ムーンクエイク【2018/5/12(土) 京王杯スプリングカップ・GⅡ勝ち馬】

4歳上 別定 東京芝1400m
1着賞金5900万円

 1着:ムーンクエイク(セ5・父アドマイヤムーン・ノーザンファーム生産)
 2着:キャンベルジュニア(牡6・父Encosta De Lago・豪国産)
 3着:サトノアレス(牡4・父ディープインパクト・社台ファーム生産)
 勝ちタイム:1.19.5R(良)
 着差:頭、ハナ
 LAP:12.3-10.9-11.0-11.2-11.2-11.2-11.7

スポンサーリンク

ムーンクエイクのプロフィール:重賞初勝利

5歳セ(2013年生)
父:アドマイヤムーン
母:リッチダンサー
母父:Halling
半姉に2016愛知杯・GⅢなど重賞3勝のバウンスシャッセ(父ゼンノロブロイ)
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(美)藤沢和雄
騎手:ルメール
キャロットクラブ募集額4000万円

父:アドマイヤムーン

アドマイヤムーン産駒はこれで2018年の重賞4勝目と好調。4勝いずれも芝の短距離~マイル。

  • ブラックムーン:京都金杯・GⅢ(京都芝1600)
  • ファインニードル:高松宮記念・GⅠ(中京芝1200)、シルクロードS・GⅢ(京都芝1200)
  • ムーンクエイク:京王杯スプリングカップ・GⅡ(東京芝1400)
2018:種牡馬別重賞勝ち数

ディープインパクト 9 
ハーツクライ 5 
ステイゴールド 5 
キングカメハメハ 4 
アドマイヤムーン 4 
ロードカナロア 3 
ハービンジャー 2 
オルフェーヴル 2 
ルーラーシップ 2 
トワイニング 2 
ダイワメジャー 2 
ゴールドアリュール 2

母父:Halling

Hallingは1991年生まれの米国産馬で、英インターナショナルS、仏イスパーン賞など10ハロン前後の欧州芝GⅠ競走を5勝。Diesis→Sharpen Up→エタンを経てNative Dancerに遡る父系で、日本では馴染みの薄い系統。

これまでJRAで走ったHalling産駒は9頭、内4頭が勝ち上がっており、持ち込み馬のファイトクラブが芝の中距離戦線で5勝を挙げている。母父Hallingの産駒はこれまでJRAで43頭が出走しているが、ムーンクエイクの兄姉である、バウンスシャッセ(前述)、フロアクラフト(スイートピーS2着)、ホーカーテンペスト以外には特段の活躍馬は見当たらない。

2018:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

フレンチデピュティ 5 
サンデーサイレンス 5 
シンボリクリスエス 3 
ブライアンズタイム 2 
フォーティナイナー 2 
Mark of Esteem 2 
Unbridled’s Song 2 
フジキセキ 2 
アグネスタキオン 2 
Deputy Minister 2 
ホワイトマズル 2 
ファルブラヴ 2 
キングカメハメハ 2

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2018年の重賞19勝目。

2018:生産者別重賞勝ち数

ノーザンファーム 19 
社台ファーム 5 
ダーレー・ジャパン・ファーム 3
辻牧場 3

三城牧場 2 
岡田スタッド 2  
フジワラフアーム 2 
社台コーポレーション白老ファーム 2