ゴルゴバローズ(牡5)がダート短距離で4勝、ミスターメロディ(牡3)がダート短距離で4戦2勝2着2回、と水準以上の成績を残している(追記:ミスターメロディは3/17 ファルコンS・GⅢ優勝)。

日本に後継種牡馬はまだおらず、今後の動向が注目される。

・ソラリア

ソラリアはScat Daddyが南米チリで供用された際の牝駒で、チリのGⅠレースを3勝。現在は社台ファームで繁殖供用されている。最初に生まれた持込馬、ガーデンテラス(牡3歳。父Candy Ride)は2戦未勝利で中央抹消となっている。現2歳と現1歳はともに父ディープインパクトの牝馬で、前者はカレンブーケドールという名前で登録されている模様。