ステイフーリッシュ【2018/5/5(土) 京都新聞杯・GⅡ勝ち馬】

3歳 別定 京都芝2200m
1着賞金5400万円

 1着:ステイフーリッシュ(牡3・父ステイゴールド・社台ファーム生産)
 2着:アドマイヤアルバ(牡3・父ハーツクライ・ノーザンファーム生産)
 3着:シャルドネゴールド(牡3・父ステイゴールド・パカパカファーム生産)
 勝ちタイム:2.11.0(良)
 着差:1 3/4、ハナ
 LAP:12.5-10.5-11.7-11.7-12.1-13.2-12.6-12.1-11.3-11.4-11.9

スポンサーリンク

ステイフーリッシュのプロフィール:重賞初勝利

3歳牡(2015年生)
父:ステイゴールド
母:カウアイレーン
母父:キングカメハメハ
生産牧場:社台ファーム
厩舎:(栗)矢作芳人
騎手:藤岡佑介
社台レースホース募集額5000万円

父:ステイゴールド

先週の天皇賞・春を制したレインボーラインに続き、ステイゴールド産駒はこれで2018年の重賞5勝目。

  • パフォーマプロミス:日経新春杯・GⅡ
  • ウインブライト:中山記念・GⅡ
  • レインボーライン:阪神大賞典・GⅡ、天皇賞(春)・GⅠ
  • ステイフーリッシュ:京都新聞杯・GⅡ
2018:種牡馬別重賞勝ち数

ディープインパクト 9
ハーツクライ 5
ステイゴールド 5
キングカメハメハ 3
アドマイヤムーン 3
ロードカナロア 3
ハービンジャー 2
オルフェーヴル 2
ルーラーシップ 2
トワイニング 2
ダイワメジャー 2
ゴールドアリュール 2

母父:キングカメハメハ

母父キングカメハメハは、毎日杯・GⅢを勝ったブラストワンピースに続き、2018年の重賞2勝目となる。まだ母父としての産駒数は多くない中で通算8頭目の重賞勝ち馬で、ブルードメアサイアーとしての優秀性もかなりのものがありそうだ。

2018:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

フレンチデピュティ 5
サンデーサイレンス 4
シンボリクリスエス 3
ブライアンズタイム 2
フォーティナイナー 2
Mark of Esteem 2
Unbridled’s Song 2
フジキセキ 2
アグネスタキオン 2
Deputy Minister 2
ホワイトマズル 2
ファルブラヴ 2
キングカメハメハ 2

生産:社台ファーム

社台ファームは2018年の重賞5勝目(内訳は、ノンコノユメの根岸S・フェブラリーS、リバティハイツのフィリーズレビュー、キンショーユキヒメの福島牝馬S、そして本日の京都新聞杯)。

2018:生産者別重賞勝ち数

ノーザンファーム 18
社台ファーム 5
ダーレー・ジャパン・ファーム 3
三城牧場 2
岡田スタッド 2
辻牧場 2
フジワラフアーム 2
社台コーポレーション白老ファーム 2

関連コンテンツ

シェアする

フォローする