2018ブリーダーズカップ展望【2】ジュヴェナイルフィリーズ、ジュヴェナイルフィリーズターフ、ジュヴェナイルターフスプリント

展望記事の【1】ではジュヴェナイル、ジュヴェナイルターフの有力馬をご紹介したが、本稿ではジュヴェナイルフィリーズ、ジュヴェナイルフィリーズターフ、ジュヴェナイルターフスプリントの3レースの有力馬をご紹介する。

スポンサーリンク

ジュヴェナイルフィリーズ(ダート8.5f)・現地時間11/2(金)16:40発走

英ブックメーカーWilliamHILLの単上位人気
Bellafina:3.25倍
Serengeti Empress:4.50倍
Restless Rider:5.00倍
Jaywalk:6.00倍
Sippican Harbor:7.50倍

Bellafina(ベラフィナ)

父・Quality Road、母・Akron Moon、母父・Malibu Moon
牝2、S.カラハン調教師、F.プラット騎手

・2018年3月のファシグティプトントレーニングセールにて80万ドルで落札された馬。

・4戦3勝。7/4のデビュー戦(ダ5f)で2着と敗れた後に、8/5のG2-ソレントS(ダ6f)で1着→9/1のG1-デルマーデビュータントS(ダ7f)で1着→9/29のG1-シャンデリアS(ダ1m110y)で1着。

・父は2006年米国産。Elusive Quality(その父・Gone West)産駒でG1-ドンH、G1-メトロポリタンHなど重賞7勝。今年の種付料は7万ドル。Quality Roadは今年のブリーダーズカップの各レースに有力馬を送り込んでおり(ディスタフのAbel Tasman、ダートマイルのCity Of Light、ジュヴェナイルフィリーズのBellafina)、結果が非常に注目される。

・母父はA.P. Indy(その父・Seattle Slew)産駒で現役時は2戦1勝。BMSとして輩出した主な産駒は2015年のエクリプス賞最優秀3歳牝馬で、米重賞9勝(G1は6勝)のStellar Wind(父・Curlin)。

Serengeti Empress(セレンゲティエンプレス)

父・Alternation、母・Havisham、母父・Bernardini
牝2、T.アモス調教師、C.ラナリー騎手

・2016年のキーンランドノベンバーセールにて2.5万ドルで落札され、2017年のキーンランドセプテンバーセールにて7万ドルで落札された馬。

・4戦3勝。7/4のデビュー戦(ダ5.5f)で1着→7/20のG3-シュイラービルS(ダ6f)で4着→8/19の3戦目(ダ7f)で1着→9/15のG2-ポカホンタスS(ダ1 1/16m)で1着。馬名のセレンゲティはタンザニアにあるユネスコの世界遺産・セレンゲティ国立公園より。

・父は2008年米国産のDistorted Humor(その父・フォーティナイナー)産駒で米重賞4勝。今年の種付料は6000ドル。本馬以外の主な産駒に今年のG3-スーパーダービーの勝ち馬・Limationがいる。

・母父はA. P. Indy(その父・Seattle Slew)産駒でG1-プリークネスS、G1-トラヴァーズS、G1-ジョッキークラブゴールドカップなど重賞5勝。BMSとして輩出した代表産駒は2日目のBCクラシックの有力馬・Catholic Boy(G1-トラヴァーズS、G1-ベルモント招待Sなど重賞5勝)。

Restless Rider(レストレスライダー)

父・Distorted Humor、母・Silky Serenade、母父・Unbridled’s Song
牝2、K.マクピーク調教師、B.エルナンデスJr騎手

・2017年のキーンランドセプテンバーセールにて15万ドルで落札された馬。

・4戦3勝。6/8のデビュー戦(ダ5.5f)で1着→6/30の2戦目(ダ6f)で1着→9/1のG1-スピナウェイS(ダ7f)で2着→10/5のG1-アルシバイアディーズS(ダ1 1/16m)で1着。

・父は1993年米国産のフォーティナイナー(その父・Mr. Prospector)産駒で米重賞4勝。今年の種付料は5万ドル。これまでの代表産駒はG1-ベルモントS、G1-BCクラシックの勝ち馬・Drosselmeyer、G1-ケンタッキーダービー、G1-プリークネスS、G1-ジョッキークラブゴールドCなど米重賞5勝のFunny Cide、G1-トラヴァーズSなど米重賞4勝のFlower Alleyなど。

・母父はUnbridled(その父・Fappiano)産駒。BMSとして輩出した主な産駒はスワーヴリチャードトーホウジャッカルTourist(G1-BCマイルなど)、Unique Bella(G1-クレメント・LハーシュSなど重賞8勝)。

※ジュヴェナイルフィリーズ過去10年の勝ち馬一覧

2008年・Stardom Bound
2009年・She Be Wild
2010年・Awesome Feather
2011年・My Miss Aurelia
2012年・Beholder
2013年・Ria Antonia
2014年・Take Charge Brandi
2015年・Songbird
2016年・Champagne Room
2017年・Caledonia Road

ジュヴェナイルフィリーズターフ(芝8f)・現地時間11/2(金)16:00発走

英ブックメーカーWilliamHILLの単上位人気
Newspaperofrecord:2.87倍
Just Wonderful:4.33倍
Concrete Rose:9.00倍
La Pelosa:11.00倍
The Mackem Bullet:11.00倍

Newspaperofrecord(ニュースペーパーオブレコード)

父・Lope De Vega、母・Sunday Times、母父・Holy Roman Emperor
牝2、C.ブラウン調教師、I.オーティズJr騎手

・2017年のタタソールズオクトーバーセールにて278,019ドルで落札された馬。

・2戦2勝。8/19のデビュー戦(芝1 1/16m)→9/30のG2-ミスグリオS(芝1 1/16m)と連勝。

・父は2007年愛国産のShamardal(その父・Giant’s Causeway)産駒でG1-仏ダービー、G1-仏2000ギニーの勝ち馬。今年の種付料は6万ユーロ。これまでの主な産駒は豪G1馬のVega MagicSanta Ana Laneや、G1-ロッキンジS、2歳G1-デューハーストSを勝ったBelardoがいる。

・母父は2004年愛国産のデインヒル(その父・Danzig)産駒で2歳G1-フィーニクスS、2歳G1-ジャンリュックラガルデール賞など2歳重賞を3勝。BMSとして輩出した主な産駒はJohannes Vermeer(2歳G1-クリテリウムアンテルナシオナルなど重賞3勝)、Verbal Dexterity(2歳G1-ナショナルS)。

Just Wonderful(ジャストワンダフル)

父・Dansili、母・Wading、母父・Montjeu
牝2、A.オブライエン調教師、R.ムーア騎手

・6戦3勝。9/1のG3-アイリッシュEBFステークス(芝1m)で重賞初制覇→9/16のG1-モイグレアスタッドS(芝7f)で7着→9/28のG2-ロックフェルS(芝7f)で重賞2勝目。

・父は1996年英国産のデインヒル(その父・Danzig)産駒で仏重賞3勝。今年の種付料は6.5万ポンドだが、4月に生殖能力低下のため種牡馬は引退している。輩出した産駒を獲得賞金順に列記すると、FlintshireThe FugueDankの順になるが、この他にも凱旋門賞馬・Rail Linkやキングジョージ6世&クイーンエリザベスSを勝ったハービンジャーなど、多くの活躍馬を輩出している。

・母父はSadler’s Wells(その父・Northern Dancer)産駒でG1-凱旋門賞、G1-キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、G1-仏ダービー、G1-愛ダービーなどG1を6勝し、英愛仏で重賞9勝。BMSとして輩出した主な産駒にCharm Spirit(G1-クイーンエリザベス2世S、G1-ムーランドロンシャン賞など重賞5勝)、Legatissimo(G1-英1000ギニーなど)、Obviously(G1-BCターフスプリントなど重賞9勝)。

・3代母がUrban Sea。祖母の半兄にGalileo、祖母の半弟にSea The Starsがいる名門牝系出身。

※ジュヴェナイルフィリーズターフ過去10年の勝ち馬一覧

2008年・Maram
2009年・Tapitsfly
2010年・More Than Real
2011年・Stephanie’s Kitten
2012年・Flotilla
2013年・Chriselliam
2014年・Lady Eli
2015年・Catch a Glimpse
2016年・New Money Honey
2017年・Rushing Fall

ジュヴェナイルターフスプリント(芝5.5f)・現地時間11/2(金)15:21発走

英ブックメーカーWilliamHILLの単上位人気
Soldiers Call:4.50倍
Sergei Prokofiev:5.00倍
Shang Shang Shang:7.50倍
So Perfect:7.50倍

Soldier’s Call(ソルジャーズコール)

父・Showcasing、母・Dijarvo、母父・Iceman
牡2、A.ワトソン調教師、O.マーフィー騎手

・2017年のタタソールズオクトーバーセールにて117,846ドルにて落札された馬。

・7戦4勝。9/1のG3-アランベール賞(芝5f)で1着→9/14のG2-フライングチルダーズS(芝5f)で1着→10/7のG1-アベイドロンシャン賞(芝5f)に2歳馬ながら挑み、3着と健闘。

・父は2007年英国産。Oasis Dream(その父・Green Desert)産駒でG2-ジムクラックSの勝ち馬。これまでの代表産駒はG1-スプリントC、G1-コモンウェルスCなど英愛仏で重賞6勝のQuiet Reflection今年の種付料は3.5万ポンド

・母父はPolar Falcon(その父・Nureyev )産駒で、2歳G2-コヴェントリーSの勝ち馬。BMSとして輩出したこれまでの最多賞金獲得馬が同馬になる。

Sergei Prokofiev(セルゲイプロコフィエフ)

父・Scat Daddy、母・Orchard Beach、母父・Tapit
牡2、A.オブライエン調教師、R.ムーア騎手

・2017年のキーンランドセプテンバーセールにてクールモアに110万ドルにて落札された馬。

・7戦3勝。前走10/12のG3-コーンウォリスS(芝5f)で最後方から差し切る豪快な勝ち方を見せ、ここへ駒を進めている。全3勝は全て芝5fでのもので、芝6fでは3,5,7着。馬名はロシアの作曲家より。

・父は2004年米国産のヨハネスブルグ(その父・ヘネシー)産駒でG1-フロリダダービー、2歳G1-シャンペンSなど重賞4勝。2016年の種付料は前年の3.5万ドルから10万ドルに引き上げられることになっていたが、2015年12月14日に急死2016年産まれの現2歳世代がラストクロップ

・母父は2001年米国産のPulpit(その父・A.P. Indy)産駒でG1-ウッドメモリアルSなど重賞2勝。BMSとしてこれまでに輩出した主な馬はTenfold(現3歳・米G2勝ち馬)。