2018ブリーダーズカップ展望【4】マイル、ダートマイル

展望記事の【1】と【2】では現地時間11/2(金)に行われる2歳戦を、【3】では現地時間11/3(土)に行われる短距離路線を取り上げたが、【4】では同じく現地時間11/3(土)に行われるマイルとダートマイルを取り上げ、有力馬をご紹介する。

スポンサーリンク

マイル(芝8f)・9R・現地時間11/3(土)15:36発走

英ブックメーカーWilliamHILLの単上位人気
Polydream:3.50倍
Oscar Performance:7.00倍
Expert Eye:7.50倍
Gustav Klimt:11.00倍
Happily:11.00倍
I Can Fly:11.00倍
One Master:11.00倍

Polydream(ポリードリーム)

父・Oasis Dream、母・Polygreen、母父・Green Tune
牝3、F.ヘッド調教師、M.ギュイヨン騎手

・7戦5勝(重賞3勝)。2歳時は1着→1着(G3-カルヴァドス賞)→2着(G1-マルセルブサック賞)。今年は5/13のG1-仏1000ギニー(芝1600)で14着→6/2のG3-パレロワイヤル賞(芝1400m)で1着→8/5のG1-モーリスドゲスト賞(芝1300m)で1着→10/7のG1-フォレ賞(芝1400m)で7着。

・父は2000年英国産のGreen Desert(その父・Danzig)産駒でG1-ジュライC、G1-ナンソープS、2歳G1-ミドルパークSの勝ち馬。これまでの代表産駒はMidday(英米仏でG1を6勝)、Muhaarar(英仏でG1を4勝)など。今年の種付料は3万ポンド

・母父はGreen Dancer(その父・Nijinsky)産駒でG1-仏2000ギニー、G1-イスパーン賞など仏重賞3勝。BMSとして輩出した主な産駒に先日のG1-菊花賞を制したフィエールマン、G1-メルボルンCなど重賞3勝のGreen Moon

Oscar Performance(オスカーパフォーマンス)

父・Kitten’s Joy、母・Devine Actress、母父・Theatrical
牡4、Brian A.Lynch調教師、J.オルティズ騎手

・14戦8勝(重賞7勝)。一昨年の2歳G1-BCジュヴェナイルターフの勝ち馬で、昨年はG1-セクレタリアトS、G1-ベルモントダービーなど重賞3勝。今年は6/17のG3-ポーカーS(芝1m)で1着→8/11のG1-アーリントンミリオン(芝10f)で9着→9/15のG1-ウッドバインマイル(芝1m)で1着。

・父は2001年米国産のEl Prado(その父・Sadler’s Wells)産駒でG1-セクレタリアトSなど重賞7勝、2004年のエクリプス賞最優秀芝牡馬。これまでの代表産駒にHawkbill(G1-ドバイシーマクラシックなど重賞6勝)、Roaring Lion(クラシックに出走予定の現役馬・G1-愛チャンピオンSなど重賞6勝)、Stephanie’s Kitten(G1-BCフィリー&メアターフなど重賞9勝)などがいる。今年の種付料は6万ドル

・母父はNureyev(その父・Northern Dancer)産駒でG1-BCターフなどG1を6勝、重賞を8勝。BMSとして輩出した主な産駒にEnglish Channel(G1-BCターフなどG1を6勝、重賞を7勝)、Rail Link(G1-凱旋門賞など重賞4勝)など。

Expert Eye(エクスパートアイ)

父・Acclamation、母・Exemplify、母父・Dansili
牡3、サー・マイケル・スタウト調教師、L.デットーリ騎手

・9戦4勝(重賞3勝)。2歳時は1着→1着(G2-ヴィンテージS)→9着(G1-デューハーストS)。今年は2着(G3-グリーナムS)→10着(G1-英2000ギニー)→1着(G3-ジャージーS)→2着(G1-サセックスS)→1着(G3-シティオブヨークS)→3着(G1-ムーランドロンシャン賞)。

・父は1999年英国産のRoyal Applause(その父・ワージブ)産駒で重賞1勝(芝6f)。これまでの代表産駒はAclaim(G1-フォレ賞など重賞3勝)、Dark Angel(2歳G1-ミドルパークSなど重賞2勝)、Equiano(G1-キングズスタンドS2勝)など。

・母父はデインヒル(その父・Danzig)産駒でG2-ミュゲ賞、G3-エドモンブラン賞、G3-メシドール賞の勝ち馬。BMSとして輩出した主な産駒にChicquita(G1-愛オークス)、Time Test(英重賞4勝)、Snow Sky(英重賞3勝)など。

※マイル過去10年の勝ち馬一覧

2008年・Goldikova
2009年・Goldikova
2010年・Goldikova
2011年・Court Vision
2012年・Wise Dan
2013年・Wise Dan
2014年・Karakontie
2015年・Tepin
2016年・Tourist
2017年・World Approval

ダートマイル(ダート8f)・6R・現地時間11/3(土)13:16発走

英ブックメーカーWilliamHILLの単上位人気
Catalina Cruiser:2.10倍
City Of Light:4.00倍
Firenze Fire:8.00倍
Seeking The Soul:8.00倍

Catalina Cruiser(カタリナクルーザー)

父・Union Rags、母・Sea Gull、母父・Mineshaft
牡4、J.サドラー調教師、J.カステリャーノ騎手

・2015年のキーンランドセプテンバーセールにて37万ドルで落札された馬。

・4戦4勝。昨年10/7のデビュー戦(ダ6f)→5/19の2戦目(ダ6f)→7/21のG2-サンディエゴH(ダ8.5f)→8/25のG2-パットオブライエンH(ダ7f)とデビュー4連勝中。無敗のままG1制覇なるか

・父は2009年米国産のDixie Union(その父・Dixieland Band)産駒でG1-ベルモントS、2歳G1-シャンペインSなど米重賞4勝。今年の種付料は6万ドル。代表産駒はParadise Woods(G1-ゼニヤッタS、G1-サンタアニタオークス)、Free Drop Billy(米2歳G1-ブリーダーズフューチュリティS)など。

・母父はA.P. Indy(その父・Seattle Slew)産駒でG1-ジョッキークラブゴールドC、G1-ピムリコスペシャルH、G1-サバーバンH、G1-ウッドワードSなど米重賞6勝。BMSとして輩出した主な産駒にCathryn Sophia(G1-ケンタッキーオークスなど重賞3勝)。

City Of Light(シティオブライト)

父・Quality Road、母・Paris Notion、母父・デヒア
牡4、Michael W. マッカーシー調教師、J.カステリャーノ騎手

・2015年のキーンランドセプテンバーセールにて71万ドルで落札された馬。

・7戦3勝。3歳10月にデビューし、3戦目となる昨年12/26のG1-マリブS(ダ7f)で初勝利をG1で上げる。今年は3/10のG1-トリプルベンドS(ダ7f)で1着→4/14のG2-オークローンH(ダ9f)で1着→5/26のG1-サンタアニタゴールドカップ(ダ10f)で3着→8/25のG1-フォアゴーH(ダ7f)で2着。

・父は2006年米国産のElusive Quality(その父・Gone West)産駒。代表産駒のAbel Tasman(米G1を6勝)は今年のディスタフの有力馬。Quality Roadはディスタフ(Abel Tasman)とダートマイル(City Of Light)とジュヴェナイルフィリーズ(Bellafina)に人気馬を送り込んでいる状況。

・母父はDeputy Minister(その父・Vice Regent)産駒で2歳G1-シャンペンS、2歳G1-ホープフルSなど重賞5勝、1993年のエクリプス賞最優秀2歳牡馬。BMSとして輩出した主な産駒にMidnight Lute(G1-BCスプリント2勝、G1-フォアゴーSなど重賞4勝)、Will Take Charge(G1-トラヴァーズS、G1-クラークHなど重賞5勝)など。

※ダートマイル過去10年の勝ち馬一覧

2008年・Albertus Maximus
2009年・Furthest Land
2010年・Dakota Phone
2011年・Caleb’s Posse
2012年・Tapizar
2013年・Goldencents
2014年・Goldencents
2015年・Liam’s Map
2016年・Tamarkuz
2017年・Battle of Midway