ロードクエスト【2018/10/27 スワンS・GⅡ勝ち馬プロフィール】

3歳以上 別定 京都芝1400m・外
1着賞金5900万円

1着:ロードクエスト牡5|父マツリダゴッホ|様似堀牧場生産)
2着:モズアスコット(牡4|父Frankel|米国産)
3着:グァンチャーレ(牡6|父スクリーンヒーロー|中央牧場生産)
勝ちタイム:1.21.5(良)
着差:ハナ、1/2
決まり手:1着後追鋭 2着直外伸
ペース:M
LAP:12.4-11.1-11.2-11.3-11.9-11.5-12.1
4F 46.8 3F 35.5

スポンサーリンク

ロードクエストのプロフィール:重賞3勝目

マツリダゴッホ サンデーサイレンス Halo (by Hail to Reason)
Wishing Well (Understanding)
ペイパーレイン Bel Bolide (Bold Bidder)
Floral Magic (Affirmed)
マツリダワルツ チーフベアハート Chief’s Crown (Danzig)
Amelia Bearhart (Bold Hour)
ユキノワルツ リアルシャダイ (Roberto)
ダイナクレアー (ノーザンテースト)

5歳牡(2013年生)
父:マツリダゴッホ
母:マツリダワルツ
母父:チーフベアハート
生産牧場:様似堀牧場
厩舎:(美)小島茂之
騎手:M・デムーロ
2014サマーセール落札額 626万円
ロードサラブレッドオーナーズ募集額 1080万円

父:マツリダゴッホ

マツリダゴッホは2003年生まれ。サンデーサイレンスが晩年に遺した産駒で、有馬記念など重賞6勝(全て中山コース)、通算成績は27戦10勝。ロードクエストは供用3年目の産駒で、同世代にチャレンジC勝ちのマイネルハニー、初年度産駒にウインマーレライ(ラジオNikkei賞)、2年目の産駒にクールホタルビ(ファンタジーS)などの活躍馬がいる。2018年の重賞は初勝利。

2018:種牡馬別重賞勝ち数(国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲ・JRA新設重賞が対象)

ディープインパクト 25 (19頭)
ハービンジャー 8 (6頭)
アドマイヤムーン 7 (4頭)
ロードカナロア 7 (4頭)
キングカメハメハ 6 (6頭)
ハーツクライ 6 (5頭)
シンボリクリスエス 6 (3頭)

ステイゴールド 5 (4頭)
キングヘイロー 3 (3頭)
クロフネ 3 (3頭)

ゴールドアリュール 3 (2頭)
ゼンノロブロイ 3 (2頭)
ダイワメジャー 3 (2頭)
アドマイヤマックス 3 (1頭)

オルフェーヴル 2 (2頭)
カネヒキリ 2 (2頭)
サウスヴィグラス 2 (2頭)

ルーラーシップ 2 (2頭)
Speightstown 2 (2頭)
キンシャサノキセキ 2 (1頭)
スクリーンヒーロー 2 (1頭)

タートルボウル 2 (1頭)
トワイニング 2 (1頭)

母:マツリダワルツ

マツリダワルツは地方7勝。マツリダワルツの祖母(ロードクエストの3代母)ダイナクレアーの全姉サクラクレアーは、天皇賞・秋のサクラチトセオー、エリザベス女王杯のサクラキャンドルを産んだ偉大な母馬。昨年の札幌記念勝ちのサクラアンプルール(祖母がサクラクレアー)も同族となる。

ロードクエストは3番仔。初仔の全兄マツリダノブは地方4勝、2番仔ビップヘラクレス(父フォーティーナイナーズサン)は中央入着。その後も目立った産駒はなかったが、6番仔の半妹スティルネス(現2歳。父ゴールドヘイロー)は勝ち上がり、今夏の新潟2歳Sで勝ったケイデンスコールとタイム差なしの3着だった。

母父:チーフベアハート

チーフベアハートは1993年カナダ生まれ。ブリーダーズカップターフなどGⅠ3勝の一流馬で、6歳時に参戦したジャパンCでは、優勝馬エルコンドルパサーと0.8秒差の4着だった。日本で種牡馬入りし、産駒マイネルキッツ(天皇賞・春)、マイネルルコルト(朝日杯FS)らが活躍。2012年死亡。

母父としての活躍馬に、交流重賞で活躍のポアゾンブラックらがいるが、目立った成果には至っていない。

2018:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

サンデーサイレンス 9  (6頭)
フレンチデピュティ 6 (3頭)
キングカメハメハ 5 (3頭)
シンボリクリスエス 4 (3頭)
スペシャルウィーク 4 (2頭)
ネオユニヴァース 4 (2頭)
Mark of Esteem 4 (1頭)

クロフネ 3 (3頭)
フジキセキ 3 (3頭)
ホワイトマズル 3 (3頭)

アグネスタキオン 3  (2頭)
サクラバクシンオー 3 (2頭)

ダンスインザダーク 3 (2頭)
Deputy Minister 3 (2頭)
サクラローレル 3 (1頭)
クロフネ 2 (2頭)
ゴールドアリュール 2 (2頭)
ファルブラヴ 2 (2頭)
フォーティナイナー 2 (2頭)
ブライアンズタイム 2 (2頭)
More than Ready 2 (2頭)

ジャングルポケット 2 (1頭)
トニービン 2 (1頭)
ロックオブジブラルタル 2 (1頭)
Fastnet Rock 2 (1頭)
Galileo 2 (1頭)
Unbridled’s Song 2 (1頭)

生産:様似堀牧場

ダービー馬カツトップエースを送り出した、様似堀牧場の近年の生産馬には、前述のロードクエストの半妹スティルネス(新潟2歳S3着)がいる。

2018:生産者別重賞勝ち数

ノーザンファーム 40(30頭)
社台ファーム 8 (7頭)
社台コーポレーション白老ファーム 6 (4頭)

ダーレー・ジャパン・ファーム 5 (2頭)
岡田スタッド 3 (3頭)

辻牧場 3 (2頭)
岡野牧場 3 (1頭)
下河辺牧場 2 (2頭)
タバタファーム 2 (2頭)
フジワラファーム 2 (2頭)

追分ファーム 2 (1頭)
三城牧場 2 (1頭)
新生ファーム 2 (1頭)
タニグチファーム 2 (1頭)
富田牧場 2 (1頭)
服部牧場 2 (1頭)
三嶋牧場 2 (1頭)
ヤナガワ牧場 2 (1頭)