グランアレグリア【2018/10/6(土) サウジアラビアRC・GⅢ勝ち馬】

2歳 別定 東京芝1600m
1着賞金3300万円

1着:グランアレグリア(牝2・父ディープインパクト・ノーザンファーム生産)
2着:ドゴール(牡2・父サクラプレジデント・豊洋牧場生産)
3着:アマーティ (牝2・父ルーラーシップ・ノーザンファーム生産)
勝ちタイム:1.34.0(良
着差:3 1/2、1
決まり手:1着二位楽、2着直中鋭
LAP:13.1-11.8-11.9-11.5-11.6-11.3-11.1-11.7

スポンサーリンク

グランアレグリアのプロフィール:重賞初勝利

2歳牝(2016年生)
父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母父:Tapit
母母:Flying Marlin
生産:ノーザンファーム
厩舎:(美)藤沢和雄
騎手:ルメール
サンデーサラブレッドクラブ募集額 7000万円

父:ディープインパクト

ディープインパクトは2018年の重賞23勝目。

グランアレグリア 牝 2 サウジアラビアRC 東京 芝1600
ワグネリアン 牡 3 神戸新聞杯 阪神 芝2400
カンタービレ 牝 3 ローズS 阪神 芝1800
ミッキーグローリー 牡 5 京成杯AH 中山 芝1600
サングレーザー 牡 4 札幌記念 札幌 芝2000
アレスバローズ 牡 6 北九州記念H 小倉 芝1200
プリモシーン 牝 3 関屋記念 新潟 芝1600
グレーターロンドン 牡 6 中京記念H 中京 芝1600
アレスバローズ 牡 6 CBC賞H 中京 芝1200
サトノアーサー 牡 4 エプソムC 東京 芝1800
アンドリエッテ 牝 6 マーメイドH 阪神 芝2000
ワグネリアン 牡 3 東京優駿 東京 芝2400
ジュールポレール 牝 5 ヴィクトリアM 東京 芝1600
ケイアイノーテック 牡 3 NHKマイルC 東京 芝1600
サトノワルキューレ 牝 3 フローラS 東京 芝2000
サングレーザー 牡 4 マイラーズC 京都 芝1600
カツジ 牡 3 ニュージーT 中山 芝1600
カンタービレ 牝 3 フラワーC 中山 芝1800
カワキタエンカ 牝 4 中山牝馬H 中山 芝1800
ダノンプレミアム 牡 3 弥生賞 中山 芝2000
プリモシーン 牝 3 フェアリーS 中山 芝1600
アンジュデジール 牝 4 マリーンC 船橋 ダ1600
アンジュデジール 牝 4 エンプレス杯 川崎 ダ2100

2018:種牡馬別重賞勝ち数(国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲ・JRA新設重賞が対象)

ディープインパクト 23 (17頭)
ハービンジャー 7 (6頭)
アドマイヤムーン 7 (4頭)
キングカメハメハ 6 (6頭)

ロードカナロア 6 (4頭)

ステイゴールド 5 (4頭)
ハーツクライ 5 (4頭)
シンボリクリスエス 5 (3頭)

ゴールドアリュール 3 (2頭)
ゼンノロブロイ 3 (2頭)
ダイワメジャー 3 (2頭)
アドマイヤマックス 3 (1頭)

オルフェーヴル 2 (2頭)
カネヒキリ 2 (2頭)
キングヘイロー 2 (2頭)
クロフネ 2 (2頭)

ルーラーシップ 2 (2頭)
Speightstown 2 (2頭)
キンシャサノキセキ 2 (1頭)
スクリーンヒーロー 2 (1頭)

タートルボウル 2 (1頭)
トワイニング 2 (1頭)

母:タピッツフライ

タピッツフライは米国産。ジャストアゲイムS他、米国芝のマイルGⅠを2勝、通算24戦7勝の一流馬。ブラックタイプは地味で、近親に目立つ活躍馬は見当たらない。

グランアレグリアは2番仔。全兄の初仔は未出走。全弟の3番仔(現1歳)はサンデーサラブレッドクラブで1億5000万円の高額で募集された。

母父:Tapit

Tapitは2001年生まれの米国産。Tapit→Pulpit→A.P. Indy→三冠馬Seattle Slewの系統。通算成績6戦3勝で、ウッドメモリアルS・GⅠ(ダート9F)の勝ち馬。種牡馬入り後、2014年から2016年にかけて北米サイアーランキング首位を維持した。種付料は当初15,000$でスタートしたが、現在は300,000US$で北米トップ。後継種牡馬として、2016年のベルモントS勝馬クリエイターⅡが日本に導入されている。

日本ではテスタマッタ(フェブラリーSなど重賞4勝)、タールタン(根岸S2着)、ラニ(UAEダービー)、ラビットラン(ローズSなど重賞2勝)らが活躍。

母父としての活躍はこれまでのところ目立たないものだが、世代的にまだこれからといえる。

2018:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

サンデーサイレンス 8  (6頭)
フレンチデピュティ 6 (3頭)
キングカメハメハ 5 (3頭)
シンボリクリスエス 4 (3頭)
Mark of Esteem 4 (1頭)

クロフネ 3 (3頭)
ホワイトマズル 3 (3頭)

アグネスタキオン 3  (2頭)

スペシャルウィーク 3 (2頭)
ダンスインザダーク 3 (2頭)
Deputy Minister 3 (2頭)
サクラローレル 3 (1頭)
クロフネ 2 (2頭)
ゴールドアリュール 2 (2頭)
ファルブラヴ 2 (2頭)
フォーティナイナー 2 (2頭)
フジキセキ 2 (2頭)
ブライアンズタイム 2 (2頭)
More than Ready 2 (2頭)
サクラバクシンオー 2 (1頭)

ジャングルポケット 2 (1頭)
トニービン 2 (1頭)
ネオユニヴァース 2 (1頭)
ロックオブジブラルタル 2 (1頭)
Fastnet Rock 2 (1頭)
Galileo 2 (1頭)
Unbridled’s Song 2 (1頭)

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2018年の重賞34勝目。2位の社台ファーム8勝とは、クアドラプル・スコア(4倍)以上の差となっている。

グランアレグリア 牝 2 サウジアラビアRC 東京 芝1600
レイデオロ 牡 4 オールカマー 中山 芝2200
ワグネリアン 牡 3 神戸新聞杯 阪神 芝2400
ノームコア 牝 3 紫苑S 中山 芝2000
ブラストワンピース 牡 3 新潟記念H 新潟 芝2000
ケイデンスコール 牡 2 新潟2歳S 新潟 芝1600
プリモシーン 牝 3 関屋記念 新潟 芝1600
ディアドラ 牝 4 クイーンS 札幌 芝1800
メドウラーク 牡 7 七夕賞H 福島 芝2000
ミッキーロケット 牡 5 宝塚記念 阪神 芝2200
サトノアーサー 牡 4 エプソムC 東京 芝1800
ワグネリアン 牡 3 東京優駿 東京 芝2400
アーモンドアイ 牝 3 優駿牝馬 東京 芝2400
ムーンクエイク セ 5 京王杯SC 東京 芝1400
レインボーライン 牡 5 天皇賞春 京都 芝3200
アーモンドアイ 牝 3 桜花賞 阪神 芝1600
スワーヴリチャード 牡 4 大阪杯 阪神 芝2000
ヒーズインラブ 牡 5 ダービー卿H 中山 芝1600
ブラストワンピース 牡 3 毎日杯 阪神 芝1800
ステルヴィオ 牡 3 スプリングS 中山 芝1800
レインボーライン 牡 5 阪神大賞典 阪神 芝3000
スワーヴリチャード 牡 4 金鯱賞 中京 芝2000
ラッキーライラック 牝 3 チューリップ賞 阪神 芝1600
フェイムゲーム セ 8 ダイヤモンドH 東京 芝3400
テトラドラクマ 牝 3 クイーンC 東京 芝1600
オウケンムーン 牡 3 共同通信杯 東京 芝1800
リスグラシュー 牝 4 東京新聞杯 東京 芝1600
ダンビュライト 牡 4 AJCC 中山 芝2200
パフォーマプロミス 牡 6 日経新春杯H 京都 芝2400
アーモンドアイ 牝 3 シンザン記念 京都 芝1600
プリモシーン 牝 3 フェアリーS 中山 芝1600
オウケンビリーヴ 牝 5 クラスターC 盛岡 ダ1200
ゴールドドリーム 牡 5 帝王賞 大井 ダ2000
ゴールドドリーム 牡 5 かしわ記念 船橋 ダ1600

2018:生産者別重賞勝ち数

ノーザンファーム 34(26頭)
社台ファーム 8 (7頭)
社台コーポレーション白老ファーム 5 (4頭)

ダーレー・ジャパン・ファーム 5 (2頭)
岡田スタッド 3 (3頭)

辻牧場 3 (2頭)
岡野牧場 3 (1頭)
下河辺牧場 2 (2頭)
タバタファーム 2 (2頭)
フジワラファーム 2 (2頭)

追分ファーム 2 (1頭)
三城牧場 2 (1頭)
新生ファーム 2 (1頭)
タニグチファーム 2 (1頭)
富田牧場 2 (1頭)
服部牧場 2 (1頭)
三嶋牧場 2 (1頭)
ヤナガワ牧場 2 (1頭)