クリソベリル 【2019/5/2 兵庫ChS・JPNⅡ勝ち馬プロフィール】

3歳 定量 園田ダ1870m
1着賞金 2100万円

1着:クリソベリル
牡3|父ゴールドアリュール|ノーザンファーム生産|1人気
厩舎: 音無秀孝(栗東)
騎手:ルメール
キャロットC募集額 5600万円
2着:ヴァイトブリック
牡3|父シンボリクリスエス|ノーザンファーム生産|2人気
3着:バンローズキングス
牡3|父アサクサキングス|福山牧場生産|7人気
勝ちタイム:1.57.3(重)
着差:5、2 1/2
上がり:3F 36.8
※レース結果については主催者発表のものと必ず照合ください

スポンサーリンク

クリソベリル:重賞初勝利

ゴールドアリュールサンデーサイレンスHalo (Hail to Reason)
Wishing Well (Understanding)
ニキーヤNureyev (Northern Dancer)
Reluctant Guest (Hostage)
クリソプレーズエルコンドルパサーKingmambo (Mr. Prospector)
Saddlers Gal (Salder’s Wells)
キャサリーンパー USARiverman (Never Bend)
Regal Exception (Ribot)

父:ゴールドアリュール

ゴールドアリュールは1999年生まれ。通算16戦8勝、GⅠ4勝(フェブラリーS、東京大賞典、ダービーGP、ジャパンダートダービー)。代表産駒にコパノリッキー(ダートグレードのGⅠ・JPNⅠを11勝)、エスポワールシチー(ダートグレードのGⅠ・JPNⅠを9勝)、スマートファルコン(ダートグレードのGⅠ・JPNⅠを6勝)などのダートのチャンピオンホースを輩出。2018年のリーディングサイアーランキング8位。2017年2月に死亡しており、現1歳が最後の世代となる(生産頭数は僅か4頭)。 2019年の重賞初勝利。

2019:種牡馬別重賞勝ち数(重賞は国内平地競争のGⅠ~Ⅲ・JPNⅠ~Ⅲが対象。以下同)

ディープインパクト 12
ステイゴールド 5
マンハッタンカフェ 4
ロードカナロア 4
ルーラーシップ 3
キングカメハメハ 2
キンシャサノキセキ 2
クロフネ 2
ケイムホーム 2
ハーツクライ 2
ハービンジャー 2
メイショウサムソン 2
アイルハヴアナザー 1
ヴァーミリアン 1
ヴィクトワールピサ 1
カネヒキリ 1
キングヘイロー 1
ケープブランコ 1
ゴールドアリュール 1
シニスターミニスター 1
シンボリクリスエス 1
スパイキュール 1
ゼンノロブロイ 1
ダノンシャンティ 1
ノヴェリスト 1
バゴ 1
ヘニーヒューズ 1
Fastnet Rock 1
Le Havre 1
Scat Daddy 1
Speightstown 1
Spring At Last 1

母:クリソプレーズ

クリソプレーズは3勝(芝1800~2000)。後述のように兄姉も優秀だが、近親にもダンビュライト、ブラックスピネル、モーヴサファイアなど現役の活躍馬が目立つ活力あるファミリー。

クリソベリルは7番仔。2番仔の全兄クリソライトはジャパンダートダービーの勝馬。3番仔の半姉マリアライト(父ディープインパクト)はエリザベス女王杯・宝塚記念とGⅠ2勝。4番仔の半兄リアファル(父ゼンノロブロイ)は神戸新聞杯・GⅡの勝馬。現2歳の半弟ヴァーダイト(父ディープインパクト)は同クラブにて1億2000万円で募集された。

2019:出生順重賞勝ち数

初仔 8
2番仔 12
3番仔 5
4番仔 11
5番仔 5
6番仔 6
7番仔 5
8番仔 4
9番仔 3
10番仔 1
12番仔 2

2019:価格帯別重賞勝ち数(取引価格、募集価格)※1US$=110円で換算

1億円~ 4
5000万~9999万 11
3000万~4999万 6
2000万~2999万 8
1000万~1999万 3
~999万 2
不明 28

2019:母馬の競走成績別重賞勝ち数(国内の勝利数はJRA分をカウント)

GⅠ勝ち 9
重賞勝ち 6
4勝以上 11
3勝 10
2勝 2
1勝 7
未勝利・未出走 17

母父:エルコンドルパサー

エルコンドルパサーは1995年米国産。外国産馬として日本・フランスで走り、通算11戦8勝、GⅠ3勝(ジャパンC、NHKマイル、仏サンクルー大賞典)。引退レースとなった凱旋門賞でモンジューの2着に惜敗した。種牡馬入り後、7歳の若さで早逝したが、種牡馬として、ソングオブウウインド(菊花賞)、ヴァーミリアン(ダートGⅠ・JPNⅠを計9勝)、アロンダイト(ジャパンCダート)などを残した。母父としては、上述の本馬とその兄姉以外では、アンビシャス(大阪杯・当時GⅡ)、アイムユアーズ(フィリーズレビューなど)らが活躍。2019年の母父としての重賞勝ちはこれが初。

2019:ブルードメアサイアー別重賞勝ち数

サンデーサイレンス 5
アドマイヤコジーン 2
キングカメハメハ 2
クロフネ 2
サクラバクシンオー 2
スペシャルウィーク 2
ディープインパクト 2
Deputy Minister 2
Intikhab 2
Northern Afleet 2
Singspiel 2
Storm Cat 2
アグネスタキオン 1
アジュディケーティング 1
ウォーエンブレム 1
エルコンドルパサー 1
コマンダーインチーフ 1
ゴールドヘイロー 1
タイキシャトル 1
デュランダル 1
ジャングルポケット 1
スウェプトオーヴァーボード 1
ダンスインザダーク 1
ハーツクライ 1
ハードスパン 1
フジキセキ 1
ボストンハーバー 1
フレンチデピュティ 1
マリエンバード 1
マンハッタンカフェ 1
ロックオブジブラルタル 1
ワイルドラッシュ 1
Alzao 1
Belong to Me 1
Caerleon 1
Dansili 1
Essence of Dubai 1
Gilded Time 1
Green Tune 1
Halling 1
Kendargent 1
Lemon Drop Kid 1
Lion Heart 1
Mtoto 1
Not For Sale 1
Souvenir Copy 1
Tapit 1

生産:ノーザンファーム

ノーザンファームは2019年の重賞23勝目。 昨年のこのタイミングでは重賞17勝だった。

メールドグラース 牡4 19新潟大賞典H G3 新潟 芝2000 ルーラーシップ
フィエールマン 牡4 19天皇賞春 G1 京都 芝3200 ディープインパクト
リオンリオン 牡3 19青葉賞 G2 東京 芝2400 ルーラーシップ
ウィクトーリア 牝3 19フローラS G2 東京 芝2000 ヴィクトワールピサ
サートゥルナーリア 牡3 19皐月賞 G1 中山 芝2000 ロードカナロア
グランアレグリア 牝3 19桜花賞 G1 阪神 芝1600 ディープインパクト
アルアイン 牡5 19大阪杯 G1 阪神 芝2000 ディープインパクト
サトノティターン 牡6 19マーチH G3 中山 ダ1800 シンボリクリスエス
シャケトラ 牡6 19阪神大賞典 G2 阪神 芝3000 マンハッタンカフェ
コントラチェック 牝3 19フラワーC G3 中山 芝1800 ディープインパクト
ダノンファンタジー 牝3 19チューリップ賞 G2 阪神 芝1600 ディープインパクト
ユーキャンスマイル 牡4 19ダイヤモンドH G3 東京 芝3400 キングカメハメハ
デアレガーロ 牝5 19京都牝馬S G3 京都 芝1400 マンハッタンカフェ
クロノジェネシス 牝3 19クイーンC G3 東京 芝1600 バゴ
ダンビュライト 牡5 19京都記念 G2 京都 芝2200 ルーラーシップ
インディチャンプ 牡4 19東京新聞杯 G3 東京 芝1600 ステイゴールド
ダノンチェイサー 牡3 19きさらぎ賞 G3 京都 芝1800 ディープインパクト
シャケトラ 牡6 19AJCC G2 中山 芝2200 マンハッタンカフェ
フィリアプーラ 牝3 19フェアリーS G3 中山 芝1600 ハービンジャー
ヴァルディゼール 牡3 19シンザン記念 G3 京都 芝1600 ロードカナロア
クリソベリル 牡3 19兵庫CS J2 園田 ダ1870 ゴールドアリュール
ラーゴブルー 牝5 19マリーンC J3 船橋 ダ1600 ハーツクライ
チュウワウィザード 牡4 19ダイオライト記念 J2 船橋 ダ2400 キングカメハメハ

2019:生産者別重賞勝ち数

ノーザンファーム 23
ケイアイファーム 3
社台ファーム 3
三嶋牧場 3
岡田スタッド 2
コスモヴューファーム 2
フジワラフアーム 2
山下恭茂 2
磯野牧場 1
浦河土肥牧場 1
金成吉田牧場 1
下屋敷牧場 1
社台コーポレーション白老ファーム 1
スカイビーチステーブル 1
タニグチ牧場 1
タバタファーム 1
千代田牧場 1
辻牧場 1
土居牧場 1
飛野牧場 1
服部牧場 1
林孝輝 1
広中稔 1
ベルモントファーム 1
吉田ファーム 1
レイクヴィラファーム 1
外国産 4 (米3、豪1)

今年の重賞勝馬一覧はこちら