現役獣医師による2018社台グループ募集馬評価:脚向編

2018社台グループ募集各馬の総合評価についてはすでにお届けしているが、各馬の「脚向」について、以下、現役獣医師が「注意が必要」と判断した馬のリストを掲載している。

DVDのみから判断していること、実際には脚向の難点を克服するなどして活躍する馬も存在すること、を付記させていただく。募集馬のリスクを理解する上での参考情報として参照をお願いしたい。

スポンサーリンク

社台グループ募集馬評価:脚向編

※脚向きに注意が必要と判断した馬のリスト

(社台RH募集馬)

34 ファイブスターの17
39 トリノレージョの17
52 タッチザピークの17
66 ロイヤルマリーの17
68 ミルフィオリの17
69 ゴールデンロッドの17
71 キラリダイヤモンドの17
78 エヴィータアルゼンティーナの17
79 プレミアステップスの17

(サンデーR募集馬)

123 リビアーモの17
128 アイスフォーリスの17

(G1レーシング募集馬)

3 アドアードの17
36 フィーリングトーンの17
48 フォーシンズの17

(社台グループオーナーズ募集馬)

206 アロングザシーの17
215 ユアメモリーの17
216 フレジェールの17
217 イオスの17
236 インクレセントの17

310 クラーベセクレタの17
311 ペチカの17
313 マリアヴァレリアの17
320 パラダイスイズヒアの17
321 ダイワベスパーの17
323 ティエッチマンボの17