英1000ギニー、英オークス戦線リポート【4】1000ギニー候補が多数出走する注目の前哨戦・フレッドダーリンS

現地時間4/13(土)に英ニューベリー競馬場にて行われる、1000ギニーの前哨戦・ドバイデューティーフリーS(G3・7f・競走成績書にはフレッドダーリンSと記録される)のミニ展望をお届けする。

尚、同日に同競馬場で行われる、2000ギニーの前哨戦・グリーナムSのミニ展望は以下の記事にてご紹介しているのでご参照下さい。

英2000ギニー、英ダービー戦線リポート【4】大本命が回避し、大混戦模様の2000ギニー前哨戦・グリーナムS
英2000ギニー、英ダービー戦線リポート【4】大本命が回避し、大混戦模様の2000ギニー前哨戦・グリーナムS
現地時間4/13(土)にニューベリー競馬場にて行われる、グリーナムS(G3・7f)のミニ展望をお届けする。英国競馬もいよいよ4/16(火)、4/17(水)のニューマーケット競馬場での伝統のクレイヴン開催と合わせてクラシックを目指す主力が続々登場...
スポンサーリンク

Dubai Duty Free Stakes(Registered As The Fred Darling Stakes)(G3・7f)現地時間4/13・14:10発走(ニューベリー競馬場)

現時点での英ブックメーカー・WilliamHILLによるアンティポストでオッズがついている馬の出走は以下の10頭(※併記したオッズはアンティポストでの単勝オッズ)。

Dancing Vega:15.00倍(1000ギニー)、21.00倍(オークス)

父・Lope De Vega、母・We Can Say It Now、母父・Starcraft
調教師:Ralph Beckett、騎手:Harry Bentley

・1戦1勝。昨年10/26のドンカスターでのデビュー戦(1m)を4馬身差で勝利して以来の出走。キャリア1戦ながら1000ギニー、オークスのアンティポストで人気を集める注目の存在。

・父のLope De Vegaは2007年愛国産のShamardal(その父・Giant’s Causeway)産駒で、2010年の仏2冠馬。これまでに7頭のG1馬を輩出しており、昨年の米2歳G1-BCジュヴェナイルフィリーズターフを圧勝したNewspaperofrecordも同馬の産駒

母のWe Can Say It NowはニュージーランドのG1-レヴィンクラシック、キャプテンクックSの勝ち馬。半兄のSky Kingdomは仏G3-プランスドランジュ賞の勝ち馬。

・母父のStarcraftは2000年ニュージーランド産のソヴィエトスター(その父・Nureyev)産駒で、英G1-クイーンエリザベス2世S、仏G1-ムーランドロンシャン賞など、英仏新豪でG1を5勝。2004年のオーストラリア最優秀3歳馬。

So Perfect:17.00倍(1000ギニー)

父・Scat Daddy、母・Hopeoverexperience、母父・Songandaprayer
調教師:A P O’Brien、騎手:Wayne Lordan

10/02 3着 5.5f BCジュヴェナイルターフスプリント(米G1)
09/29 3着 6f チェヴァリーパークS(英G1)
08/12 2着 6f フェニックスS(愛G1)
07/01 1着 6f グランジコンスタッドS(愛G3)
06/20 4着 5f クイーンメアリーS(英G2)
05/20 4着 6f Listed
04/22 1着 5f Maiden

・7戦2勝。2歳時は重賞戦線で堅実に入着を重ねてきた馬。7/1のグランジコンスタッドSで半馬身差で降したSkitter Scatter(父は本馬と同じScat Daddy)がその後、G3→G2→G1と3連勝し、昨年のカルティエ賞最優秀2歳牝馬となった点を踏まえると、この馬の力量は明らかに上位クラスであるといえる。

・Scat Daddy産駒は2015年12月に亡くなっているため、2016年産まれの現3歳がラストクロップ。産駒の中でこれまでの獲得賞金上位5頭はJustify(米3冠)、Mendelssohn(BCジュヴェナイルターフ)、ミスターメロディ(高松宮記念)、Dacita(アメリカとチリでG1を5勝)、Daddys Lil Darling(アメリカンオークス)。

・母父のSongandaprayerは1998年米国産のUnbridled’s Song産駒で、米G1-ファウンテンオヴユースSの勝ち馬。

Dandhu:21.00倍(1000ギニー)

父・Dandy Man、母・Poldhu、母父・Cape Cross
調教師:David Elsworth、騎手:Gerald Mosse

・4戦1勝。前走9/28の英G2-ロックフェルS(7f)では、勝ったJust Wonderful(現在、1000ギニーとオークスでともにアンティポストで1番人気)と1馬身3/4差の2着

Dandy Man産駒は先週、Lady Kayaがレパーズタウン1000ギニートライアルS(G3・7f)を制しており、注目の存在。伯母のRajeemは英G1-ファルマスSの勝ち馬。

Star Terms:41.00倍(1000ギニー)

父・Sea The Stars、母・Best Terms、母父・Exceed And Excel
調教師:Richard Hannon、騎手:Tom Marquand

・6戦2勝。前走10/7の仏G1-マルセルブサック賞(1m)では勝ったLily’s Candleとはクビ差の3着。前々走9/13の英G2-メイヒルS(1m)では勝ったFleetingから1馬身半差の2着。

母のBest Termsは英G2-ロウザーS、英G3-クイーンメアリーSの勝ち馬。4代母のTime Charterはキングジョージ6世&クイーンエリザベスS、英チャンピオンS、オークス、コロネーションCなど重賞6勝。

Muchly:51.00倍(1000ギニー)

父・Iffraaj、母・Ego、母父・Green Desert
調教師:John Gosden、騎手:Frankie Dettori

・2戦1勝。前走10/27のデビュー2戦目(1m)を勝利して以来の一戦となる。

・父のIffraajは2001年英国産のZafonic(その父・Gone West)産駒で、英重賞3勝(全て7f)。主な産駒にRibchester(ジャックルマロワ賞、クイーンアンS、ロッキンジS、ムーランドロンシャン賞など)。

・祖母のMyselfは英G3-ネルグウィンSの勝ち馬。

Stay Classy:51.00倍(1000ギニー)

父・Camacho、母・Hollow Green、母父・Beat Hollow
調教師:Richard Spencer、騎手:Tom Queally

・7戦2勝。前走10/31の仏G3-ミエスク賞(7f)では勝ったDevantとは短首差の2着

・父のCamachoは2002年英国産のデインヒル産駒で、6戦2勝、重賞は未勝利。昨年産駒のTeppalが仏1000ギニーを制覇

・母父のBeat Hollowは1997年英国産のSadler’s Wells産駒で、米G1-アーリントンミリオン、仏G1-パリ大賞など重賞4勝。

Iconic Choice:67.00倍(1000ギニー)

父・Sixties Icon、母・Adorable Choice、母父・Choisir
調教師:Tom Dascombe、騎手:Richard Kingscote

・9戦5勝。前走10/27のListed Raceは同じニューベリー競馬場の7fのレースで、2着に2馬身半差をつけて勝利している。

・父のSixties Iconは2003年英国産のGalileo産駒で、英G1-セントレジャーなど英重賞6勝(全て12f以上のレース)。2008年のジャパンCではスクリーンヒーローの10着。主な産駒にアルゼンチン、チリでG1を勝ったSixties Song

Madame Tantzy:67.00倍(1000ギニー)

父・Champs Elysees、母・Roodle、母父・Xaar
調教師:Eve Johnson Houghton、騎手:Charles Bishop

・2戦1勝。10/27のデビュー戦で3着と敗れ、休養入り。休み明けの前走、デビュー2戦目(AW・1m)を勝利して、ここへ臨む。

・父のChamps Elyseesは2003年英国産のデインヒル産駒で、仏G3-エドゥヴィル賞の勝ち馬。昨年産駒のBillesdon Brookが英1000ギニーを制覇

半兄のAccidental Agentは昨年英G1-クイーンアンSを制覇

Modern Millie:67.00倍(1000ギニー)

父・Sixties Icon、母・Hairspray、母父・Bahamian Bounty
調教師:Mick Channon、騎手:David Egan

・1戦1勝。前走10/29のデビュー戦(6f)を勝って以来のレースとなる。

・母父のBahamian Bountyは1994年英国産のCadeaux Genereux(その父・Young Generation)産駒で、英2歳G1-ミドルパークS、仏2歳G1-モルニー賞の勝ち馬。Hyperionから連なる父系に属する

全姉のEpsom Iconは英G3-プリンセスエリザベスSの勝ち馬

Roxy Art:67.00倍(1000ギニー)

父・Dutch Art、母・Chicago Girl、母父・Azamour
調教師:Ed Dunlop、騎手:Robert Havlin

・6戦1勝。昨年6/21のデビューから3カ月の間に6戦使われた馬で、前走9/21の条件戦(7f)では2着。

・父のDutch Artは2004年英国産のMedicean(その父・Machiavellian)産駒で、英2歳G1-ミドルパークS、仏2歳G1-モルニー賞など2歳重賞のみを3勝。主な産駒にSlade Power(ダイヤモンドジュビリーS、ジュライCなど)。

参考記事

英1000ギニー、英オークス戦線リポート【3】Dandy Man産駒・Lady Kayaが1000ギニー戦線に勇躍浮上!
英1000ギニー、英オークス戦線リポート【3】Dandy Man産駒・Lady Kayaが1000ギニー戦線に勇躍浮上!
先程、愛レパーズタウン競馬場にて行われた、レパーズタウン1000ギニートライアルS(G3)のレース結果をお届けする。結果を受けてブックメーカーのオッズも変動しているので現時点での人気も合わせてご紹介する。 レパーズタウン1000ギニートライア...
英1000ギニー、英オークス戦線リポート【2】オークス候補のG1馬・Iridessaが始動。
英1000ギニー、英オークス戦線リポート【2】オークス候補のG1馬・Iridessaが始動。
現地時間4/6(土)に愛レパーズタウン競馬場にて行われる、レパーズタウン1000ギニートライアルS(G3)のミニ展望をお届けする。現時点でオークスの最有力候補、昨年10月の英G1-フィリーズマイルを制したIridessaの始動戦となるが、他にも...
英1000ギニー、英オークス戦線リポート【1】現時点での勢力図について
英1000ギニー、英オークス戦線リポート【1】現時点での勢力図について
今年の英1000ギニーは現地時間5/5、英オークスは現地時間5/31に行われるが、今後定期的に英牝馬クラシック戦線のアンティポスト(長期前売り単オッズ)の動向をお届けしていく。各馬の記録したRPR(レーシングポストレーティング)の最高値を併記し...