フィエールマン【2018/10/21 菊花賞・GⅠ勝ち馬プロフィール】

3歳 馬齢 京都芝3000m
1着賞金12000万円

1着:フィエールマン牡3|父ディープインパクト|ノーザンファーム生産)
2着:エタリオウ(牡3|父ステイゴールド|ノーザンファーム生産)
3着:ユーキャンスマイル(牡3|父キングカメハメハ|ノーザンファーム生産)
勝ちタイム:3.06.1(良)
着差:ハナ、1 1/2
決まり手:1着直競勝 2着漸進伸
ペース:S
LAP:12.8-11.9-12.5-12.9-12.6-12.4-13.3-13.0-12.8-12.7-12.8-12.2-12.2-10.7-11.3
4F 46.4 3F 34.2

スポンサーリンク

フィエールマンのプロフィール:重賞初勝利

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo (by Hail to Reason)
Wishing Well (Understanding)
ウインドインハーヘア Alzao (Lyphard)
Burghclere (Busted)
リュヌドール FR Green Tune Green Dancer (Nijinsky)
Soundings (Mr. Prospector)
Luth D’Or Noir Et Or (ラインゴールド)
Viole d’Amour (Luthier)

3歳牡(2015年生)
父:ディープインパクト
母:リュヌドール
母父:Green Tune
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(美)手塚貴久
騎手:ルメール
サンデーサラブレッドクラブ募集額 1億円

父:ディープインパクト

ディープインパクトは2018年の重賞25勝目。菊花賞はサトノダイヤモンド以来、2年ぶりの勝利となる。

フィエールマン 牡 3 菊花賞 京都 芝3000
サトノダイヤモンド 牡 5 京都大賞典 京都 芝2400
グランアレグリア 牝 2 サウジアラビアRC 東京 芝1600
ワグネリアン 牡 3 神戸新聞杯 阪神 芝2400
カンタービレ 牝 3 ローズS 阪神 芝1800
ミッキーグローリー 牡 5 京成杯AH 中山 芝1600
サングレーザー 牡 4 札幌記念 札幌 芝2000
アレスバローズ 牡 6 北九州記念H 小倉 芝1200
プリモシーン 牝 3 関屋記念 新潟 芝1600
グレーターロンドン 牡 6 中京記念H 中京 芝1600
アレスバローズ 牡 6 CBC賞H 中京 芝1200
サトノアーサー 牡 4 エプソムC 東京 芝1800
アンドリエッテ 牝 6 マーメイドH 阪神 芝2000
ワグネリアン 牡 3 東京優駿 東京 芝2400
ジュールポレール 牝 5 ヴィクトリアM 東京 芝1600
ケイアイノーテック 牡 3 NHKマイルC 東京 芝1600
サトノワルキューレ 牝 3 フローラS 東京 芝2000
サングレーザー 牡 4 マイラーズC 京都 芝1600
カツジ 牡 3 ニュージーT 中山 芝1600
カンタービレ 牝 3 フラワーC 中山 芝1800
カワキタエンカ 牝 4 中山牝馬H 中山 芝1800
ダノンプレミアム 牡 3 弥生賞 中山 芝2000
プリモシーン 牝 3 フェアリーS 中山 芝1600
アンジュデジール 牝 4 マリーンC 船橋 ダ1600
アンジュデジール 牝 4 エンプレス杯 川崎 ダ2100

2018:種牡馬別重賞勝ち数(国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲ・JRA新設重賞が対象)

ディープインパクト 25 (19頭)
ハービンジャー 8 (6頭)
アドマイヤムーン 7 (4頭)
ロードカナロア 7 (4頭)
キングカメハメハ 6 (6頭)
ハーツクライ 6 (5頭)
シンボリクリスエス 6 (3頭)

ステイゴールド 5 (4頭)
キングヘイロー 3 (3頭)
クロフネ 3 (3頭)

ゴールドアリュール 3 (2頭)
ゼンノロブロイ 3 (2頭)
ダイワメジャー 3 (2頭)
アドマイヤマックス 3 (1頭)

オルフェーヴル 2 (2頭)
カネヒキリ 2 (2頭)
サウスヴィグラス 2 (2頭)

ルーラーシップ 2 (2頭)
Speightstown 2 (2頭)
キンシャサノキセキ 2 (1頭)
スクリーンヒーロー 2 (1頭)

タートルボウル 2 (1頭)
トワイニング 2 (1頭)

母:リュヌドール

リュヌドールはフランス産。伊GⅠリディアテシオ賞(芝2000)など重賞3勝。通算13戦4勝で、3歳時に参戦したジャパンカップではゼンノロブロイと1.0秒差の7着だった。欧州で繁殖入りした後、2010年に吉田勝己氏が購入(750,000ユーロ)。

フィエールマンの半姉ルヴォワール(現4歳。父ハーツクライ)は3勝現役、半弟のラストヌードル(現2歳。父オルフェーヴル)は先週府中で新馬勝ちを飾っている。現1歳の半妹(父ジャスタウェイ)はサンデーサラブレッドクラブにて3000万円で募集されている。

母父:Green Tune

Green Tuneは1991年米国産。仏・英で走り、フランス2000ギニー、イスパーン賞を制覇。リュヌドール以外の代表産駒に、2012年のブリーダーズカップフィリー&メアターフ優勝のZagoraなど。

母父として、Rosdhu Queen(チヴァリーパークS)、Polydream(モーリスドギース賞)らを輩出している。

2018:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

サンデーサイレンス 9  (6頭)
フレンチデピュティ 6 (3頭)
キングカメハメハ 5 (3頭)
シンボリクリスエス 4 (3頭)
スペシャルウィーク 4 (2頭)
ネオユニヴァース 4 (2頭)
Mark of Esteem 4 (1頭)

クロフネ 3 (3頭)
フジキセキ 3 (3頭)
ホワイトマズル 3 (3頭)

アグネスタキオン 3  (2頭)
サクラバクシンオー 3 (2頭)

ダンスインザダーク 3 (2頭)
Deputy Minister 3 (2頭)
サクラローレル 3 (1頭)
クロフネ 2 (2頭)
ゴールドアリュール 2 (2頭)
ファルブラヴ 2 (2頭)
フォーティナイナー 2 (2頭)
ブライアンズタイム 2 (2頭)
More than Ready 2 (2頭)

ジャングルポケット 2 (1頭)
トニービン 2 (1頭)
ロックオブジブラルタル 2 (1頭)
Fastnet Rock 2 (1頭)
Galileo 2 (1頭)
Unbridled’s Song 2 (1頭)

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2018年の重賞40勝目。サウジアラビアRCのグランアレグリアから芝重賞を7連勝中。菊花賞は一昨年のサトノダイヤモンド以来、2年ぶりの勝利となる。

10/21 フィエールマン 牡 3 菊花賞 京都 芝3000
10/20 ロジクライ 牡 5 富士S 東京 芝1600
10/14 アーモンドアイ 牝 3 秋華賞 京都 芝2000
10/13 ディアドラ 牝 4 府中牝馬S 東京 芝1800
10/8 サトノダイヤモンド 牡 5 京都大賞典 京都 芝2400
10/7 アエロリット 牝 4 毎日王冠 東京 芝1800
10/6 グランアレグリア 牝 2 サウジアラビアRC 東京 芝1600

2018:生産者別重賞勝ち数

ノーザンファーム 40(30頭)
社台ファーム 8 (7頭)
社台コーポレーション白老ファーム 6 (4頭)

ダーレー・ジャパン・ファーム 5 (2頭)
岡田スタッド 3 (3頭)

辻牧場 3 (2頭)
岡野牧場 3 (1頭)
下河辺牧場 2 (2頭)
タバタファーム 2 (2頭)
フジワラファーム 2 (2頭)

追分ファーム 2 (1頭)
三城牧場 2 (1頭)
新生ファーム 2 (1頭)
タニグチファーム 2 (1頭)
富田牧場 2 (1頭)
服部牧場 2 (1頭)
三嶋牧場 2 (1頭)
ヤナガワ牧場 2 (1頭)

菊花賞・GⅠ 歴代勝馬のプロフィール

馬名 種牡馬 母父馬 生産者
フィエールマン ディープインパクト Green Tune ノーザンファーム
キセキ ルーラーシップ ディープインパクト 下河辺牧場
サトノダイヤモンド ディープインパクト Orpen ノーザンファーム
キタサンブラック ブラックタイド サクラバクシンオー ヤナガワ牧場
トーホウジャッカル スペシャルウィーク Unbridled’s Song 竹島幸治
エピファネイア シンボリクリスエス スペシャルウィーク ノーザンファーム
ゴールドシップ ステイゴールド メジロマックイーン 出口牧場
オルフェーヴル ステイゴールド メジロマックイーン 社台コーポレーション白老ファーム
ビッグウィーク バゴ サンデーサイレンス カントリー牧場
スリーロールス ダンスインザダーク ブライアンズタイム 武牧場