フロンテアクイーン【2019/3/9 中山牝馬H・GⅢ勝ち馬プロフィール】

4歳以上 ハンデ 中山芝1800m
1着賞金3600万円

1着:フロンテアクイーン(牝6|父メイショウサムソン|林孝輝生産)
2着:ウラヌスチャーム(牝4|父ルーラーシップ|ノーザンファーム生産)
3着:アッフィラート (牝6|父ディープインパクト|社台コーポレーション白老ファーム生産)
勝ちタイム:1.47.7(良)
着差:ハナ、クビ
ペース:M
決め手:1着漸進伸、2着直中鋭
LAP:12.5-11.6-11.9-12.3-11.5-12.4-12.2-11.4-11.9
上がり:4F 47.9
 3F 35.5

※レース結果については主催者発表のものと必ず照合ください

スポンサーリンク

フロンテアクイーンのプロフィール:重賞初勝利

メイショウサムソン オペラハウス Sadler’s Wells (by Northern Dancer)
Colorspin (High Top)
マイヴィヴィアン ダンシングブレーヴ (Lyphard)
ウイルプリンセス (サンプリンス)
ブルーボックスボウ サンデーサイレンス Halo (Hail to Reason)
Wishing Well (Understanding)
ブルーバタフライ ブレイヴエストローマン (Never Bend)
フアストブルー (ダンディールート)

6歳牝(2013年生)
生産牧場:林孝輝
厩舎:(美浦)国枝栄
騎手:三浦皇成

(主な戦績)
2着:18クイーンS(札幌芝1800)
2着:18中山牝馬H(中山芝1800)
2着:17ターコイズH(中山芝1600)
2着:17福島牝馬S(福島芝1800)
2着:16クイーンC(東京芝1600)

父:メイショウサムソン

メイショウサムソンは2003年生まれ。通算27戦9勝、GⅠ4勝(ダービー、皐月賞、天皇賞春・秋)。代表産駒にキンショーユキヒメ(福島牝馬S)、デンコウアンジュ(アルテミスS)、ルミナスウォリアー(函館記念)など。2018年のリーディングサイアーランキング42位。2019年の重賞は初勝利。

2019:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

ステイゴールド 5
ディープインパクト 5
ケイムホーム 2
マンハッタンカフェ 2
ロードカナロア 2
ヴァーミリアン 1
カネヒキリ 1
キンシャサノキセキ 1
キングカメハメハ 1
クロフネ 1
スパイキュール 1
ダノンシャンティ 1

ノヴェリスト 1
ハービンジャー 1
バゴ 1
メイショウサムソン 1
ルーラーシップ 1
Speightstown 1
Spring At Last 1

母:ブルーボックスボウ

ブルーボックスボウは1勝(芝1800m)。ブルーボックスボウの3代母ブルートウシヨウは、トウシヨウボーイの半姉。

フロンテアクイーンは5番仔。3番仔の全兄ザトゥルーエアーは3勝。7番仔の全弟クリノオウジャ(現3歳)は前週の未勝利戦でハナ差の2着だった。

2019:出生順重賞勝ち数

初仔 5
2番仔 6
3番仔 3
4番仔 4
5番仔 3
6番仔 2
7番仔 3
8番仔 2
9番仔 1
10番仔 1

2019:価格帯別重賞勝ち数(取引価格、募集価格)※1US$=110円で換算

1億円~ 1
5000万~9999万 5
3000万~4999万 4
2000万~2999万 4
1000万~1999万 2
~999万 2
不明 12

2019:母馬の競走成績別重賞勝ち数(国内の勝利数はJRA分をカウント)

GⅠ勝ち 4
重賞勝ち 4
4勝以上 5
3勝 5
2勝 0
1勝 6
未勝利・未出走 6

母父:サンデーサイレンス

サンデーサイレンスは1986年米国産。GⅠ6勝(ケンタッキーダービー、他)、通算14戦9勝。種牡馬として1995年から13年間リーディングサイアー首位を維持した。2002年死亡。母父としても、ドゥラメンテ、アーモンドアイなど活躍馬多数。

母父として今年の重賞4勝目。

フロンテアクイーン 牝 6 中山牝馬H G3 中山 芝1800 メイショウサムソン
ダンビュライト 牡 5 19京都記念 G2 京都 芝2200 ルーラーシップ
フィリアプーラ 牝 3 19フェアリーS G3 中山 芝1600 ハービンジャー
パクスアメリカーナ 牡 4 19京都金杯H G3 京都 芝1600 クロフネ

2019:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

サンデーサイレンス 4
アドマイヤコジーン 2
Northern Afleet 2
Storm Cat 2
アジュディケーティング 1
キングカメハメハ 1
クロフネ 1
コマンダーインチーフ 1
ゴールドヘイロー 1
ディープインパクト 1
スウェプトオーヴァーボード 1
ダンスインザダーク 1
ハーツクライ 1
ハードスパン 1
フレンチデピュティ 1
ロックオブジブラルタル 1
ワイルドラッシュ 1
Alzao 1
Belong to Me 1
Gilded Time 1
Mtoto 1
Not For Sale 1
Singspiel 1
Souvenir Copy 1

生産:林孝輝

林孝輝氏は、本馬の父メイショウサムソンの生産者。他に2006年の佐賀記念を勝ったマイネルボウノット、2008年の若駒S勝利のジュウクリュウシンらが活躍している。

2019:生産者別重賞勝ち数

ノーザンファーム 10
コスモヴューファーム 2
社台ファーム 2
三嶋牧場 2
山下恭茂 2
岡田スタッド 1
ケイアイファーム 1
社台コーポレーション白老ファーム 1
スカイビーチステーブル 1
タバタファーム 1
千代田牧場 1
辻牧場 1
林孝輝 1
ベルモントファーム 1
レイクヴィラファーム 1
外国産 2 (米2)

今年の重賞勝馬一覧はこちら