ケンタッキーダービー戦線リポート【7】今週末にGame WinnerとImprobableが注目の始動戦

現地時間3/16にアーカンソー州のオークローンパーク競馬場にて行われるレベルS(G2・8.5f)にて、Game WinnerとImprobableが注目の始動戦を迎える。レースは分割レースとなり、両馬の激突とはなっていないが、ミニ展望をお届けする。

スポンサーリンク

8R・レベルS(G2・8.5f)/現地時間3/16・16:57発走

・現時点での英ブックメーカー・WilliamHILLによるアンティポストでオッズがついている馬の出走は以下の2頭(※併記したオッズはアンティポストでの単勝オッズ)。

Improbable:8.00倍(1番人気)

父・City Zip、母・Rare Event、母父・A. P. Indy
調教師:Bob Baffert

・3戦3勝。昨年12/8のロスアラミトスキャッシュコールフューチュリティ(G1)を5馬身差で勝って以来の復帰戦となる。

・1/9からサンタアニタパーク競馬場にて時計を出し始めており、3/4にはダート5fで59.80をマーク。その後、サンタアニタパーク競馬場閉鎖により、ロスアラミトス競馬場で3/10にダート5fで59.20を計時。いずれも同厩のGame Winnerより速い時計を出しており、調整過程は順調のように見える。

Galilean:34.00倍(14番人気)

父・Uncle Mo、母・Fresia、母父・El Prado
調教師:Jerry Hollendorfer

・4戦3勝。ここが初の重賞出走となる。父のUncle Moは2008年米国産のIndian Charlie産駒で、米2歳G1-BCジュヴェナイルなど米2歳重賞を2勝、3歳時に1勝。

・他に人気を集めている主な出走馬は以下の通り。

Extra Hope

父・シャンハイボビー、母・Lotsandlotsofhope、母父・Tiznow
調教師:Richard E Mandella

・7戦2勝。昨年12/8のロスアラミトスキャッシュコールフューチュリティ(G1)でImprobableの3着。父のシャンハイボビーは2010年米国産のHarlan’s Holiday産駒で、米2歳G1-BCジュヴェナイルなど米2歳重賞のみを3勝。現在、アロースタッドにて供用中で今年の種付料は200万円。

Long Range Toddy

父・Take Charge Indy、母・Pleasant Song、母父・Unbridled’s Song
調教師:Steven Asmussen

・6戦3勝。初の重賞出走となった前走2/18のサウスウエストS(G3)で3着。父のTake Charge Indyは2009年米国産のA.P. Indy産駒で、米G1-フロリダダービーなど米重賞2勝。

10R・レベルS(G2・8.5f)/現地時間3/16・18:06発走

・現時点での英ブックメーカー・WilliamHILLによるアンティポストでオッズがついている馬の出走は以下の3頭(※併記したオッズはアンティポストでの単勝オッズ)。

Game Winner:8.00倍(1番人気)

父・Candy Ride、母・Indyan Giving、母父・A. P. Indy
調教師:Bob Baffert

・4戦4勝。昨年11/2のBCジュヴェナイル(G1)を完勝して以来の復帰戦となる。

・1/9からサンタアニタパーク競馬場にて時計を出し始めており、3/4にはダート5fで1:00.6をマーク。その後、サンタアニタパーク競馬場閉鎖により、ロスアラミトス競馬場で3/10にダート5fで59.80を計時。いずれも時計的には8Rに出走する同厩のImprobableより劣るものとなっている。当初は3/9のサンフェリペSを始動戦とする見込みが、サンタアニタパーク競馬場閉鎖によりレース自体が行われず、ローテーションがズレた点がどうなるか。

Gunmetal Gray:26.00倍(8番人気)

父・Exchange Rate、母・Classofsixtythree、母父・Include
調教師:Jerry Hollendorfer

・6戦2勝。今年は1/5のシャムS(G3)に勝利。その後、出走した2/2のロバートB.ルイスS(G3)でMucho Gustoの2着となって以来の出走となる。

・昨年9/29のアメリカンファラオS(G1)では勝ったGame Winnerと4馬身半差の2着、昨年11/2のBCジュヴェナイル(G1)では勝ったGame Winnerと12馬身半差の5着、と2歳時は全く歯が立たなかったGame Winnerとの力関係がどうなっているのか、このレースで明らかになりそうである。

Omaha Beach:26.00倍(8番人気)

父・War Front、母・Charming、母父・Seeking The Gold
調教師:Richard E Mandella

・5戦1勝。2/2に初勝利をあげたばかりの馬だが、半姉、叔父、祖母にG1馬が並ぶ豪華な牝系もあり、ダービー戦線の穴馬候補として注目を集めている存在。

・他に人気を集めている主な出走馬は以下の通り。

Our Braintrust

父・Freud、母・Caller Trust、母父・Trust N Luck
調教師:Mark Casse

・5戦2勝。初の重賞出走となった前走2/2のウィザーズS(G3)で3着。父のFreudは1998年米国産のStorm Cat産駒。現役時はエイダン・オブライエン師に管理された馬だが12戦1勝に終わった馬。

Laughing Fox

父・Union Rags、母・Saskawea、母父・Stormy Atlantic
調教師:Steven Asmussen

・4戦2勝。デビュー3戦目に勝ち上がり、次走も勝利。ここが初の重賞出走となる。父のUnion Ragsは2009年米国産のDixie Union産駒。米G1-ベルモントS、米2歳G1-シャンペインSなど米重賞4勝。

関連記事

ケンタッキーダービー戦線リポート【1】現時点での勢力図について
ケンタッキーダービー戦線リポート【1】現時点での勢力図について
今年のケンタッキーダービーは現地時間5/4に行われるが、今後定期的にケンタッキーダービーのアンティポスト(長期前売り単オッズ)の動向をお届けしていく。米エクイベースが算出したスピード指数の各馬の最高値を併記し、過去の名馬の数字と比較しつつ、将来...
ケンタッキーダービー戦線リポート【2】1戦1勝のハードスパン産駒がいきなり3番人気に浮上!
ケンタッキーダービー戦線リポート【2】1戦1勝のハードスパン産駒がいきなり3番人気に浮上!
1/26にデビューした馬がデビュー戦で出色のパフォーマンスを見せ、1戦1勝の身でいきなりケンタッキーダービーのアンティポストにおいて3番人気に浮上しているのでご紹介する。父がハードスパン、母父がエンパイアメーカーといずれも日本で供用されていた馬...
ケンタッキーダービー戦線リポート【3】今後の前哨戦と出走予定馬について
ケンタッキーダービー戦線リポート【3】今後の前哨戦と出走予定馬について
本稿ではアメリカで今後行われる主なケンタッキーダービーの前哨戦の一覧を時系列順にまとめて、出走が予定される有力馬を併記し、合わせて過去のケンタッキーダービー馬がどの前哨戦を使って本番へ挑んでいたのかについてもまとめているのでご参照頂きたい。 ...
ケンタッキーダービー戦線リポート【4】War Front産駒2頭が新たにダービー戦線に名乗りを上げる
ケンタッキーダービー戦線リポート【4】War Front産駒2頭が新たにダービー戦線に名乗りを上げる
現地時間2/16にフェアグラウンズ競馬場にて行われたリズンスターS(G2・ダ8.5f)の結果を受けて、アンティポストの上位人気馬に若干の変動が見られているのでご紹介する。また、2/2に初勝利をあげたばかりの馬も活躍馬続出の牝系出身でいきなり8番...
ケンタッキーダービー戦線リポート【5】Frankelの全弟・Noble Missionの初年度産駒が重賞初制覇!
ケンタッキーダービー戦線リポート【5】Frankelの全弟・Noble Missionの初年度産駒が重賞初制覇!
現地時間3/2にガルフストリームパーク競馬場にて行われたファウンテンオブユースS(G2・ダ8.5f)の結果を受けて、1,2着馬がアンティポストでの人気を上げているので、レース結果と共にご紹介する。 ※以下のオッズは現時点での英ブックメーカ...
ケンタッキーダービー戦線リポート【6】東海岸から新星が誕生?
ケンタッキーダービー戦線リポート【6】東海岸から新星が誕生?
現地時間3/9にニューヨーク州のアケダクト競馬場にて行われたゴーサムSの結果を受けて、アンティポストでの人気が若干変動しているので、レース結果と共にご紹介する。 ※以下のオッズは現時点での英ブックメーカー・WilliamHILLのもの。 ...