2019千葉サラブレッドセール速報

本日行われた2019千葉サラブレッドセールの結果をまとめている。

昨年の同セール出身馬はこれまでのところ芳しい成績が上がっておらず、2勝を挙げたのがジャパンスウェプト(落札価格5400万円)のみ、重賞入着を果たした馬はなし、となっている。しかしながらセリの方は大変な活況で、売却率・最高価格・平均価格とも前年を大きく上回る結果となった。前月のブリーズアップセールの勢いが持続しているといえそうで、5/21のHBAトレーニングセールにも影響を与えそうだ。

最高落札価格はディープインパクト牡駒ミセスリンゼイの17の7452万円だった。新種牡馬では、キズナ牡駒オッティマルーチェの17が全体で5番目の高値となる5076万円の値をつけている。

新種牡馬の産駒数自体、数が限られたが、ブリーズアップセールの結果(最下段に参考に掲載)と合わせて考えると、キズナの評価が高値安定となっているようだ。

スポンサーリンク

2019千葉サラブレッドセール速報

(売却率の推移)

  • 2019 93%
  • 2018 89%
  • 2017 79%
  • 2016 83%

(最高価格の推移:税込)

  • 2019 7452万円
  • 2018 5616万円
  • 2017 4428万円
  • 2016 8640万円

(平均価格の推移:税込)

  • 2019 2055万円(前年比43%増)
  • 2018 1436万円
  • 2017 1378万円
  • 2016 1730万円

新種牡馬産駒の平均落札価格・税込(落札頭数)

  • フェノーメノ 4320万円(1頭)
  • キズナ 3591万円(2頭)
  • オーシャンブルー 1836万円(1頭)
  • エピファネイア 1836万円(1頭)
  • スピルバーグ 1404万円(1頭)
  • エスケンデレヤ 626万円(1頭)

(参考)2019JRAブリーズアップセールの新種牡馬産駒の平均落札価格・税込(落札頭数)

  • キズナ 2668万円 (5頭) 
  • スピルバーグ 2484万円(2頭)
  • ゴールドシップ 1620万円(1頭)
  • エスケンデレヤ  1539万円 (8頭) 
  • トゥザワールド 1485万円(2頭)
  • リアルインパクト 1188万円(2頭)
  • カレンブラックヒル 1080万円(1頭)
  • ワールドエース 767万円(2頭)
  • マジェスティックウォリアー 616万円(1頭)
  • フェノーメノ 432万円(2頭)