英2000ギニー、英ダービー戦線リポート【4】大本命が回避し、大混戦模様の2000ギニー前哨戦・グリーナムS

現地時間4/13(土)にニューベリー競馬場にて行われる、グリーナムS(G3・7f)のミニ展望をお届けする。英国競馬もいよいよ4/16(火)、4/17(水)のニューマーケット競馬場での伝統のクレイヴン開催と合わせてクラシックを目指す主力が続々登場する新シーズン開幕となる。

尚、このレースでの復帰が予定されていた、昨年のカルティエ賞最優秀2歳牡馬・Too Darn Hotは「副管骨に異常が見られた(ジョン・ゴスデン調教師)」とのことで出走回避。2000ギニーへ直行する模様。

同日に同競馬場で行われる、1000ギニーの前哨戦・フレッドダーリンSのミニ展望は以下の記事にてご紹介しているのでご参照下さい。

英1000ギニー、英オークス戦線リポート【4】1000ギニー候補が多数出走する注目の前哨戦・フレッドダーリンS
英1000ギニー、英オークス戦線リポート【4】1000ギニー候補が多数出走する注目の前哨戦・フレッドダーリンS
現地時間4/13(土)に英ニューベリー競馬場にて行われる、1000ギニーの前哨戦・ドバイデューティーフリーS(G3・7f・競走成績書にはフレッドダーリンSと記録される)のミニ展望をお届けする。 尚、同日に同競馬場で行われる、2000ギニー...
スポンサーリンク

Greenham Stakes(G3・7f)現地時間4/13・14:40発走(ニューベリー競馬場)

現時点での英ブックメーカー・WilliamHILLによるアンティポストでオッズがついている馬の出走は以下の8頭(※併記したオッズはアンティポストでの単勝オッズ)。

Boitron:34.00倍(2000ギニー)

父・Le Havre、母・Belliflore、母父・Verglas
調教師:Richard Hannon、騎手:Silvestre De Sousa

・4戦3勝。デビュー3連勝で臨んだ前走10/7の仏G1-ジャンリュックラガルデール賞(1m)で勝ったRoyal Marineから2馬身3/4身差の4着。このレースで2着だったBroomeが先週のバリサックスS(G3・1m2f)を8馬身差で快勝している。

・父のLe Havreは2006年愛国産のNoverre(その父・Rahy)産駒で、2009年の仏ダービー馬。代表産駒のラクレソニエールアヴニールセルタンは共に仏オークス・仏1000ギニー馬でいずれも社台ファーム代表の吉田照哉氏によって購入されている。

・母父のVerglasは1994年愛国産のHighest Honor(その父・Kenmare)産駒で、英G3-コヴェントリーSの勝ち馬。

Mohaather:41.00倍(2000ギニー)

父・Showcasing、母・Roodeye、母父・Inchinor
調教師:Marcus Tregoning、騎手:Jim Crowley

・3戦2勝。前走10/27の英G3-ホリスヒルS(7f)に勝利

・父のShowcasingは2007年英国産のOasis Dream(その父・Green Desert)産駒で、英G2-ジムクラックSの勝ち馬。これまでの代表産駒はコモンウェルスC、スプリントCを勝ち、2016年のカルティエ賞最優秀スプリンターに輝いた、Quiet Reflection

全姉のPrize Exhibitは米重賞4勝の活躍馬甥のAccidental Agentは昨年の英G1-クイーンアンSの勝ち馬

・母父のInchinorは1990年英国産のAhonoora(その父・Lorenzaccio)産駒で、父系はいわゆるDjebel系に属する。父として輩出した主な産駒にCape Of Good Hope(英豪でG1を2勝)、Notnowcato(エクリプスS、インターナショナルSなど)。BMSとして輩出した主な産駒にDominant(香港ヴァーズなど)、Power(愛2000ギニーなど)がいる。

Urban Icon:41.00倍(2000ギニー)

父・Cityscape、母・Fauran、母父・Shamardal
調教師:Richard Hannon、騎手:Tom Marquand

・2戦2勝。5/28のデビュー戦(6f)→6/12の2戦目(6f)をいずれも3馬身半差で連勝中

・父のCityscapeは2006年英国産のSelkirk(その父・Sharpen Up)産駒で、G1-ドバイデューティフリーなど重賞4勝。これまでに重賞を勝った産駒は2頭のみで、Listedレースを勝った産駒も2頭のみ。

Hello Youmzain:51.00倍(2000ギニー)

父・Kodiac、母・Spasha、母父・Shamardal
調教師:Kevin Ryan、騎手:James Doyle

・3戦2勝。前走10/13の仏G2-メゾンラフィット賞(6f)を勝利。これまでの3戦は全て6f戦。

・父のKodiacは2001年英国産のデインヒル(その父・Danzig)産駒で、20戦4勝。重賞2着1回。母のRafhaがフランスオークス馬、半兄にInvincible Spiritがいる良血馬。代表産駒は昨年の豪G1-コーフィールドC、独G1-バーデン大賞など重賞6勝の現役馬・Best Solution。種付料は2007年の種牡馬入り時は5000ユーロだったが、産駒の活躍に伴い右肩上がりに高騰し、今年は過去最高の6.5万ユーロとなっている。

Great Scot:51.00倍(2000ギニー)

父・Requinto、母・La Rosiere、母父・Mr Greeley
調教師:Tom Dascombe、騎手:Richard Kingscote

・5戦3勝。前走10/27の英G1-ヴァーテムフューチュリティS(1m)では勝ったMagna Greciaから1馬身1/4差の5着。デビュー2戦目では後の米G1-BCジュヴェナイルターフの勝ち馬・Line of Dutyを1馬身差で降している馬。

・父のRequintoは2009年愛国産のDansili(その父・デインヒル)産駒で、英G2-フライングチルダーズS、英G3-モールコームSの勝ち馬。産駒で重賞を勝った馬はまだおらず、Listedレースを勝った産駒も本馬のみ

Magic J:51.00倍(2000ギニー)

父・Scat Daddy、母・Miss Lamour、母父・Mr Greeley
調教師:Ed Vaughan、騎手:Oisin Murphy

・1戦1勝。9/18のデビュー戦(6f)を勝利して以来のレース

・母父のMr Greeleyは1992年米国産のGone West(その父・Mr. Prospector)産駒で、米重賞3勝(ダ6f,7f)。BMSとして輩出した最多賞金獲得馬はベストウォーリア(南部杯など)。

No Nonsense:51.00倍(2000ギニー)

父・Acclamation、母・Gift Of Music、母父・Cadeaux Genereux
調教師:David Elsworth、騎手:Gerald Mosse

・3戦2勝。これまでの3戦は全てAWでのレース

・父のAcclamationは1999年英国産のRoyal Applause(その父・ワージブ)産駒で、英G2-ダイアデムSの勝ち馬。産駒のExpert Eyeが昨年の米G1-BCマイルを制覇

Almufti:51.00倍(2000ギニー)

父・Toronado、母・Green Tern、母父・Miswaki Tern
調教師:Hugo Palmer、騎手:Frankie Dettori

・4戦1勝。前走10/27の英G3-ホリスヒルS(7f)では勝ったMohaatherとは6馬身半差の3着

・父のToronadoは2010年愛国産のHigh Chaparral(その父・Sadler’s Wells)産駒で、英G1-クイーンアンS、サセックスSなど英重賞4勝。現3歳がファーストクロップになる。昨年からフランスにて供用中で今年の種付料は1万2000ユーロ。

参考記事

英2000ギニー、英ダービー戦線リポート【3】Australia産駒・Broomeが8馬身差で重賞制覇!
英2000ギニー、英ダービー戦線リポート【3】Australia産駒・Broomeが8馬身差で重賞制覇!
先程、愛レパーズタウン競馬場にて行われた、バリサックスS(G3)とレパーズタウン2000ギニートライアルS(Listed)のレース結果をお届けする。結果を受けてブックメーカーのオッズも変動しているので現時点での人気も合わせてご紹介する。 バリ...
英2000ギニー、英ダービー戦線リポート【2】Australia産駒2頭が激突するバリサックスS
英2000ギニー、英ダービー戦線リポート【2】Australia産駒2頭が激突するバリサックスS
現地時間4/6(土)に愛レパーズタウン競馬場にて行われる、バリサックスS(G3)、レパーズタウン2000ギニートライアルS(Listed)のミニ展望をお届けする。尚、バリサックスSは過去の英ダービー馬、2001年のGalileo、2002年のH...
英ダービー戦線リポート【1】現時点での勢力図について
英ダービー戦線リポート【1】現時点での勢力図について
今年の英ダービーは現地時間6/1に行われるが、今後定期的に英ダービーのアンティポスト(長期前売り単オッズ)の動向をお届けしていく。各馬の記録したRPR(レーシングポストレーティング)の最高値を併記したので、現時点での勢力図を俯瞰する物差しとして...
英2000ギニー戦線リポート【1】現時点での勢力図について
英2000ギニー戦線リポート【1】現時点での勢力図について
今年の英2000ギニーは現地時間5/4に行われるが、英ダービー同様、今後定期的に英2000ギニーのアンティポスト(長期前売り単オッズ)の動向をお届けしていく。各馬の記録したRPR(レーシングポストレーティング)の最高値を併記したので、現時点での...