2018ブリーダーズカップ初日レース結果&レース動画

現地時間11/2(金)に米チャーチルダウンズ競馬場にて行われた、今年のブリーダーズカップの初日の各レースの結果とレース動画をレース順にまとめてお届けする。注目のジュヴェナイルでは名伯楽が送り込んだ人気馬が順当に勝利を収め、来年の米クラシック戦線の中心馬へ堂々と名乗りをあげている。

スポンサーリンク

ジュヴェナイルターフスプリント(芝5.5f)

レース結果

1着:Bulletin(ブレティン)

父・City Zip、母・Sue’s Good News、母父・Woodman
牡2、T.プレッチャー調教師、J.カステリャーノ騎手

・2017年のキーンランドセプテンバーセールにて25万ドルで落札された馬。

・これで2戦2勝。9/29のデビュー戦(芝5f)を勝ち、ここへ臨んでいた。

・父は1998年米国産のCarson City(その父・Mr. Prospector)産駒で、2歳G1-ホープフルS(ダ7f)など重賞6勝(2歳時に4勝、3歳時に2勝)。2017年の種付料は5万ドル(2017年7月に死亡)。代表産駒はCollected(G1-パシフィッククラシックSなど重賞5勝)、Catch A Glimpse(G1-ベルモントオークス、2歳G1-BCジュヴェナイルフィリーズターフなど重賞7勝)、Dayatthespa(G1-BCフィリー&メアターフなど重賞5勝)。

・母父はMr. Prospector(その父・Raise a Native)産駒で2歳重賞のみを2勝。BMSとして輩出した主な産駒にMiss Finland(G1-オーストラリアンギニーなど重賞9勝)、エイシンデピュティアストンマーチャンなど。

・母はG3-シンガポールプレートの勝ち馬。半姉Tiz Miz SueはG1-オグデンフィップスHなど重賞3勝。4代母のRide the Trailsを牝祖とする活躍馬にCozzene(BCマイル)、Hawkbill(ドバイシーマクラシック、エクリプスS)など複数のG1馬がいる。

2着:Chelsea Cloisters

父・First Samurai、母・Postulant、母父・Pulpit
牝2、W.ワード調教師、T.Gaffalione騎手

3着:So Perfect

父・Scat Daddy、母・Hopeoverexperience、母父・Songandaprayer
牝2、A.オブライエン調教師、W.ローダン騎手

レース動画と全着順(米BLOOD HORSEより)

・最高のスタートを切ったBulletin(ブレティン)がそのままハナ。後続が接近を図ろうとするも、追われてしぶとく伸び、タレることなくそのまま逃げ込みに成功。新設レースの初代チャンピオンに輝いている。

https://www.bloodhorse.com/horse-racing/race/usa/cd/2018/11/2/5/breeders-cup-juvenile-turf-sprint-bt

ジュヴェナイルフィリーズターフ(芝8f)

レース結果

1着:Newspaperofrecord(ニュースペーパーオブレコード)

父・Lope De Vega、母・Sunday Times、母父・Holy Roman Emperor
牝2、C.ブラウン調教師、I.オルティズJr騎手

・2017年のタタソールズオクトーバーセールにて278,019ドルで落札された馬。

・これで3戦3勝。8/19のデビュー戦(芝1 1/16m)→9/30のG2-ミスグリオS(芝1 1/16m)と連勝してここへ臨んでいた。レース後、早くも来年のロイヤルアスコットへの参戦に陣営が言及しており、注目される。

・父は2007年愛国産のShamardal(その父・Giant’s Causeway)産駒でG1-仏ダービー、G1-仏2000ギニーの勝ち馬。今年の種付料は6万ユーロ。これまでの主な産駒は豪G1馬のVega MagicSanta Ana Laneや、G1-ロッキンジS、2歳G1-デューハーストSを勝ったBelardoがいる。

・母は英G3勝ち馬。従兄に今年のアイリッシュダービーの勝ち馬・Latrobe、従姉に愛G3勝ち馬のDiamond Fields

・母父は2004年愛国産のデインヒル(その父・Danzig)産駒で2歳G1-フィーニクスS、2歳G1-ジャンリュックラガルデール賞など2歳重賞を3勝。BMSとして輩出した主な産駒はJohannes Vermeer(2歳G1-クリテリウムアンテルナシオナルなど重賞3勝)、Verbal Dexterity(2歳G1-ナショナルS)。

2着:East

父・Frankel、母・Vital Statistics、母父・Indian Ridge
牝2、K.ライアン調教師、J.スペンサー騎手

3着:Stellar Agent

父・More Than Ready、母・Lawn Party、母父・Medaglia d’Oro
牝2、J.Abreu調教師、M.フランコ騎手

レース動画と全着順(米BLOOD HORSEより)

・出脚よくハナを奪ったNewspaperofrecord(ニュースペーパーオブレコード)が、直線早々に鞍上の手が止まる逃げ楽勝。2着馬との着差は6馬身3/4差。

https://www.bloodhorse.com/horse-racing/race/usa/cd/2018/11/2/6/breeders-cup-juvenile-fillies-turf-g1t

ジュヴェナイルフィリーズ(ダート8.5f)

レース結果

1着:Jaywalk(ジェイウォーク)

父・Cross Traffic、母・Lady Pewitt、母父・Orientate
牝2、J.セルビス調教師、J.ロザリオ騎手

・2017年のキーンランドセプテンバーセールにて19万ドルで落札された馬。

・これで5戦4勝。デビュー戦で2着に敗れた後、3連勝で前走G1-フリゼットS(ダ1m)を勝ち、ここへ臨んでいた。

・父は2009年米国産のUnbridled’s Song(その父・Unbridled)産駒で、米6戦3勝、G1-ホイットニーH(ダ9f)の勝ち馬。今年の種付料は7500ドル。2016年産まれの現2歳がファーストクロップで、ファーストクロップからG1馬が誕生したことになる

・牝系は祖母の半兄1頭と祖母の半弟2頭に米重賞勝ち馬がいる程度で特筆すべき点はない。

・母父はMt. Livermore(その父・Blushing Groom)産駒で、G1-BCスプリントなど重賞6勝。BMSとして輩出した代表産駒はShanghai Bobby(G1-BCジュヴェナイルなど2歳重賞3勝、2012年のエクリプス賞最優秀2歳牡馬)。

2着:Restless Rider

父・Distorted Humor、母・Silky Serenade、母父・Unbridled’s Song
牝2、K.マクピーク調教師、B.エルナンデスJr騎手

3着:Vibrance

父・Violence、母・Block、母父・Dynaformer
牝2、M.マッカーシー調教師、J.ベラスケス騎手

レース動画と全着順(米BLOOD HORSEより)

・7番のJaywalk(ジェイウォーク)が先手を取ると、直線は後続を突き離す一方。2着馬に5馬身半の差をつける圧巻の逃げ切り勝ちを収めている。

https://www.bloodhorse.com/horse-racing/race/usa/cd/2018/11/2/7/titos-handmade-vodka-breeders-cup-juvenile-fillies-g1

ジュヴェナイルターフ(芝8f)

レース結果

1着:Line of Duty(ラインオブデューティ)

父・Galileo、母・Jacqueline Quest、母父・ロックオブジブラルタル
牡2、C.アップルビー調教師、W.ビュイック騎手

・2017年のタタソールズオクトーバーセールにて557,634ドルにて落札された馬。

・これで5戦3勝、2着2回。デビュー戦で2着→2戦目も2着と敗れた後、3戦目(芝1m)で初勝利→4戦目のG3-コンデ賞(芝1800m)で1着とし、ここへ臨んでいた。ゴドルフィンは今年28個目のG1タイトルを獲得

Sadler’s Wells 2×4の近親交配となっている点が特徴。Galileo産駒はこれで5つ目のブリーダーズカップでのタイトルを獲得。ブリーダーズカップでの産駒の獲得賞金もUnbridled’s Songを大きく凌いでトップ。

※参考:Galileo産駒のブリーダーズカップでの勝利一覧

Red Rocks(2006年ターフ、母父・Machiavellian)
Magician(2013年ターフ、母父・Mozart)
Found(2015年ターフ、母父・Intikhab)
Highland Reel(2016年ターフ、母父・デインヒル)
Line of Duty(2018年ジュヴェナイルターフ、母父・ロックオブジブラルタル)

・4代母Tough Ladyを牝祖とする活躍馬にカンビーナ(G1-アメリカンオークスなど重賞3勝)。

・母父はデインヒル(その父・Danzig)産駒でG1-英2000ギニー、G1-愛2000ギニー、G1-ムーランドロンシャン賞、G1-セントジェイムズパレスSなど重賞9勝。BMSとして輩出した最多賞金獲得馬はミッキーアイルで2位がジェネラーレウーノ、3位がBreton Rock(英重賞4勝)。

2着:Uncle Benny

父・Declaration of War、母・Celebrity Cat、母父・Storm Cat
牡2、J.サービス調教師、I.オルティスJr騎手

3着:Somelikeithotbrown

父・Big Brown、母・Marilyn Monroan、母父・Tapit
牡2、M.J.メーカー調教師、J.オルティズ騎手

レース動画と全着順(米BLOOD HORSEより)

・ブルーの勝負服の5番の馬が勝ったLine of Duty(ラインオブデューティ)。道中は中団のイン追走。直線で大外に持ち出されると、末脚が弾けて先団を一気に飲み込む豪快な差し切り勝ち。

https://www.bloodhorse.com/horse-racing/race/usa/cd/2018/11/2/8/breeders-cup-juvenile-turf-g1t

ジュヴェナイル(ダート8.5f)

レース結果

1着:Game Winner(ゲームウイナー)

父・Candy Ride、母・Indyan Giving、母父・A. P. Indy
牡2、B.バファート調教師、J.ロザリオ騎手

・2017年のキーンランドセプテンバーセールにて11万ドルで購買された馬。

・これで4戦4勝。8/18のデビュー戦(ダ6f)→9/3のG1-デルマーフューチュリティ(ダ7f)→9/29のG1-アメリカンファラオS(ダ1m110y)とデビュー3連勝を飾り、ここへ臨んでいた。B.バファート調教師はこれでブリーダーズカップで15個目のタイトルを獲得。ジュヴェナイルは4勝目。

※参考:B.バファート調教師の過去のブリーダーズカップでの全勝利一覧

Thirty Slews(1992年スプリント)
Midnight Lute(2007年スプリント)
Midnight Lute(2008年スプリント)
Secret Circle(2013年スプリント)
Drefong(2016年スプリント)

Silverbulletday(1998年ジュヴェナイルフィリーズ)
Indian Blessing(2007年ジュヴェナイルフィリーズ)

Vindication(2002年ジュヴェナイル)
Midshipman(2008年ジュヴェナイル)
New Year’s Day(2013年ジュヴェナイル)
Game Winner(2018年ジュヴェナイル)

Secret Circle(2011年ジュヴェナイルスプリント)

Bayern(2014年クラシック)
American Pharoah(2015年クラシック)
Arrogate(2016年クラシック)

・父は1999年アルゼンチン産。Mr. Prospector系のRide the Rails(その父・Cryptoclearance)産駒で、G1-パシフィッククラシックなどアメリカとアルゼンチンで重賞計4勝。今年の種付料は8万ドル。代表産駒はGun Runner(G1-BCクラシック、G1-ペガサスワールドCなど重賞10勝)、Shared Belief(G1-サンタアニタHなど重賞8勝)。

・祖母Fleet IndianはG1-ベルデイムS、G1-パーソナルエンスンSなど重賞5勝。

・母父はSeattle Slew(その父・Bold Reasoning)産駒でG1-BCクラシック、G1-ベルモントSなど重賞6勝。BMSとして多くの活躍馬を輩出しており、Royal Delta(2011年エクリプス賞最優秀3歳牝馬、2012年と2013年のエクリプス賞最優秀古牝馬)、Wait A While(2006年エクリプス賞最優秀3歳牝馬)、Super Saver(G1-ケンタッキーダービー)、Cloud Computing(G1-プリークネスS)などを輩出。

2着:Knicks Go

父・Paynter、母・Kosmo’s Buddy、母父・Outflanker
牡2、B.Colebrook調教師、A.ヒメネス騎手

3着:Signalman

父・General Quarters、母・Trip South、母父・Trippi
牡2、K.マクピーク調教師、B.エルナンデスJr騎手

レース動画と全着順(米BLOOD HORSEより)

・道中、外目の好位を追走している9番の馬がGame Winner(ゲームウイナー)。先に番手からKnicks Goが仕掛けると、これを目がけてGame Winnerも仕掛けの態勢に。4角を2番手で回ると、粘り込みを図るKnicks Goを外から力づくで交わし去り、4連勝でG1制覇を飾っている。

https://www.bloodhorse.com/horse-racing/race/usa/cd/2018/11/2/9/sentient-jet-breeders-cup-juvenile-g1