ミスターメロディ【2018/3/17(土) ファルコンS・GⅢ勝ち馬】

3歳 別定 中京芝1400m
1着賞金3800万円

 1着:ミスターメロディ(牡3・父Scat Daddy・米国産)
 2着:アサクサゲンキ(牡3・父Stormy Atlantic・米国産)
 3着:フロンティア(牡3・父ダイワメジャー・社台C白老ファーム生産)
 勝ちタイム:1.22.1(良)
 着差:1 1/4、クビ
 LAP:12.4-11.1-11.4-11.7-11.8-11.7-12.0

スポンサーリンク

ミスターメロディのプロフィール:重賞初勝利

3歳牡(2015年生)
父:Scat Daddy
母:Trusty Lady
母父:Deputy Minister
生産牧場:米国産
厩舎:(栗)藤原英昭
騎手:福永祐一
米国OBS Spring 2歳トレーニングセール:落札額40万$

父:Scat Daddy

Scat Daddyは2004年生まれの米国産馬。父は日本で供用されているヨハネスブルグ、母Love Style、母の父Mr. Prospectorで、Mr. Prospector 4×2のインブリードをもつ。フロリダダービー・GⅠ(米ダ9f)など重賞を4勝。産駒成績は目覚ましく、欧米の芝短~中距離戦で大活躍しているが、Scat Daddyは既に2015年に11歳の若さで早逝しており、現2歳世代がラストクロップ。Blood Horse誌による2017年北米サイアーランキング第6位、芝部門では第2位。

偶然だが、Scat Daddyについては詳細を昨日まとめたばかりなので、ご興味ある方はこちらも参照いただきたい。現在世界的に最も重要な血脈の一つと言え、ミスターメロディには後継種牡馬としての期待もかかるところ。

注目の海外種牡馬④ Scat Daddy(スキャットダディ)
注目の海外種牡馬④ Scat Daddy(スキャットダディ)
これまで本稿では、現在最も勢いのある海外種牡馬として、Galileo(ガリレオ)、Medaglia d'Oro(メダグリアドーロ)、War Front(ウォーフロント)を紹介してきた。第4回となる今回は、Scat Daddy(スキャットダディ)...

母の父:Deputy Minister

Deputy Ministerは1979年生まれのカナダ産馬で、父Vice Regent、祖父Northern Dancer。Awesome Again他、多数の活躍馬を送り出し、直仔のフレンチデピュティ(クロフネ、レジネッタらを輩出)、デヒアも日本に導入されている。母の父としても傑出した実績を残しており、米国ではCurlin、日本ではカネヒキリが代表例となっている。