アーモンドアイ【2018/5/20(日) 優駿牝馬・GⅠ勝ち馬】

3歳・牝 定量 東京芝2400m
1着賞金11000万円

 1着:アーモンドアイ(牝3・父ロードカナロア・ノーザンファーム生産)
 2着:リリーノーブル(牝3・父ルーラーシップ・ノーザンファーム生産)
 3着:ラッキーライラック(牝3・父オルフェーヴル・ノーザンファーム生産)
 勝ちタイム:2.23.8(良)
 着差:2、1 3/4
 LAP:12.6-11.1-12.0-11.9-12.0-12.2-12.4-12.3-12.4-12.2-11.1-11.6

スポンサーリンク

アーモンドアイのプロフィール:重賞3勝目

3歳牝(2015年生)
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ ※2006エリザベス女王杯など重賞2勝
母父:サンデーサイレンス
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(美)国枝栄
騎手:ルメール
シルクレーシング募集額3000万円

(主な戦績)
1着:2018優駿牝馬・GⅠ(東京芝2400m)
1着:2018桜花賞・GⅠ(阪神芝1600m)
1着:2018シンザン記念・GⅢ(京都芝1600m)

父:ロードカナロア

ロードカナロアは2008年生まれ。安田記念、スプリンターズS、香港スプリントなどGⅠ6勝。キングカメハメハ(父Kingmambo、祖父Mr. Prospector)の代表産駒の一頭で、社台スタリオンにて今年は800万円の種付料で供用されている。

①社台SS
2018社台SS供用種牡馬 種牡馬 生年 父 2018 fee(万円) 2017 2017種付頭数 ディー...

産駒の2018年の重賞勝ちは、アーモンドアイの3勝とステルヴィオのスプリングSの計4勝。現3歳世代、初年度産駒だけでの数字で、実質的にはトップクラスの成績。

2018:種牡馬別重賞勝ち数

ディープインパクト 11 
ハーツクライ 5 
ステイゴールド 5 
キングカメハメハ 4 
アドマイヤムーン 4 
ロードカナロア 4 
ハービンジャー 2 
オルフェーヴル 2 
ルーラーシップ 2 
トワイニング 2 
ダイワメジャー 2 
ゴールドアリュール 2
シンボリクリスエス 2

母父:サンデーサイレンス

母父サンデーサイレンスの2018年の重賞勝ち数は、アーモンドアイの3勝と、ダンビュライト(父ルーラーシップ)のAJCC、キンショーユキヒメ(父メイショウサムソン)の福島牝馬S、スズカデヴィアス(父キングカメハメハ)の新潟大賞典、の計6勝で、単独首位の数字。

2018:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

サンデーサイレンス 6 
フレンチデピュティ 5 
シンボリクリスエス 3 
ブライアンズタイム 2 
フォーティナイナー 2 
Mark of Esteem 2 
Unbridled’s Song 2 
フジキセキ 2 
アグネスタキオン 2 
Deputy Minister 2 
ホワイトマズル 2 
ファルブラヴ 2 
キングカメハメハ 2
スペシャルウィーク 2

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2018年の重賞20勝目。

優駿牝馬は過去10年で5勝していたレース。2016年のシンハライト以来、2年ぶりの勝利となった。

2018:生産者別重賞勝ち数

ノーザンファーム 20 
社台ファーム 5 
ダーレー・ジャパン・ファーム 3
社台コーポレーション白老ファーム 3
辻牧場 3 

三城牧場 2 
岡田スタッド 2  
フジワラフアーム 2
富田牧場 2 

関連コンテンツ

シェアする

フォローする