カツジ【2018/4/7(土) ニュージーランドT・GⅡ勝ち馬】

3歳 別定 中山芝1600m
1着賞金5400万円

 1着:カツジ(牡3・父ディープインパクト・岡田スタツド生産)
 2着:ケイアイノーテック(牡3・父ディープインパクト・隆栄牧場生産)
 3着:デルタバローズ(牡3・父Into Mischief・米国産)
 勝ちタイム:1.34.2(良)
 着差:頭、3/4
 LAP:12.5-11.1-11.6-11.9-12.0-12.1-11.6-11.4

スポンサーリンク

カツジのプロフィール:重賞初勝利

3歳牡(2015年生)
父:ディープインパクト
母:メリッサ ※2010北九州記念(小倉芝1200)・GⅢ勝馬
母父:ホワイトマズル
生産牧場:岡田スタツド
厩舎:(栗)池添兼雄
騎手:松山弘平

(主な戦績)
2017デイリー杯2歳S・GⅡ(京都芝1600m)2着

父:ディープインパクト

ディープインパクト産駒の2018年の重賞勝ちは6勝目。カツジ以外の5勝は下記の通りで、川崎のエンプレス杯を除くと、全て中山競馬場でのものとなっているが、過去の産駒成績からは東京・京都・阪神を得意とする傾向が明瞭で、特段の意義は見出しづらいところ。

  • プリモシーン フェアリーS・GⅢ(中山芝1600)
  • ダノンプレミアム 弥生賞・GⅡ(中山芝2000)
  • カワキタエンカ 中山牝馬S・GⅢ(中山芝1800)
  • カンタービレ フラワーC・GⅢ(中山芝1800)
  • アンジュデジール エンプレス杯・JPNⅡ(川崎ダ2100)

母父:ホワイトマズル

ホワイトマズルは母父として、先日のマーチS・GⅢ(中山ダ1800)勝ちのセンチュリオンに続き、今年2つ目の重賞勝ち。他に、プラチナムバレット、スマートレイアー、アスカリーブル、トーセンベニザクラ、ディラクエなどを輩出している。

生産:岡田スタッド

岡田スタッドは佐賀記念・JPNⅢを勝ったルールソヴァールに続き、今年2つ目の重賞勝ち。近年の生産馬には、ダート重賞19勝を挙げたスマートファルコンをはじめ、サウンドトゥルー、スマートレイアー、プラチナムバレット、カラダレジェンド、リッカルド、ローズジュレップなどがいる。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする