ハービンマオ【2018/6/13(水) 関東オークス・JPNⅡ勝ち馬】

3歳・牝 定量 川崎ダ2100m
1着賞金3200万円

1着:ハービンマオ/JRA(牝3・父ハービンジャー・登別上水牧場生産)
2着:ゴールドパテック/川崎(牝3・父ゴールドアリュール・宝寄山忠則生産)
3着:クレイジーアクセル/川崎(牝3・父ロージズインメイ・川上牧場生産)
勝ちタイム:2.17.6(稍)
着差:3/4、4
LAP: 6.8-10.8-12.2-13.6-12.2-13.4-14.9-12.3-13.8-14.4-13.2

スポンサーリンク

ハービンマオのプロフィール:重賞初勝利

3歳牝(2015年生)
父:ハービンジャー
母:ダンシングマオ
母父:ゴールドアリュール
生産:登別上水牧場
厩舎:(美)中舘英二
騎手:松岡正海

父:ハービンジャー

ハービンジャーは2006年生まれの英国産馬。キングジョージⅥ&QES・GⅠなど重賞5勝、通算9戦6勝。父Dansiliはデインヒル産駒の良血馬で、凱旋門賞馬Rail Linkなどを輩出。Danzig系。今年の種付料は350万円(社台SS)。

2018年の重賞は毎日杯・GⅢを制したブラストワンピース、ダービー卿CT・GⅢ優勝のヒーズインラブに続き、3勝目。

初年度産駒が現6歳世代で、これまで8頭の重賞勝ち馬が出ているが、ダート重賞は初勝利。

2018:種牡馬別重賞勝ち数(国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲ・JRA新設重賞が対象)

ディープインパクト 14
ハーツクライ 5 
ステイゴールド 5 
キングカメハメハ 4 
アドマイヤムーン 4 
ロードカナロア 4 
ハービンジャー 3 
オルフェーヴル 2 
ルーラーシップ 2 
トワイニング 2 
ダイワメジャー 2 
ゴールドアリュール 2
シンボリクリスエス 2
キンシャサノキセキ 2

母父:ゴールドアリュール

ゴールドアリュールは1999年生まれ。フェブラリーSなどダートGⅠを4勝、通算16戦8勝。

種牡馬としてスマートファルコン、エスポワールシチー、コパノリッキー、ゴールドドリームらのダートチャンピオンを輩出。母父としては、これが重賞競走(G、JPN)初制覇となる。

2018:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

サンデーサイレンス 6 
フレンチデピュティ 5 
シンボリクリスエス 3 
キングカメハメハ 3
ブライアンズタイム 2 

フォーティナイナー 2 
Mark of Esteem 2 
Unbridled’s Song 2 
フジキセキ 2 
アグネスタキオン 2 
Deputy Minister 2 
ホワイトマズル 2 
ファルブラヴ 2 
スペシャルウィーク 2
ジャングルポケット 2

生産:登別上水牧場

登別上水牧場の近年の生産馬には2003年のエンプレス杯など交流重賞2勝のジーナフォンテンがいる。遡ると、1989年の日本ダービー(勝馬ウィナーズサークル)3着のサーペンアップ、1985年の新潟3歳S制覇のダイナエイコーンなどの名前を見つけることができる。

2018:生産者別重賞勝ち数

ノーザンファーム 22
社台ファーム 5 
ダーレー・ジャパン・ファーム 3
社台コーポレーション白老ファーム 3
辻牧場 3 

三城牧場 2 
岡田スタッド 2  
フジワラフアーム 2
富田牧場 2
タニグチ牧場 2