ブラストワンピース【2018/3/24(土) 毎日杯・GⅢ勝ち馬】

3歳 別定 阪神芝1800m・外
1着賞金3800万円

 1着:ブラストワンピース(牡3・父ハービンジャー・ノーザンファーム生産)
 2着:ギベオン(牡3・父ディープインパクト・社台ファーム生産)
 3着:インディチャンプ(牡3・父ステイゴールド・ノーザンファーム生産)
 勝ちタイム:1.46.5(良)
 着差:2、クビ
 LAP:12.9-11.6-11.5-12.0-12.3-12.1-11.5-11.1-11.5

スポンサーリンク

ブラストワンピースのプロフィール:重賞初勝利

3歳牡(2015年生)
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(美)大竹正博
騎手:池添謙一
シルクホースクラブ募集額2000万円

父:ハービンジャー

ハービンジャーは2006年生まれ。父Dansili、祖父デインヒル、曾祖父Danzigと連なるサイアーライン。現役時はキングジョージ&QES・GⅠなど重賞5勝。ブラストワンピースが6頭目の重賞勝馬(他の5頭は下記)で、この3歳世代(供用4年目)では初の重賞勝ち。2018年の重賞、1勝目。

  • ディアドラ:秋華賞・GⅠなど重賞2勝
  • ペルシアンナイト:マイルChS・GⅠなど重賞2勝
  • モズカッチャン:エリザベス女王杯など重賞2勝
  • プロフェット:京成杯・GⅢ
  • ドレッドノータス:京都2歳S・GⅢ

母父:キングカメハメハ

キングカメハメハは母父としてモズカッチャン、デニムアンドルビー、ワグネリアンなどを輩出。ブルードメアサイアーとしての勝ち上がり率の高さは、先日こちらでもご紹介したばかり。

勝ち上がり頭数データ・現3歳【2018/3/20更新】
今週も週末開催(3/17、3/18)の勝ち上がり状況を、種牡馬別、BMS別、生産者別にまとめている。 ブルードメアサイアーとして3頭勝ち上がりのキングカメハメハについて少し触れると、ここまでJRAで母父にキングカメハをもつ3歳馬は101頭が出走し33頭が勝ち上がりとなっている。この現時点での勝馬率、33%はStorm Catなどの横文字の海外供用馬を除くと、トップクラスの数値となっている。因みに母父ディープインパクトの勝ち上がり率は21%と平均的なもので、エルコンドルパサー、ゴールドアリュール、ロージズインメイなど、どちらかというとパワーに秀でたタイプの種牡馬が高い数値を示している。

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームはこれが2018年の重賞13勝目。先週のレインボーライン、ステルヴィオに続く勝利となった。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする