ゴールドドリーム【2018/5/2(水) かしわ記念・JPNⅠ勝ち馬】

4歳以上 定量 船橋ダ1600m
1着賞金6000万円

 1着:ゴールドドリーム/JRA(牡5・父ゴールドアリュール・ノーザンファーム生産)
 2着:オールブラッシュ/JRA(牡6・父ウォーエンブレム・社台C白老ファーム生産)
 3着:インカンテーション/JRA(牡8・父シニスターミニスター・谷川牧場生産)
 勝ちタイム:1.39.2(良)
 着差:1、アタマ
 LAP: 12.5-11.8-12.3-12.7-12.4-12.0-12.6-12.9

スポンサーリンク

ゴールドドリームのプロフィール:重賞4勝目

5歳牡(2013年生)
父:ゴールドアリュール
母:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(栗)平田修
騎手:ルメール

(主な戦績)
1着:2017チャンピオンS・GⅠ(中京ダ1800)
1着:2017フェブラリーS・GⅠ(東京ダ1600)
1着:2016ユニコーンS・GⅢ(東京ダ1600)

父:ゴールドアリュール

ゴールドアリュールは、先月の東京スプリント・JPNⅢを勝ったグレイスフルリープに続き、2018年の重賞2勝目。

かしわ記念とは相性がよく、ゴールドアリュールの代表産駒であるコパノリッキーが2014年、2016年、2017年と3度の優勝、エスポワールシチーが2009年、2010年、2012年とこちらも3度の優勝を達成したレース。今年を含め過去10年でゴールドアリュール産駒が7度の優勝を遂げていることになる。ちなみに残りの3度は、2011年フリオーソ(父ブライアンズタイム)、2013年ホッコータルマエ(父キングカメハメハ)、2015年ワンダーアキュート(父カリズマティック)。

母父:フレンチデピュティ

母父フレンチデピュティは、先週末の天皇賞・春を阪神大賞典からの連勝で制したレインボーライン(父ステイゴールド)、マリーンC・エンプレス杯と交流重賞2勝のアンジュデジール(父ディープインパクト)を含め3頭で2018年の重賞5勝目となる。この5勝という数字はサンデーサイレンス(4勝)を上回り単独トップ。

生産:ノーザンファーム

2018年の重賞18勝目。