リスグラシュー【2018/11/11 エリザベス女王杯・GⅠ勝ち馬プロフィール】

3歳以上・牝 定量 京都芝2200m・外
1着賞金10500万円

1着:リスグラシュー(牝4|父ハーツクライ|ノーザンファーム生産)
2着:クロコスミア(牝5|父ステイゴールド|小島牧場生産)
3着:モズカッチャン(牝4|父ハービンジャー|目黒牧場生産)
勝ちタイム:2.13.1(良)
着差:クビ、3

決まり手:1着漸進鋭 2着逃粘る
ペース:S
LAP:12.3-11.2-12.9-12.7-12.3-12.5-12.5-12.0-11.6-11.4-11.7
4F 46.7 3F 34.7

スポンサーリンク

リスグラシューのプロフィール:重賞3勝目

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo (by Hail to Reason)
Wishing Well (Understanding)
アイリッシュダンス トニービン (Kampala)
ビューパーダンス (Lyphard)
リリサイド FR American Post Bering (Arctic Tern)
Wells Fargo (Sadler’s Wells)
Miller’s Lilly Miller’s Mate (Mill Reef)
Lymara (Lyphard)

Lyphard S4xM4

4歳牝(2014年生)
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(栗東)矢作芳人
騎手:モレイラ
キャロットクラブ募集額 3000万円

(主な戦績)
1着:2018東京新聞杯・GⅢ(東京芝1600)
1着:2016アルテミスS・GⅢ(東京芝1600)

父:ハーツクライ

ハーツクライは2018年の重賞7勝目。エリザベス女王杯は初勝利。

リスグラシュー 牝 4 エリザベス女王杯 京都 芝2200
ロジクライ 牡 5 富士S 東京 芝1600
ゴーフォザサミット 牡 3 青葉賞 東京 芝2400
スワーヴリチャード 牡 4 大阪杯 阪神 芝2000
スワーヴリチャード 牡 4 金鯱賞 中京 芝2000
フェイムゲーム セ 8 ダイヤモンドH 東京 芝3400
リスグラシュー 牝 4 東京新聞杯 東京 芝1600

2018:種牡馬別重賞勝ち数(国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲ・JRA新設重賞が対象)

ディープインパクト 28 (21頭)
ロードカナロア 8 (4頭)

ハービンジャー 8 (6頭)
キングカメハメハ 7 (6頭)
ステイゴールド 7 (5頭)
ハーツクライ 7 (5頭)
アドマイヤムーン 7 (4頭)
シンボリクリスエス 6 (3頭)
ゴールドアリュール 5 (3頭)
ダイワメジャー 4 (3頭)
アドマイヤマックス 4 (1頭)

キングヘイロー 3 (3頭)
クロフネ 3 (3頭)

ゼンノロブロイ 3 (2頭)

オルフェーヴル 2 (2頭)
カネヒキリ 2 (2頭)
サウスヴィグラス 2 (2頭)

ルーラーシップ 2 (2頭)
Speightstown 2 (2頭)
キンシャサノキセキ 2 (1頭)
スクリーンヒーロー 2 (1頭)

タートルボウル 2 (1頭)
トワイニング 2 (1頭)

母:リリサイド

リリサイドはフランス産。仏1000ギニーで1着入線したものの、6着に降格。リステッドレースを3勝している。

リスグラシューは3番仔。初仔のプルメリアスター(牝、父ゼンノロブロイ)は3勝、2番仔のレイリオン(牝、父ダイワメジャー)は2勝現役。4番仔のサトノコメット(牝、現3歳。父ダイワメジャー)は中央未勝利後に園田で2勝を挙げ中央再登録。現2歳の5番仔アラスカ(牝、父オルフェーヴル)は2016年のセレクトセール当歳で4860万円の値がついた。

母父:American Post

American Postは2001年英国産。Sea Birdを経てNative Dancerへと辿る父系。仏2000ギニーなどGⅠ3勝、通算9戦6勝。代表産駒にGⅠ馬Robin of Navanがいるが、種牡馬としては奮わなかった。

母父として、日本でメイソンジュニア(父Mayson)のNZT・GⅡ2着の実績があるが、海外で目立った活躍はないようだ。

2018:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

サンデーサイレンス 9  (6頭)
フレンチデピュティ 7 (3頭)
キングカメハメハ 5 (3頭)
シンボリクリスエス 5 (3頭)
スペシャルウィーク 4 (2頭)
ネオユニヴァース 4 (2頭)
サクラローレル 4 (1頭)
Mark of Esteem 4 (1頭)

クロフネ 3 (3頭)
フジキセキ 3 (3頭)
ホワイトマズル 3 (3頭)

アグネスタキオン 3  (2頭)
サクラバクシンオー 3 (2頭)

ダンスインザダーク 3 (2頭)
Deputy Minister 3 (2頭)
クロフネ 2 (2頭)
ゴールドアリュール 2 (2頭)
ファルブラヴ 2 (2頭)
フォーティナイナー 2 (2頭)
ブライアンズタイム 2 (2頭)
More than Ready 2 (2頭)

ジャングルポケット 2 (1頭)
タニノギムレット 2 (1頭)
ディープインパクト 2 (1頭)
トニービン 2 (1頭)
ロックオブジブラルタル 2 (1頭)
Fastnet Rock 2 (1頭)
Galileo 2 (1頭)
Seeking the Gold 2 (1頭)

Unbridled’s Song 2 (1頭)

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2018年の重賞45勝目。エリザベス女王杯はマリアライト以来、3年ぶりの勝利。

2018:生産者別重賞勝ち数

ノーザンファーム 45(32頭)
社台ファーム 10 (9頭)
社台コーポレーション白老ファーム 6 (4頭)

ダーレー・ジャパン・ファーム 5 (2頭)
辻牧場 4 (2頭)
岡野牧場 4 (1頭)
岡田スタッド 3 (3頭)
ヤナガワ牧場 3 (2頭)

下河辺牧場 2 (2頭)
タバタファーム 2 (2頭)
フジワラファーム 2 (2頭)

追分ファーム 2 (1頭)
三城牧場 2 (1頭)
新生ファーム 2 (1頭)
タニグチファーム 2 (1頭)
富田牧場 2 (1頭)
ノースヒルズ 2 (1頭)
服部牧場 2 (1頭)
三嶋牧場 2 (1頭)

エリザベス女王杯 歴代勝馬のプロフィール

馬名 種牡馬 母父馬 生産者
リスグラシュー ハーツクライ American Post ノーザンファーム
モズカッチャン ハービンジャー キングカメハメハ 目黒牧場
クイーンズリング マンハッタンカフェ Anabaa 社台ファーム
マリアライト ディープインパクト エルコンドルパサー ノーザンファーム
ラキシス ディープインパクト Storm Cat ノーザンファーム
メイショウマンボ スズカマンボ グラスワンダー 高昭牧場
レインボーダリア ブライアンズタイム ノーザンテースト 大栄牧場
スノーフェアリー Intikhab Charnwood Forest Windflower Overseas Holdings Inc
スノーフェアリー Intikhab Charnwood Forest Windflower Overseas Holdings Inc
クィーンスプマンテ ジャングルポケット サクラユタカオー 社台ファーム