フィリアプーラ【2019/1/12 フェアリーS・GⅢ勝ち馬プロフィール】

3歳・牝 別定 中山芝1600m
1着賞金3500万円

1着:フィリアプーラ(牝3|父ハービンジャー|ノーザンファーム生産)
2着:ホウオウカトリーヌ(牝3|父マツリダゴッホ|岡田スタッド生産)
3着:グレイスアン (牝3|父ディープブリランテ|ノーザンファーム生産)
勝ちタイム:1.36.0(良)
着差:アタマ、1/2
決まり手:1着直外鋭、2着中位伸
ペース:S
LAP:12.4-11.8-11.9-12.2-12.4-12.2-11.5-11.6
上り:4F 47.7 3F 35.3

スポンサーリンク

フィリアプーラのプロフィール:重賞初勝利

ハービンジャー Dansili デインヒル (Danzig)
Hasili (Kehyasi)
Penang Pearl Bering (Arctic Tern)
Guapa (Shareef Dancer)
プリンセスカメリア サンデーサイレンス Halo (Hail to Reason)
Wishing Well (Understanding)
ラトラヴィアータ サクラユタカオー (テスコボーイ)
サクラハゴロモ (ノーザンテースト)

3歳牝(2016年生)
生産牧場:ノーザンファーム
厩舎:(美浦)菊沢隆徳
騎手:丸山元気
キャロットクラブ募集額 2000万円

父:ハービンジャー

ハービンジャーは2006年英国産。通算9戦6勝、GⅠ1勝(キングジョージ六世&QES)。代表産駒にブラストワンピース(有馬記念など)、ディアドラ(秋華賞など)、モズカッチャン(エリザベス女王杯など)など。2018年のリーディングサイアーランキング第5位。

2019年の重賞初勝利。

2019:種牡馬別重賞勝ち数(国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象)

クロフネ 1
ステイゴールド 1
ハービンジャー 1
ロードカナロア 1

母:プリンセスカメリア

プリンセスカメリアは1勝(芝1200m)。クリアアンバーを牝祖とする、古くはアンバーシャダイ、サクラバクシンオー、ファストタテヤマなどを輩出したファミリー。

フィリアプーラは5番仔。2番仔の半兄アルフレード(父シンボリクリスエス)は朝日杯フューテュリティーS・GⅠの勝ち馬。その他の兄姉3頭は中央未勝利。6番仔の半妹(現2歳。父ルーラーシップ)は同クラブにて2800万円で募集された。

母父:サンデーサイレンス

サンデーサイレンスは1986年米国産。GⅠ6勝(ケンタッキーダービー、他)、通算14戦9勝。種牡馬として1995年から13年間リーディングサイアー首位を維持した。2002年死亡。母父としても、ドゥラメンテ、アーモンドアイなど活躍馬多数。

京都金杯を勝ったパクスアメリカーナに続き、母父として今年の重賞2勝目。

フィリアプーラ 牝 3 フェアリーS G3 中山 芝1600 ハービンジャー
パクスアメリカーナ 牡 4 京都金杯H G3 京都 芝1600 クロフネ

2019:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

サンデーサイレンス 2
アドマイヤコジーン 1
ハーツクライ 1

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは、先週のシンザン記念に続き、今年の重賞2勝目。

フィリアプーラ 牝 3 フェアリーS G3 中山 芝1600 ハービンジャー
ヴァルディゼール 牡 3 シンザン記念 G3 京都 芝1600 ロードカナロア

2019:生産者別重賞勝ち数

ノーザンファーム 2
コスモヴューファーム 1
千代田牧場 1

2018年の重賞勝馬一覧はこちら