現役獣医師による2017年社台グループオーナーズ募集馬評価 ②トップライン

先程の①脚向編に続いて、2017年社台グループオーナーズ募集馬評価の②トップライン編をお届けする。

トップライン:
近年、スポーツにおいてリラックスして競技に臨むことがパフォーマンスの上昇につながると証明されています。
競走馬においても同じで、リラックスした状態で筋肉を使い、関節の可動域があがることでストライドが伸びます。
長い距離を走る競走馬のワンストライドがどれだけ大切かは言うまでもありません。
ストライドを伸ばすためには、馬が背中のライン”トップライン”を丸め、後肢が踏み込む必要があります。

※以下の評価リストは出資馬選択にお悩みの方々に判断材料の一つを提供することで、出資馬選択の一助になれば、という当サイトの考えに賛同頂いた、某有力牧場に勤める現役獣医師(騎乗・調教経験有)に募集馬のDVDを見てもらい、客観的評価を依頼したものです。事情により、獣医師の実名は伏せさせて頂きますが、有意義な材料になっているものと自負しております。

※尚、注意点として、あくまでもDVD映像のみで判断しており、実馬をみて判断が変わる可能性があることをご理解の上、ご自身の評価と照らし合わせながらご覧頂きたい。尚、購入・出資は自己責任でお願いいたします。

(優)
237   アゼリの16

(良)
212   アマファソンの16
218   スピードリッパーの16
219   フロールデセレッソの16
220   クロフォードの16
222   ツィンクルヴェールの16
223   マージナルグラマーの16
224   ミオリチャンの16
231   スプリングシーズンⅡの16
232   ハンドレッドスコアの16
235   メダリアダムールの16
238   ペディクラリスの16
239   チュウワブロッサムの16
240   ベルスリーブの16
243   エピセアロームの16
245   ヴェルザンディの16
248   ライラプスの16
249   バレエブランの16
250   テクニカルランの16
254   レディマールボロの16
255   スカーレルの16
260   プリンセスゴールドの16
262   クラヴェジーナの16
267   ケンホープの16
302   ストロングメモリーの16
306   ベルフィーチャーの16
310   ラブリープリンセスの16
320   ワナビーザベストの16
322   クラーベセクレタの16
324   ビーチフラッグの16
326   パーカッショニストの16

関連コンテンツ

シェアする

フォローする